2017年06月22日

上司のモチベーションを上げると仕事がしやすくなる

仕事をする上で、何をするにしても影響力が一番大きいのは上司です。
つまり、上司が自分に対して肯定的だと、仕事がすごくしやすくなります。そのように誘導する方法があります。

上司の気分が良くなる方向に部下が持っていけばいいんです。
まあ、聞こえの良くないいいかたをすれば「揉み手」「媚び」「へつらう」「おべんちゃら」とかいいますがね。


だからといって、揉み手しながら上司にくっついて行けとか言うつもりはありません。

■上司の気分を良くする行動


最終的に目的は、自分の会社における活動(「仕事」以外でも会社にいること自体も含めて)がやりやすくなってくれればいいわけです。何かをやろうとしているのに上司に茶々を入れられたり、反対に合わないようにしたいだけです。

そのためには、上司の方針にそっが活動するをすることが第一なのですが、小さな行動もいくつもあります。

たとえば、

 ・上司にいつも感謝を伝える
 ・上司の発言をなぞって他人に伝える
 ・上司の発言を遮らない
 ・上司の指示は前向きに受け取る

なんてことです。

下の2つは、傾聴講座などでよく言われることなので、説明は不要ですね。省略。

ここでは上2つについて、ちょっと突っ込んで考えてみたいと思います。


■「感謝」を伝える


たとえば、上司に同行して(「カバン持ち」をして)出張した翌日、上司が出勤してきたら「お早うございます。昨日はありがとうございました」と、ひとこと言うだけで、上司の心証は非常に良くなります。

だいたい、感謝されて気分の悪くなる人はいません。
言うだけなら、べつに大した労力もいらないので、こっちとしても大した問題はありません。

でも、これって結構効果が高いんですよ。

大事なのは、次に会った時に、こちらから近づいて行って言うことです。

「歩み寄る」というのは抽象的な意味でも使われますが、行動そのものでも使えます。
そのものずばり、こちらから歩み寄ると相手の印象は良くなります。

たとえ、その出張中、上司の愚痴ばかり聞かされて、「もううんざり」でも!

■上司の発言を「なぞる」


「(上司の)○○課長がおっしゃられる通り…」という発言は、上司を持ち上げます。

発言の引用は、そのもとの発言の権威を認めることになります。結果、もとの発言者は悪い気はしません。

★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

お願いが L 手な人がよくやる手として、「○○さんが、いつもおっしゃる通り」ということばを使うというものがあります。

これを言われると、当の○○さんは悪い気がしません。実際にそう言ったかどうかは別にして、それほど問題のある内容でない限り、「自分はそんなことは言っていない!」などとは言いません。

むしろ、「この人は、いつも私の発言を気にしてくれているのか」という肯定的な捉え方をします。そのうえでお願いをされると、「この人は、少なくとも私の発青を意識してくれていて、私にお願いをしてきている」という目で見ます。
 :
 :(中略)
 :
似たような表現では、「いつも、アドバイスいただいている内容を意識して」や「以前、ご指導いただいたことをもとに」、あるいは「以前のご指導を参考にして」なども使えます。

いずれも、お願いする相手を肯定する言葉です。もちろん、あまりにもかけ離れた内容ではダメです。あくまで、その方の考え方に近いことが前提です。

新名史典(著) 『上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方
―――――――――――――――――――――★


こういうセリフ、結構使えます。
上司が何を言ったのかはおいておいて、上司の言葉を引用するような言い方や、「あなたの意向ですよ」という示し方をすると、根本的に違う場合を除けば、「尊重してくれている」という認識から、判断は甘くなりがちです。

うまくいけば、自分(上司)はそんなこと行ったことはないのに、部下が「(上司の)○○さんがいつも言われているように…」と言えば、「もしかしたらそう言ったかも」と洗脳されてくれたりします。

せっかくなので、うまく使いたいですね。

■上司のモチベーションを上げる


どうすれば上司がその気になってくれるかという事を考えたときに、上司の気分を良くするというのは、すごく大事な要素です。もちろん仕事も大事なのですが、気分良く承認をしてくれるようになると、自分も気分よく仕事ができます。

そのためには、上司のモチベーションの源になっている、「自分の有力感」をちょっとくすぐってやるというのが、小さな一歩かもしれません。



■参考図書 『上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方





立ち読みできます立ち読み可
常に「上司の考え」を予測しながら動く能力、それが「部下力」。
この「部下力」を身につけることで、上司を上手に動かすことができるようになり、あなたの仕事も効率的に回っていく!

上司は、仕事ができる部下が可愛く思えても、可愛いから仕事を任せるわけではない。また、仕事は一人で進めるものではなく、上司の決裁がないと進まないものがたくさんある。
そこで本書は、一所懸命に実務をこなしていても、なかなか上司に認められない、仕事を任せてもらえない、または、仕事がスムーズに進められないという部下が身につけたい「部下力」を丁寧に解説!






◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方
著者 :新名史典

上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方
検索 :最安値検索

上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 分割報告法:報連相の頻度を上げる
 新しいシステムには一番協力してほしい人の名前を入れる
 人を動かす:相手の話を聞くときには手を止めなさい
 上司が部下の相談に乗ってくれないのはなぜ?
 海外出張に行くときは、その国の言葉で挨拶をしなさい
 事前に上司に電話をしてもらう
 人を理解するなら修飾語に注目する
 報告書のコツ:追加資料は生情報へのショートカットにする
 最初が肝心、あとは惰性でもOK!
 部下力のみがき方4:キーメッセージ2

●このテーマの関連図書


あなたが上司から求められているシンプルな50のこと

どんなにバカな上司の下でも成長できる仕事術

ザ・フォロワーシップ―上司を動かす賢い部下の教科書

ザ・チームワーク―良質なチームワークを築く24の方法

顧客に必ず“Yes"と言わせるプレゼン(DOBOOKS)

部下がきちんと動くリーダーの伝え方(アスカビジネス)



■同じテーマの記事

通勤どこでも仕事術:本は電車にのる前に出しておく

通勤電車の中で勉強になる本を読む。いかにも勉強熱心なビジネスマンですね〜。現実はと言うと、電車が来るまでの待ち時間にスマホでゲームを始めてしまい、もうちょっとキリになるまで…。で、気がついたらもう目的地。あらら・・・。電車に乗る前に準備しなさい電車で本を読む習慣をつけるには、実は簡単な方法があります。それは電車待ちのときに、本を出して手に持っていることです。元ネタはこちら…..

C:\_USR\Personal\BLOG\sarahin\一瞬で相手を落とす!

このテーマのおすすめ図書仕事ができる人はなぜモチベーションにこだわらないのか仕事の問題地図~「で、どこから変える?」進捗しない、ムリ・ムダだらけの働き方50歳から考えるお金と仕事201799%の人がしていないたった1%の仕事のコツなぜ、あなたの仕事は終わらないのかスピードは最強の武器である10年後、君に仕事はあるのか?未来を生きるための「雇われる力」

記憶術:応用を考え自分の現実に当てはめる

教えられたそのものを記憶していれば、高得点がとれた学生時代と違い、社会人の勉強は、本に書いてあることを完璧に覚えていても意味をなしません。使えない知識はないのと同じです。使える知識を蓄えるために、記憶をしようと思ったら、使っている場面を想定することです。応用できるか?たとえば、有名な「マズローの欲求5段階説」というものがあります。欲求段階説(よっきゅうだんかいせつ、..

転職面接:なぜ弊社を希望されましたか?

新卒・転職面接にかかわらず、必ず出る質問に志望理由があります。この答え方に2パターンがありそうです。主語はなにか?主語の2パターンは、「御社は〜」「私は〜」です。ただ、主語が「御社は〜」の場合、印象に残ることがほとんどないです。あまり記憶に残ってません。これの理由をつらつら考えるに、「ありきたりのことしか言ってない」のではないかと。たとえば、「御社の将来性…云々」と言われても、面接官は10年も20年も会社にいるわけなので、応募者よりもその会社のことは詳し..

朝、早起きして喫茶店出社する

朝、時々出社する前に喫茶店に行くことがあります。週に1〜2回前後。そこで、ゆったりモーニングコーヒーをして、それから会社へ。モーニングコーヒーの効果コーヒーは以前の記事に書いたように、カフェインによる覚醒効果がありますので、寝ぼけているときには効果があります。しかし、家や会社でコーヒーを飲めば、片付けの手間もありますし、美味しいコーヒーを飲もうとすれば、インスタントではなく、豆から挽いたコーヒーが飲みたい所。やっぱりお手軽なのは人に淹れてもらって、それをゆっ..

グロービス流ビジネス基礎力のチェックリスト3

『27歳からのMBA グロービス流ビジネス基礎力10』に載っていた、ビジネス基礎力のチェックリストをご紹介します。長文なので、3回に分けました。本日はその3回目。紹介「将来に、漠然とした不安がある」「今の自分に自信が持てない」「ビジネススキルを学びたいけれど、何から始めたらいいのかわからない」本書は、そんな悩みを抱える若手ビジネスパーソンに向けて、日本有数のビジネススクールであるグロービスの教授陣が書き下ろした「ビジネ..

posted by 管理人 at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450942287

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座