2017年07月21日

記憶術:視点を変えて繰り返す

学生時代に復習といえば、勉強したことをもう一度繰り返すことでした。

教えられたそのものを記憶していれば、高得点がとれた学生時代と違い、社会人の勉強は、本に書いてあることを完璧に覚えていても意味をなしません。

それを使って何かをしてはじめて、「使える知識を持っている」と判断されます。

■記憶するには視点を変える


では、暗記から一歩進んで、必要な知識を蓄積するためにはどうすればいいのでしょうか。

★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

モノを覚えるときには、いろいろな角度から考えてみましょう。それが記憶を鮮明にするには、絶対に必要です。

たとえば、九九の歌を覚えれば、「 8 × 7 」と聞かれて、すぐに「 56 」と正解を出すことができます。ところが、視点をちょっとずらして、「掛けて 56 になるのは?」と聞かれると、ちょっとまごつくかもしれません。

このように、私たちの記憶というのは、視点を変えられるととたんにもろくなってしまうものなのです。

したがって、間いかけ方や視点を変えながら復習することで、記憶を強化していくとよいでしょう。

 「1192 年に鎌倉幕府が開かれた」

という知識だけをくり返し覚えたとしても、「日本最初の武士政権が開かれた年は?」という問題に対処できません。視点を変えて学習していないからです。

本物の記憶には "応用力" が伴っていなければなりません。そして "応用力" をつけるというのは、一つの事象に対して、なるべく幅広い視点から考えることが必要なのです。

一度覚えたことを復習するときには、違った角度から切り込んでみるべきです。

一冊の参考書をじっくりやるより、複数の参考書を使ったほうが記憶の定着率がよくなるのは、そうすることによって、「違う視点」から物事を眺めることができ、応用力がつくからでしょう。

違う視点で眺めると、それまであやふやな知識だったものが、より鮮明になるという効果があります。

うろ覚えだったものが明確化して、本物の知識になるのです。

こうなれば、ちょっとやそっとでは忘れません。いったん覚えたからといって、それで満足してはいけません。

そういう状態は、いわばスタート地点に化ったのと一緒で、そこから深く掘りドげていくことのほうが、ずっと重要なのです。
 :
 :(中略)
 :
知っていることでも、友人にもう一度聞いてみるのも、いい方法です。「○○って、どういうこと?」と質問してみると、友人は自分なりの解釈を加えてそれを説明してくれるでしょう。

すると、自分で覚えたのとは、違った視点から説明してくれるかもしれません。

自分で理解していたつもりでも、友人の視点から聞いてみると、新しい発見があるのは、よくあることです。

仕事を覚えたつもりの人が、友人や先輩に話を聞いて、「もっといいやり方」を見つけることもあるでしょう。

自分の方法に他人の意見をプラスしてこそ、本当に使える知識が手に入るのです。

伊藤真(著) 『記憶する技術
―――――――――――――――――――――★


つまり、すごく単純に行ってしまえば、

 あるテーマについて、別の人から何度も説明してもらう

ことで、そのテーマについての理解が深まっていきます。

たとえば、『7つの習慣』という名著を理解しようと思ったら、『7つの習慣』を読むだけでなく、副読本や解説本、派生本を読み漁ってみるのです。

いわゆる「読書百遍意自ずから通ず」というのも確かにあるのですが、同じことを主張する沢山の本を読んだほうが理解が進みます。

それによって、本体(『7つの習慣』の主張)の理解が進みます。
「ああ、それ読んだよ」で終わらせてみては行けないということですね。


■読んだけど覚えてない


実際、過去にとあるセミナーで

 「『さおだけ屋はなぜ潰れないのか』を呼んだことがある人、手を上げてください」

と言われて、手を上げた人に講師が

 「じゃあ、(潰れないのは)なぜなのか説明できる人〜」

と聞いいたら、全員手が下がりました(笑)。実に印象的な質問でした。
※ちなみに、私も手を下げたひとり。
※帰宅してから、読み直しました。

もし、『さおだけ屋はなぜ潰れないのか』を読んだことがある人は、ちょっと説明を考えてみてください。



■参考図書 『記憶する技術





立ち読みできます立ち読み可
記憶力は、一生、鍛えることができる。

司法試験界の「カリスマ塾長」として知られる、「伊藤塾」塾長の伊藤真氏は、こう断言する。
日本で最難関の試験といわれる司法試験に合格するためには、膨大な量の事柄を覚え、それを使いこなすことができなければならない。
60歳を過ぎてから勉強を始めて、合格する人もいる。
その人たちは特別なのかといえば、そんなことはない。
「記憶する技術」をもっているかどうかである。
それはたとえば、記憶を効果的に定着させたり呼び覚ましたりするためのコツや、記憶する対象に関心をもつといった意識のことである。
本書では、これまで多くの塾生を指導してきた中で、また著者自身が実践してきた、「記憶」を自由自在にコントロールする方法を伝授する。






◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

記憶する技術
著者 :伊藤真
楽天では見つかりませんでした
記憶する技術
検索 :商品検索する



●関連 Web
 記憶力を養えばストレスフリーな生活が!伊藤真『記憶する技術
 記憶する技術』天狼院書店

●本書を引用した記事
 記憶術:目をつぶり、暗唱する
 記憶術:赤のサインペンで書き写す
 記憶術:応用を考え自分の現実に当てはめる
 記憶術:凝視する
 記憶術:周辺情報を追加する
 記憶術:同じような問題を繰り返し考える
 記憶術:休み休み、繰り返し
 記憶術:意味付けをする
 オフラインモードで内面刺激を受ける
 記憶術:ガムを噛むと記憶力がよくなる

●このテーマの関連図書


続ける力―仕事・勉強で成功する王道(幻冬舎新書)

考える訓練

夢をかなえる勉強法





■参考図書 『7つの習慣




全世界3000万部(40カ国語に翻訳)以上の発行部数を誇る、自己啓発書の原典。
著者スティーブン・R・コヴィー博士は、英「エコノミスト」誌によって「世界でもっとも影響力のあるビジネス思想家」として紹介されるなど不動の評価を得ている。

本書では人が真の成功を達成し、永続的な幸福を手に入れるには「原則」に基づいたアプ口ーチが重要であるとし、「私的成功」から「公的成功」へと至るための「7つの習慣」として、
 第一の習慣:主体性を発揮する
 第ニの習慣:目的を持って始める
 第三の習慣:重要事項を優先する
 第四の習慣:Win-Win を考える
 第五の習慣:理解してから理解される
 第六の習慣:相乗効果を発揮する
 第七の習慣:刃を研ぐ
を説いている。








◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

7つの習慣
著者 :スティーブン・R・コヴィー

7つの習慣
検索 :最安値検索

7つの習慣
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 一瞬で相手を落とす! コールドリーディング入門(要約)
 一瞬で相手を落とす! コールドリーディング入門
 ドラッカー:リーダーシップ力診断
 新しいシステムには一番協力してほしい人の名前を入れる
 人を動かす:相手の話を聞くときには手を止めなさい
 海外出張に行くときは、その国の言葉で挨拶をしなさい
 プチ座禅をしてみる
 人を理解するなら修飾語に注目する
 WIN+Rを多用する
 遊び時間を作る


●関連図書
 
完訳 7つの習慣 人格主義の回復
 
まんがでわかる7つの習慣
 
7つの習慣 演習ノート―ビジネス、プライベート、家庭で、効果的な人生を送るための 成功への原則がよくわかる!
●このテーマの関連図書


CD-ROM付お金の科学〜大金持ちになる唯一の方法〜

CD‐ROM付図解成功の9ステップ

あなたの夢を現実化させる成功の9ステップ(幻冬舎文庫)



■同じテーマの記事

パワポで同じような図形を並べるときは、「配置」で揃える

プレゼン資料のパワーポイントを見たり、作ったりする機会が結構あるのですが(少なくとも1日に数回はパワーポイントを使ったり見たりしている)、時々気になるのが、横に並んだ図形や表の大きさや位置が揃っていないこと。実際、揃っていない事自体には大して問題があるわけではないのですが、どうもきれいに端が揃っていない資料は居心地が悪い。もしかしたら、私だけなのかもしれませんが、こういう資料を見せられたときに、意識が「図の配置」に行..

Google式!究極のスピード仕事術「SPLINT」のキーポイント

Googleの仕事術といえば、「20%ルール」など有名なものが多数あります。私の知っている中で一部紹介しますと、・20%ルール・メールはモバイルで送る・会議の前にチャットする・カフェスペースを歩き回る・「引きこもり」をするなどなど。Google の仕事のルール上記に書いたもの、単語だけではわからないと思いますので、ちょっと説明を追加。・20%ルール本来の仕事とは別に仕事時間の20%をなにかおもしろいもの..

記憶術:目をつぶり、暗唱する

「ちゃんと覚えないと」みたいなシーンは、仕事だけじゃなく色んな場面ででてきます。過去記事でも、いろいろなテクニックをご紹介していますが、本日はおそらく多くの人が学生時代からよくやっているような方法。何かを暗記するためには、余分な情報を遮断して、それを繰り返し言う、すなわち暗唱するという方法が単純で効果があります。暗唱するおそらくですが、何かをお記憶しようとするときには、自然に目をつぶって、それを心のなかで繰り返すという..

上司のモチベーションを上げると仕事がしやすくなる

仕事をする上で、何をするにしても影響力が一番大きいのは上司です。つまり、上司が自分に対して肯定的だと、仕事がすごくしやすくなります。そのように誘導する方法があります。上司の気分が良くなる方向に部下が持っていけばいいんです。まあ、聞こえの良くないいいかたをすれば「揉み手」「媚び」「へつらう」「おべんちゃら」とかいいますがね。だからといって、揉み手しながら上司にくっついて行けとか言うつもりはありません。上司の気分を良くする..

通勤どこでも仕事術:本は電車にのる前に出しておく

通勤電車の中で勉強になる本を読む。いかにも勉強熱心なビジネスマンですね〜。現実はと言うと、電車が来るまでの待ち時間にスマホでゲームを始めてしまい、もうちょっとキリになるまで…。で、気がついたらもう目的地。あらら・・・。電車に乗る前に準備しなさい電車で本を読む習慣をつけるには、実は簡単な方法があります。それは電車待ちのときに、本を出して手に持っていることです。元ネタはこちら…..

大量に書くメモを一元管理する方法

メモやノート、最近はデジタルメディアなどいろいろなところで情報が発生します。それを後で使えるようにしておかないと、労力をかけて作成した意味がありません。実際に私がメモをどのくらい使っているかというと…メモの資料量を測定してみた私は最近はメモ帳ではなく付箋紙を使っていますが、よく百均で買うので、この半年で購入したメモ帳用付箋紙の数を数えてみました(お小遣い帳で…)。結果は、11冊。1冊200枚なので、1ヶ月平均で約360..

posted by 管理人 at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座