2017年08月30日

仕事で使える心理学2:ポイント抜粋―判断に影響する心理

仕事や日常生活において、だれでも自分は合理的にものごとを判断していると信じています。でも、じつは私たちはそれほど理にかなった生き物ではないようです。

たとえば天気の良い日と悪い日でものごとの判断結果が違う。涼しく快適な環境と暑苦しい不快な環境では相手の印象が違う。このように無意識のうちに偶然の要因やまったく関係のない環境要因に影響を受けて判断していることがあるのです。


そのことを自覚していないと、思わぬ落とし穴にはまってしま、つことにもなりかねません。

本書は名著『影響力の武器:なぜ、人は動かされるのか』を始めとする対人心理学を具体事例を用いてわかりやすく解説しています。

本書の中から、判断に影響している心理のポイントを抜粋してみます。

■ポイント抜粋


★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

ビジネス上の説得においては、お互いの利害が大きく絡むため、慎重にならざるを得ません。不利な条件で合意しないように気をつけようとこちらが思うように、相手側もこちらの説得に対してかなり身構えるものです。

こちらの提案や条件を受け入れてもらうには、まずは身構えた防御姿勢を解除してもらわなければなりません。

自分自身を振り返ってみればわかるように、相手に対して警戒心をもって身構えているときは、相手の説明を素直に受け入れるよりも為批判的な目で検討しようとします。

また、こちらはあまり必要性を感じていない事柄に関する売り込みや提案をされたときなども、まともに耳を傾ける気になれず、適当に聞き流すだけになりがちです。そうした心理状態の相手に対して、いくら資料を準備して説得しようとしても、多くの場合、徒労に終わります。

そこで参考になるのは、心理学者ノールズたちが指摘する、説得への心理的抵抗の 4 つの要因です。ノールズたちは、つぎの 4 つをあげています。

 ・リアクタンス … 奪われた自由を取り戻そうとすること
 ・不信 … 警戒心が強く、相手の提案や説明を疑うこと
 ・吟味 … 相手の提案や説明を慎重に検討しようとすること
 ・惰性 … めんどうくさがって、なかなか現状を変えようとしないこと

榎本博明(著) 『仕事で使える心理学
――――――――――――――――――――――――――――★



★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●合意にもっていくための視点の転換 「損」と見るか、「得」と見るか
「損をしてはいけない」と身構えるときと、「得をするかもしれない」と期待するときでは、交渉に臨む姿勢がまったく異なり、後者の方が、交渉が順調に進みやすいでしょう。

それならば、難航する交渉では、双方が「損失」に目を向けるのでなく「利得」に目を向けられるようにもっていければ、合意の確率は高まるはずです。

ここでは、交渉の枠組みについて考えてみましょう。

利得に目を向け、できるだけ利益を多くしたいといった観点から交渉を行うとき、そこで用いられているのが「正の枠組み」です。

それに対して、損失に目を向け、できるだけ損失を少なくしたいといった観点から交渉を行うとき、そこで用いられているのが「負の枠組み」です。
 :
 :(中略)
 :
(注:現在の給与が10ドルで、組合ベースアップ要求が12ドルであると仮定)
たとえば、11ドルに対して、組合側が現行の 10 ドルと比べて「1ドルの得」となると受け止め、経営側も組合側の要求額の 12 ドルと比べて「1ドルの得」となると受け止めれば、両者とも譲歩しやすくなります。

このように、どれだけ失うことになるかという受け止め方をする「負の枠組み」を用いるよりいどれだけ獲得することになるかという「正の枠組み」を用いる方が、同じ妥協点であっても、譲歩することへの抵抗感が和らぐのです。

榎本博明(著) 『仕事で使える心理学
――――――――――――――――――――――――――――★


★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●「得」より「損」を見るプ口スペクト理論
経済理論にも詳しい心理学者カーネマンのプロスペクト理論では、損失感は利得感よりも意思決定に対して強い影響力をもつと考えます。

損失をできるだけ小さくし、利得をできるだけ大きくしたいというのは、だれもが望むところです。

ただし、私たちは、利得を大きくすることよりも、損失を小さくすることの方に強くこだわる習性があります。

これを「正の枠組み」「負の枠組み」にあてはめてみましょう。

たとえば、私たちは、不確実だけれど大きな利益につながる可能性のある選択肢よりも、少なめでも確実に利益が得られる選択技を選ぶ傾向があります。

利益がいくらか少なくなるよりも、利益が得られなくなることを避けようとするわけです。ゆえに、利益が得られるのであれば、多少の譲歩はしやすくなります。

「正の枠組み」を用いると合意に至りやすいのは、そのためです。

それに対して、損失に目を向けると交渉が難しくなります。私たちは損失を嫌うため、損失をできるだけ小さくする、できれば損失を回避できる可能性にこだわる傾向があります。そのため、一定の損失を確定するよりも、損失が膨らむ可能性がありながらも、もしかしたら損失なしですませられる可能性に賭けてみたくなります。

ゆえに、損失に目を向ける「負の枠組み」を用いると譲歩が行われず、合意が得られにくくなるのです。

榎本博明(著) 『仕事で使える心理学
――――――――――――――――――――――――――――★


★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●怒りをあらわにするのはプラスかマイナスか
相手の譲歩を引き出す効果政治やビジネスの交渉の場では、相手側がなかなか譲歩せずに交渉が行き詰まったときに不快感を示したり、ときにあからさまに怒りを表すことで、相手側から譲歩を引き出そうという戦略がしばしば用いられます。

相手が不快感を示したり、怒りを表したりすると、「これは大変だ、何とかなだめないと」と慌て、空気の修復のために譲歩するということが考えられます。でも一方では、「なんだ、その態度は。脅そうっていうのか」と反発心を刺激され、よけいに要求を強めるということも考えられます。はたして交渉が行き詰まったときの不快感や怒りの表出という戦略は有効なのでしょうか。
 :
 :(中略)
 :
このように、怒りを表すことは、交渉相手を絶対に譲らない攻略しにくい人物とみなすことにつながり、それによって譲歩的な姿勢が強まることが、心理学的な交渉実験によって明らかになっています。

榎本博明(著) 『仕事で使える心理学
――――――――――――――――――――――――――――★


★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●部屋の快適さで、人物の評価が変わる
「交渉」とは、その内容で受け入れるかどうかを決めるものですが、どうしても交渉相手の人物の印象が影響します。

誠実で信用できそうな印象か、調子よくいい加減なことを言いそうな印象かで、提示された条件が一緒でも、判断が違ってくることは十分あり得るでしょう。

だからこそ商談の際には、だれもが印象マネジメントに気をつかうわけです。

ところが、その印象が物理的環境に大いに左右されてしまうのです。商談をするには雰囲気の良い店や落ち着いた場所を探すのがよいと言われますが、それにはどんな意味があると思いますか。心理学者グリフイツトによって、そのヒントとなる実験が行われています。
 :
 :(中略)
 :
快適だったり不快だったりするのは、部屋の条件のせいであって、評価の対象となる人物のせいでないのは、だれでもすぐにわかることです。

それなのに、部屋の快適さによって人物の評価が違ってきてしまうのです。

ここでわかるのは、評価する本人は部屋の快適さに影響されているつもりはないのに、快適な部屋にいると相手を好意的に評価し、不快な部屋にいると相手を否定的に評価するということを、無意識のうちにしてしまっているということです。

好きな音楽が流れているときは、そうでないときよりも、人に対する評価が好意的になるという実験結果もあります。

こうしてみると、快適な環境を用意すると商談がうまくいきやすいというのは真実であり、その理由は、環境による快適さを交渉相手の印象に結びつける勘違いが起こるからと言えるでしょう。

榎本博明(著) 『仕事で使える心理学
――――――――――――――――――――――――――――★



■参考図書 『仕事で使える心理学




ビジネスの世界は人間心理で動く!
 営業、交渉、会議、部下指導、心の健康対策など、仕事のあらゆる場面で役に立つ心理学知識を解説します。

「交渉は先にキレたほうが勝つ??」
 例えば、ビジネス交渉にはさまざまな心理テクニックがあります。最初に過大な要求を相手にぶつけて自分の要求を通しやすくしたり、契約のサイン寸前になってわざと新たな条件を持ち出し相手にのませるなど、注意すべき技法を紹介します。

「みんなで決めるとリスクは高まる」
 物事を独断で決めずにみんなで話し合ったほうが、いろいろな知恵が結集できると思われ がちですが、集団での意思決定には意外な落とし穴があります。みんなで決めると気が大きくなり、責任も分散されることから、リスクの高い選択をしがちだということです。

「折れない心をつくる」
 また、ストレスに強い「レジリエンス」(復元力)という言葉が注目されています。ストレスのメカニズムや、ストレスを緩和・克服する心の習慣づくりを解説します。

本書は、経営や営業の現場で日々、打ち合わせや交渉をしている方や、部下の指導方法に悩んでいる方など、心理学を役立てたい人に最適の入門書です。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

仕事で使える心理学
著者 :榎本博明

仕事で使える心理学
検索 :最安値検索

仕事で使える心理学
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 合意したけど賛成してない―結論は他人の物
 厳しい交渉ごとは役員応接室でやりなさい
 お子様上司の時代
 蟹は甲羅に似せて穴を掘る
 話題を探す(ハイダーの認知的バランス理論)
 タイプ別ストレス発散の方法
 決済を素早く貰えば仕事は早くなる2
 決済を素早く貰えば仕事は早くなる1

●このテーマの関連図書


マーケティングを学ぶ(ちくま新書)

言いづらいことの伝え方(日経文庫)

現場の変革、最強の経営ムダとり

新訂いい会社をつくりましょう

モチベーションの新法則(日経文庫)

ビジネスでいちばん大事な「心理学の教養」-脱「サラリーマン的思考」のキ…





■参考図書 『影響力の武器:なぜ、人は動かされるのか




人が「イエス」という仕組みを心理学を使って科学的に分析し、実際に応用可能なレベルにまで高めた本。
社会心理学者の口バート・ B ・チャルディーニ氏は、宗教や悪質なセールス、募金の勧誘、広告主などありとあらゆる「承諾誘導」の専門家の手口を研究し、彼らの手口は基本的に 6 つの力テゴリーに分類できることをつきとめた。心理学の専門書であるが、ビジネスからプライべートまでその応用範囲は極めて広い。
現在の心理学を応用した仕事術、交渉術、会話術などの本のほとんどすべてがこの本に書かれている。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

影響力の武器:なぜ、人は動かされるのか
著者 :ロバート・B・チャルディーニ
楽天では見つかりませんでした
影響力の武器:なぜ、人は動かされるのか
検索 :商品検索する



●関連 Web
 影響力の武器:なぜ、人は動かされるのか』の[第三版] - マインドマップ的読書感想文
 影響力の使い方講座 - ダイレクト出版
 影響力の武器とは?説得するときにはこれ - DCC用語集
 影響力の法則 影響力の武器 - YouTube
 影響力の武器:マネジャーとしての影響力は、どうすれば発揮できるのか?-Bizトレンド

●本書を引用した記事
 上司にもアポイントメントを取る
 お世辞も言わねばサラリーマンは務まらない
 魅力的な名前をつける
 人を動かす:相手の話を聞くときには手を止めなさい
 やる気が出る11のヒント
 文章のコツ6:同じ言葉を使う
 論理的資料作成術:2つの観点で書くと説得力がでる
 ミラーリング交渉術
 問題は過ちであると認める
 失敗は正確に報告する

●このテーマの関連図書


影響力の武器実践編―「イエス!」を引き出す50の秘訣

影響力の武器戦略編:小さな工夫が生み出す大きな効果

プロパガンダ―広告・政治宣伝のからくりを見抜く

シュガーマンのマーケティング30の法則お客がモノを買ってしまう心理的ト…

影響力の武器コミック版

ザ・コピーライティング―心の琴線にふれる言葉の法則



■関連する記事

合意したけど賛成してない―結論は他人の物

いろんなルールを作るけど、ルールがルールとして守られるのは、たぶんほんの一部です。特にルールが賞罰に影響しないものだったり、イチゼロで判断できないようなものだったりすれば一層。とくに、「会議をして全員で決めたのに、結局何も変わらない」なんてのは組織で動いているとよくあることです。たとえば、「帰宅前に机の上を片付けて帰ろう」みたいなルールを決めたのに、1週間もすればもう元の木阿弥。まぁ人間なんてこんなもんなんですけどね。なぜ決..

厳しい交渉ごとは役員応接室でやりなさい

あなたの会社には役員専用の応接室がありますか?ウチの会社にはあります。基本的には、一般社員は使えないのですが、どうしても他の会議室などが使えない時に、ここが空いていれば使わせてもらえます。厳しい交渉には役員応接室を使う私はときどきここを使わせてもらってます。上司の役員にお願いして「この時間しかないので使わせてもらっていいですか?」と聞けば、「空いていればいいよ」とたいていは言ってもらえます。聞かれた役員にしても、たぶん「一般社..

お子様上司の時代

本日は、珍しく新刊(2013/09)のビジネス書のご紹介。何度も繰り返し読みたくなる本ではありませんでしたが、すごく色々気になった本でした。以前、この著者(榎本博明氏)の「上から目線」の構造 (日経プレミアシリーズ)を読んで、結構気に入ってましたので、早速読んでみました。やっぱりこの方、他の人とは一味ちがう見方をされていて、面白いし、考えさせられることがたくさんある。本書で紹介されるのは、上司・部下ともに精神的に幼稚な人が増えたのではないかという課題。これを、本書..

蟹は甲羅に似せて穴を掘る

人間は見たいものだけを見ている映画、会議、イべント、なんでもいいのですが、同じ時問を共有した人と話していたら、お互いの感想が全く違ってな本当に同じ体験をしたのかと思うことはないでしょうか。なぜこのようなことが起こるかというと、現実の理解は性格や記憶に強く影響を受けてる、つまり個人のフイルターを通して行われているからだそうです。「個人のフィルター」というのがカギで、網膜に写ったものは同じですが、脳の認知領域に伝達される時に、その人が価値を置かないことはカットされてしま..

話題を探す(ハイダーの認知的バランス理論)

「ハイダーの認知的バランス理論」ってご存知でしょうか?Wikipediaでは以下のように説明しています。バランス理論は、P-O-Xモデルを用いて説明される。認知の主体である人を「P」、「P」と関係のある他者を「O」、認知の対象である事物を「X」と置く。「P」の「O」に対する認識、「P」の「X」に対する認識、そして「O」の「X」に対する認識の中で、好意的な物を「+」、否定的な物..

タイプ別ストレス発散の方法

『仕事で使える心理学』という本に、ストレス発散のためのタイプ分析というチェックリストが載ってましたので、ご紹介します。ストレス対処のチェックリスト(01)気心の知れた友だちと楽しくおしゃペりして発散する(02)イヤなことは考えないようにする(03)何が自分を苦しめているのかを整理してみる(04)先輩や上司なと頼れる相手に相談してみる(05)どんなことからも..

■同じテーマの記事

通勤どこでも仕事術:毎日5分だけ勉強確保できる確実な方法

何かを初めて勉強しようと思ったら、まとめて時間を取らないとなかなか難しいですが、ある程度基礎勉強が済んで継続的に知識を深くしていくのであれば、毎日少しづつ勉強することが適しています。毎日5分だけ勉強しようところが、この「毎日少しの時間だけ××に当てる」というルーチンはなかなか成立しません。短時間というハードルの低さと、少しづつという成果の見えにくさから、つい「後でいいや」になってしまって、その「後で」が最後まで来な..

posted by 管理人 at 11:33| Comment(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座