2017年07月27日

メモを復習する

せっかくメモを取ったのに、そのメモを「書いただけ」にしておいてはもったいない。書いたものは見直さないと頭には入りません。

いわゆる出したり入れたりすることで、脳内に記憶として定着します。記憶として定着したものだけが、必要なときに取り出せる状態になります。


■メモは書き写し、書き写したノートを復習する


別記事で書きましたが、毎日就業前の30分は振り返りの時間にしています。

私は「毎日、日次レビューをする」ことをルールにしてます。

日次レビューの時間をスケジュールに組み込んでおいて、その時間にアポイントの要求があっても、一旦はお断りします。それでも食い下がられたら、レビュー時間をずらすようにしていますが。

本日ご紹介する本『すごい!メモ術 「ビジネス力」をアップさせる達人たちの手の内を盗め!』に書いてあったとおりのことをやってみたら、「前の会議で、××って決めたよね」といえるようになりましたし、それに基づいて活動するにも、「何でこれをやっているのか」というのが割合正確に意識できるようになりました。これは「効果あり!」といえるのではないかと。


★P179(90)−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

人と会った時、相手の話の内容、それに自分がどう答えたか。彼はそれらをきちんとメモるためにいつも小さな手帳を携帯した。

毎朝 5 時になると、手帳の内容を日記に書き写す。

日記は1週間に 1 回、1カ月後にまた 1 回という具合に頻繁に読み返す。

同じ人との面談では過去 2 年間にさかのぼり、いつたいどんな会話があったかをこのデータバンクで復習するのである。

中島孝志(著) 『すごい!メモ術 「ビジネス力」をアップさせる達人たちの手の内を盗め!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−★


私の場合、単純に「読み返す」をしようとすると、つい省略しちゃうので

 日次レビュー:メモを日誌にまとめる
 週次レビュー:日誌を週誌にまとめる
 月次レビュー:週誌を月誌にまとめる
 年次レビュー:月誌を年誌にまとめる

というふうにレベルを上げながら、「まとめを書く」ようにしています。
これによって、年誌を書くためには、月誌が必要で、月誌を見直すためには、より詳細には週誌を読むようになります。更に遡って日誌にまでたどり着きます。

これをわりと頻繁にやるようになりました。

もうひとつ見直すタイミングは、プロジェクトの振り返りや、何かのイベントのときに、今度は時間という軸ではなく、「人」「プロジェクト」という軸でデータを拾い直して、それを整理するようにしています。

これをやるためには、電子情報になっているのが一番便利です。
再利用性が高いという点において、現時点の技術で言えば、電子情報にまさるものはありません。

■死にメモを作らない


日誌を書くことが第一歩です。これがないと始まりません。

これを本書では、「メモの復習」と読んでいますが、私にとっては、単なる「メモの書き写し」に過ぎません。

メモはスピードが命なので重要なキーワードしか書いてありません。私の場合はそれも省略語になっているので、なるべく早く書き写さないと、意味不明になっちゃいます(ってか、そうなって捨てられたメモが、振り返ってみると死屍累々)。

どんな省略語にするかは、

 高速メモの技術1

をご参考に。たとえば、「10月10日に東京へ行く」なら「→TK1010」って書くだけです。

この状態なので、1週間も立てば意味不明です。

このため、メモには寿命があると考えてます。

 メモの寿命は12時間

早くしないと死にメモになっちゃう。

その日のうちに、後で読んで分かるようにしておかないと、マズイわけです。

で、日誌を書いても、現時点では省略できた言葉(前提となっていること)は、1ヶ月後には忘れてます。
だから、より正確に記録するためには、日次の情報を週次レベルで書き直さないと、1ヶ月後には意味不明なメモと同じになってます。
さらに、1年後には、今の日誌を読んでも意味不明になってます。だから月次レビューで、また整理して書き直す…と。

こうして何度も書き直したり、言葉を補足したりすると、頭から出し入れを何度もすることになり、しっかりと記憶に定着する結果にも結びつきます。



■参考図書 『すごい!メモ術 「ビジネス力」をアップさせる達人たちの手の内を盗め!





立ち読みできます立ち読み可
あなたの手帳がいきなり変わり出す!こんなメモの使い方があったのか?15人の「仕事の達人」+著者の最強タッグで、最高のメモ術を伝授する。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

すごい!メモ術 「ビジネス力」をアップさせる達人たちの手の内を盗め!
著者 :中島孝志

すごい!メモ術 「ビジネス力」をアップさせる達人たちの手の内を盗め!
検索 :最安値検索

すごい!メモ術 「ビジネス力」をアップさせる達人たちの手の内を盗め!
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 いつか使えるかもしれないネタをメモする
 図解活用のメリット
 やってみた分かった「カード式メモ術」の利点
 タスクリストで作業してはいけない
 業務目標を即答できるようにする
 ファンシー手帳はなくさない
 メモ術の極意
 朝会・夕会を開催する
 TIMTOWTDIメモ3:事前に考える癖をつける
 TIMTOWTDIメモ2:いろんなやり方を思いつくためのトレーニング

●このテーマの関連図書


仕事のスピード・質が劇的に上がるすごいメモ。

メモ取り・手帳術が面白いほど身につく本(知りたいことがすぐわかる!)

図解すごいメモ。



■同じテーマの記事

AutoHotKeyでアウトルックの操作を簡単にする

会社の標準のメールソフトはアウトルックです。このアウトルック、個人業務をする上ではオールインワンなので、メールだけでなく、タスクの管理やアドレス帳の管理までシームレスにできるというメリットは有るのですが、どうもキー操作が使いにくい…ショートカットキーを覚えようとしたのですが、コンビネーションキーが多くて面倒くさいです。で、AutoHotKey の練習も兼ねて、シングルキーでアウトルックの操作ができるようにしてみました。AutoHotKey最初に Auto..

必ず手帳をチェックする時間を決めておく

今日、このあと退社するまでのスケジュールって言えますか?××時にさんと打ち合わせ××時にチーム進捗会議××時に退社タスクはとと…これがスラスラ出てくるようなら、このネタはあまり役に立たないかも。私はたいていスラスラは出てきません。ちょっと考えると出てくるときが多いですが、「え〜っと」と言いながら、おもむろにパソコンを開こうとします。手帳をチェックする時間『手帳300%活用術』という本にこんなこと..

今日学んだことを3つ上げなさい

以前の記事5項日誌(1)で、「今日発見したこと」を日誌に書くということを続けている、と書きました。始めてからかれこれ3年くらいかな。結構続いてます。ちょっと前に読んだ本ですが、マッキンゼーのコンサルタントもやっている、と書かれていたのでちょっと共有。今日学んだ最も大事な三つのことはなんだろう?マッキンゼーって、本当に三つが大好きですね。何でもかんでも三つ。という皮肉はおいておいて、まずは以下を読んでみてください。P..

記憶術:目をつぶり、暗唱する

「ちゃんと覚えないと」みたいなシーンは、仕事だけじゃなく色んな場面ででてきます。過去記事でも、いろいろなテクニックをご紹介していますが、本日はおそらく多くの人が学生時代からよくやっているような方法。何かを暗記するためには、余分な情報を遮断して、それを繰り返し言う、すなわち暗唱するという方法が単純で効果があります。暗唱するおそらくですが、何かをお記憶しようとするときには、自然に目をつぶって、それを心のなかで繰り返すという..

大量に書くメモを一元管理する方法

メモやノート、最近はデジタルメディアなどいろいろなところで情報が発生します。それを後で使えるようにしておかないと、労力をかけて作成した意味がありません。実際に私がメモをどのくらい使っているかというと…メモの資料量を測定してみた私は最近はメモ帳ではなく付箋紙を使っていますが、よく百均で買うので、この半年で購入したメモ帳用付箋紙の数を数えてみました(お小遣い帳で…)。結果は、11冊。1冊200枚なので、1ヶ月平均で約360..

楽しい仕事と苦しい仕事の違いを考えてみる

仕事にはいろいろな問題が付きものです。というか、問題を解決するのが仕事なのかもしれませんが。で、その同じ仕事でも「楽しい」と感じる場合と、頭から離れなくなってストレスになる場合があります。ところが、あるレベル以上になった人に時々見かけるのが、「24時間仕事の事を考えている」といって自慢する経営層のかた。まぁ、その人はそれで問題ないのだから好きにしてくれればいいのですが、問題はそれを部下にも押し付けたりされる場合があります。「ビジネスマンたるもの常に仕事の事を..

posted by 管理人 at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | メモ術・ノート術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座