2017年07月13日

パワポで同じような図形を並べるときは、「配置」で揃える

プレゼン資料のパワーポイントを見たり、作ったりする機会が結構あるのですが(少なくとも1日に数回はパワーポイントを使ったり見たりしている)、時々気になるのが、横に並んだ図形や表の大きさや位置が揃っていないこと。


実際、揃っていない事自体には大して問題があるわけではないのですが、どうもきれいに端が揃っていない資料は居心地が悪い。

もしかしたら、私だけなのかもしれませんが、こういう資料を見せられたときに、意識が「図の配置」に行ってしまうようなものは、プレゼンの主旨に出席者を集中させることができていない、という意味でマイナスなのかもしれません。

■きれいに揃ったものを「座りがいい」と感じる


プレゼン資料を作るときに、細かな位置関係を微妙に揃えるというのは結構面倒くさいです。

パワーポイントには、「グリッドとガイド」という機能があって、ここの設定で

 ・移動させると近場にある他のオブジェクトとの位置関係が表示される(ガイド)
 ・グリッド線が表示されて、そこに合うようにオートシェイプ持っていくとぴったり合わせてくれる

という機能があります。

使っている人も多いのではないかと。ところが、作業画面が小さかったりすると、この位置にマウスで移動させるのが微妙に大変



★P58〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

図解やチャートの印象がガラリと変わる意外なポイント―それが配遣です。

図形が整然と並んでいる図解は、いい意味での緊張感があり、気持ちがいいもの。みなさん、「当然だろう」と思ったはずですが、実際に図形を整然と配置する人の方が少ないのでは。

 「わかればいいんだよ。 時問があればそこまでやるけど、なかなかね…」

という意識で、それほど重要なこととは思っていないのではないでしょうか。

しかし、ばっと見の印象は重要。きっちりと作れば、評価は確実に上がります(この第一印象が与える影響のことを、「ハ口ー効果」といいます)。

図形をきれいに配置するといっても、ひとつひとつの図形を、注意深く配置していけ、ということではありません。

時間がかかりますし、そもそも手作業の正確さには限界があります。

整然と並べたい図形を同時選択したら、リボンの「配置」ボタンをクリックし、メニューの「配置」から、「左揃え」「 L 揃え」「左右に整列」を選ぶーそれが基本です。

ただ、いちいちこうした操作を行うのは、多くの方が感じている通り面倒です。

そうした要望が多かったのでしょう。今のオフィスは、マウスでドラッグすると、他の図形との位置関係を示すガイドラインが表示されるようになりました。

人の顔で、「耳の位遣を揃えたい」といった場合は、このガイドラインをもとに、配置するのが手っ取り早いでしょう。

では、「本来の判配置」機能はいらなくなったのか、というとそうではありません。例えば、横・列にフロー図を作成する場合、どれくらいの問隔を持たせて図形を配置すればぴったり紙に収まるかはわからないもの。

最後の図形を右端の適当な位潰に置き、すべての図形を同時選択して「左右に整列」を行えば、等問隔で整然と並びます。

このように、図解やチャートを仕上げるときには「配置」が大いにに役立ちます。

中山真敬(著) 『基本図形の使い方で劇的に変わる! 図解力を10倍高める本
―――――――――――――――――――――★


本書のように、「配置」→「中央揃え」「右端揃え」を使うと一発で位置が合います。

ちょっとしたコツなのですが、

 ・オートシェイプの大きさを揃える
 ・オートシェイプの位置を揃える

というのは、見ている人に安心感を与えます。
プレゼンの本質とは違いますが、このざっくりしたイメージって地味に重要なのかも。

■一気に大きさを揃える方法


パワーポイントは、マウス操作が非常に多いソフトのひとつですが、キーボード操作を覚えると、位置関係をわりと簡単に調整できるようになります。

本書『基本図形の使い方で劇的に変わる! 図解力を10倍高める本』にもあるように、位置を揃えるのもひとつですし、大きさを揃えるのもマウスでやるよりキーボードでやったほうが正確です。

複数のオートシェイプの大きさを揃えるときには、複数個のオートシェイプを選択しておいて、リボンの「描画ツール」→「書式」タブを開いてやると、右側に「サイズ」のテキストボックスがあります。ここに直接数字を入力すると、すべてのサイズを一気に変えることができます。

私の場合は、

 ・基準にしたいオートシェイプを選択する
 ・リボンの「描画ツール」→「書式」タブを開く
 ・右端の「サイズ」グループで、大きさを覚える(クリップボードにいれる)
 ・その他のオートシェイプを選ぶ
 ・クリップボードに入れた大きさを、サイズのテキストボックスに貼り付ける

ってやります。そうすると全部のオートシェイプの大きさが一気に揃います。



■参考図書 『基本図形の使い方で劇的に変わる! 図解力を10倍高める本





立ち読みできます立ち読み可
コツさえわかれば、絵心がなくても大丈夫!
図解化の基本からオフィスソフト(PowerPoint、Word、Excel)の作図テクニック、
そして、全312アイテムの描き方を紹介。

あなたの企画書の説得力を10倍アップする究極の実践書! !

あなたはいくつ、描き方をイメージできますか?

□老若男女の描き分け
□人物をビジネスマンと分からせる方法
□建物を学校とわからせる方法
□公共サービス(電気・水道・ガス)の描き方
□現在・過去・未来の時間の描き分け

答えはすべて、本書にあります!





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

基本図形の使い方で劇的に変わる! 図解力を10倍高める本
著者 :中山真敬

基本図形の使い方で劇的に変わる! 図解力を10倍高める本
検索 :最安値検索

基本図形の使い方で劇的に変わる! 図解力を10倍高める本
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 図解のコツ5:配置を試行錯誤する
 図解のコツ3:キーワードを抽出する
 図解のコツ4:配置を決める
 図解のコツ2:単語を抜き出す
 図解のコツ1:カタマリを作る
 図解とは位置・配置に情報を盛り込むこと
 かっこいいグラフを作れるテンプレートChartChooser
 図やチャートをきれいに整列させなさい
 図形編集の究極技:頂点の編集
 オートシェイプの文字だけを連続して修正するコツ

●このテーマの関連図書


デザイン仕事に必ず役立つ図解力アップドリル

図解力の基本ちょっとしたコツだけど、だれも教えてくれない88のテクニック

伝わるイラスト思考(アスカビジネス)

手描きで考え、伝える図解表現使いこなしブック

誰でもデキる人に見える図解de仕事術(アスカビジネス)

頭がよくなる「図解思考」の技術



■同じテーマの記事

図解のコツ5:配置を試行錯誤する

前回の記事で、カタマリを置くのにルールはない、ということを書きましたが、パターンはあります。ただ、どれを使うと一番いいのか、あるいは自分で考え出さないといけないのか、が経験値に依存しているということです。カタマリを置くパターン前回、カタマリを置くパターンとして、PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネージメント)分析をご紹介しました。その他のパターンですがこんなものがあります。・マトリクス系・SWOT・重要度・緊急度・バブルチャート・サイク..

図解のコツ3:キーワードを抽出する

前回の記事で、図解のための単語の抜き出しの練習方法をご紹介しました。単語を読む新聞の社説でも、自分の仕事に関係ある Web 記事や本いいので、500〜1000文字くらいの文章を選んでください。そして、付箋にそこに出てくる名詞をメモ帳に一件一葉で抜書きしてください。名詞以外は無視していいです。これを毎日、1ヶ月続けてみてください。私はこれを「単語を読む」と呼んでます。文意を把握するたぶん、これをやり続けていると、ちょっ..

図解のコツ4:配置を決める

前回の記事で、カタマリを作るトレーニング方法についてご紹介しました。本日は、図解をするためにもうひとつ必要な作業、配置するについて。カタマリをどこに置くかカタマリを作ることができても、図解はできるようにはなりません。図解とは、「位置/配置」に情報を盛り込むこと例えば、有名な情報整理術に、「KJ 法」というものがあります。考案者である文化人類学者・川喜田二郎氏のイニシャル..

記憶術:応用を考え自分の現実に当てはめる

教えられたそのものを記憶していれば、高得点がとれた学生時代と違い、社会人の勉強は、本に書いてあることを完璧に覚えていても意味をなしません。使えない知識はないのと同じです。使える知識を蓄えるために、記憶をしようと思ったら、使っている場面を想定することです。応用できるか?たとえば、有名な「マズローの欲求5段階説」というものがあります。欲求段階説(よっきゅうだんかいせつ、..

考える仕事は早めに終わる

タスクは早め、早めに終わらせるこれがいけないことだと思う人は少ないかと思います。でも、多くの人が何かを提出しないといけない、結果を出さないといけないような仕事を完成させるのは、期限ギリギリか、または期限を過ぎた直後あたり。まあ、ちゃんと測定したわけではありませんが。わかっちゃいるけどやめられない理由タスクリストを作って、そのタスクリストに従って仕事をしている人ならわかると思いますが、期限が遠くて、それほど膨大な時間がかかりそうもない仕事は、今すぐ始めようと..

図解のコツ2:単語を抜き出す

前回の記事で、「図解のはカタマリを作ること」と書きました。図解の最初のステップはカタマリを作ること図解とは、「位置/配置」に情報を盛り込むこと例えば、有名な情報整理術に、「KJ 法」というものがあります。考案者である文化人類学者・川喜田二郎氏のイニシャルをとってこう呼ばれています。ここでは詳しくは説明しませんが、キーワードを書いたカード、新聞や雑誌の切り抜きといったもの..

posted by 管理人 at 11:34| Comment(0) | TrackBack(0) | PCアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座