2018年07月23日

振り返りツールKPT



「振り返り」が重要なことは言わずもがなですが、悪かった点を考えたり、そのために何時間も時間をかけたりすることは本末転倒だと考えます。

 「なぜそんなことをしたのか?」
 「今後失敗しないためには何をどのようにすればいいのか?」

失敗すると、たいてい上司からこういう質問(詰問?)を受けます。

よく会社で「振り返り会」なるものをするのですが、こういう場でもチームに大きな影響を与えたような失敗・トラブルはこういう質問が出てきますね。


で、「じゃぁオマエ(失敗した当人)が次回までに対策を考えてくるように」とか言われて、無い知恵を絞って考えた結果が、

 「失敗しないように注意します」
 「事前に上司にチェックしてもらいます」
 
とか、対策ではあるものの実効性や迅速性を損なうような結論を持ってきて、さらに突っ込まれる…、と。
※まぁ、見慣れた風景…。

■KPT


「このやり方はダメだったよね」というときに、「じゃあもうしないようにしよう」で終われば簡単なのですが、なかなかそうは行きません。

それで終わらせてしまうと、プロセス改善にならないから」というのがコンサルタントや本を書く方の言い分で、それは確かにその通りなのですが、そんなことばかりやらされたら、心が持ちません

ということで、私のグループでは、再発防止を考えるのは、一部の重大な問題だけにしてます。
それ以外は

 KPT

というルールに沿って分類するだけ。

KPTというのは

 K:Keep  :今後も続けたいこと
 P:Problem :問題なのでもうやめること
 T:Try   :今後やってみること

の3つ。

とくに私がお気に入りなのは、「やってみる」ということ。
うまくいく方法を考えるのは必要なのですが、必要以上に考えていても結果は出ません。やらない限り。

なので、試してみればいいじゃんです。それでうまくいけば、「K」の項目に入れればいいですし、うまく行かなかければ「P」の項目に入れればいい。思いつきでもいいから、とりあえずやってみるという意味で、「T」を使います。

ちなみに、KPTというのは「ケーピーティー」ではちょっと味気ないし、読みにくいので、「ケプト」って呼んでます。
正しい呼び方は知りません。

物の本やWebで調べるとちゃんとしたやり方があるようなのですが、ぱっと集まってぱっと終わる、気軽にできる、ということを目標にして、シンプルに 5〜15 分位で終わることを目標にしています

「やってみること」を考えるために1時間も会議をしているヒマがあったら、やってみたほうが速いじゃん、ということで。


■同じテーマの記事

視野を広げる

ピンチの時には周囲が見えない忙しかったり、強いストレスがかかっているときは、周囲が見えなくなります。これは当たり前で、人間(というか動物すべて)は見の危険が迫っている時には、危険なものを非常に注意深く見ようとします。その結果そこに集中しすぎてしまって、横から飛び出してくる別の危険に配慮ができない状態になるわけです。自分のことを振り返っても、会社をしばらくおやすみする前半年〜1年くらいの間は、本当に周囲の状況が見えてませんでした..

仕事大好き

仕事が好きですか?あなたは、今の仕事が好きでしょうか?「仕事が好きです」と答えられる人はあまりいないかもしれませんね。あまり真正面から聞かれることは少ないとは思いますが、もし聞かれたら「まぁまぁ」とか「いや、あんまり」とか否定的に、曖昧に答える場合が多いのではないでしょうか。かく言う私も、「仕事だから好きも嫌いもないじゃん」という言い方を良くしてました。ま、確かに実際つまらないとおもっている人もいるかと思いますが、日本人的に「控え目に表現する」という言い回しをする場..

原因を追求してはいけない

よく会社でプロジェクトの振り返りとして、そこで発生した問題点をだして次に生かそう、という活動がされています。そういったときにリーダーや管理職として、よく失敗したのが原因追求をしてしまったことです。よくビジネス書やプロジェクトマネジメントの教本などでは、原因を究明して再発防止をすることと書かれてますし、改善手法にも「なぜなぜを5回繰り返せ」と教えられます。以前は、「その通りだよな」とおもってやっていたのですが、これが失敗の元。原因究明は批判になる物理的..

ファンクショナリティマトリクス

会社でなにかのソリューションをプレゼンしている時に「それですべての要件を満たしているのか?」と聞かれることがあります。こういう時に便利なのだけど、意外と知らない人が多い、ファンクショナリティ・マトリクスをご紹介します。本記事は以下の本を参考にしてます。『プロジェクトを変える12の知恵』ファンクショナリティ・マトリクスとはフアンクショナリティ・マトリクスはシス..

面接は「エライ人」で決まる

先日、ある面接者と雑談をしていた時、ふとその人の勘違いに気がついたので、ちょっとネタにしてみます。勘違い面接の合否はどのように決まっているかご存じですか?実際ルール的には会社によって差があるのですが、最低点が合格条件をクリアしている平均点が合格条件をクリアしている突出したスキルが認められるの3パターンでしょうか。ただ、評価点が決まるのは、評価の打合せ(面接の直後に面接官だけで行う評価点すり合わせ)で最初に発言した人の意見最も職位が高い人の意見で..

月曜日はメールゼロ

金曜日、メールを全部やっつけて定時で帰って、翌週の月曜日にメールを開くと未読メールが100件も…なんてことがありません?私は以前はしょっちゅうでした。多い時は300件も溜まっていたことが。なんでこんなことになってんだ?と月曜日の朝から憂鬱になります。通勤電車で寝てはいけない通勤電車で寝てはいけない P42週末を楽しみながら、その一方で仕事に切り替えていく。こうしたマルチタスクの対応も時問を有効活用するためには必要である..

posted by 管理人 at 04:00| Comment(0) | 仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座