2017年09月18日

やるべことは一旦書きなさい

私は電話がかかってきたり、誰かから話しかけられたりすると、自然に机の上においたペンに手が伸びます。
実際に何かを書くという行為に至るかどうかは五分五分なのですが、やっぱりペンを持ってないと、話をしていてなんとなく不安。

と、今では相当のメモ魔なのですが、昔は上司の指示したことを何もメモに書かずに、その上忘れてしまってよく怒られました。

■記憶することと書くという習慣


私の経験則なのであまりアテにはならないですが、メモを取らない人というのは、自分の記憶力に自信があるわけではなく、単に記憶するということに意識がないように感じます。

つまり、「覚えよう」という意識はあるものの、「どうやったら覚えられるのか」というハウツー部分に意識がないので、「覚える・記憶する」と「書く」ということがつながってないのではないかと。

もう一つメモを取らない人は、指示することに慣れている人。ようは職位が高くなるほどメモを取らなくなるみたいです。
確かに、Doするのは部下なので、自分は細かく記憶していなくても、部下が覚えていれば、あとは部下が報告してくるはずで、言っても記憶をする必要性を感じないかもしれません。
ただ、これまた自分の経験ですが、こういう人たちは、記憶力が結構高いです。

命令したこと単体を覚えているわけではないみたいですが、何かをトリガにして「前に○○をやっとけって言ったよね」って思い出して言ってくるんです。10個のうち2〜3個、そうして思い出して部下を追求すれば、「あの人は言ったことを記憶しているから」と言って部下は勝手にビビッてくれるので、その程度なら、いちいち正確に記憶しておく必要もなさそうですね。

……と、余談。

まずは、前者の「書く」という習慣がない人が、「書く」習慣を手に入れる方法について、私がやれるようになったきっかけをご紹介します。


■「書く」ということに慣れる


「書く」ということを習慣にするために、私が何をしたかというと、「書く」ことです。

って、堂々巡りみたいですが、本当に。

いきなり、どこにいても、どんな状況でも、素早く要点をメモする、なんていうスキルが手に入るわけではありません。

過去記事で、

 高速メモの技術1

なんてのをご紹介してますが、一朝一夕にできるようになったわけではありません。

たゆまぬ努力が必要だったのですよ。

その第一歩は、「書く」という行為に慣れることです。


★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◆「やることリスト」がメモ術の基本である


最初はメモの習慣をつけることが大事とはいえ、意味のないメモをたくさん書いても限りなく無駄に近い。

そこでまずお勧めしたいのが、いわゆる「ToDoリスト」「Do't Forget」といわれるものだ。

メモができない、またはしない人はまず整理ができない。整理ができない人は忙しくなると片づけないので、机の上も、仕事の段取りや行程、手順など整理がつかなくなる。

しっちゃかめっちゃかになっていく。

すべてはメモをして仕事の整理をつけないからだともいえる。心の整理がつかないのである。

そんな人がやるべきメモは、まずやること(やるべきこと)を書いて、目につく所に張り出すことだろう。

それだけでも大問題になる前に何かしらの手を打つことができる。

たとえば、「明日やるべきこと」を寝る前に書き出す。

目に付くところに張り出してもいいし、机の上に置いてもいい。

ビジネスも生活も、スケジユーリングが大事だ。時間をコントロールすることが、ビジネスマンとして成功する第一ステップといえる。

メモはそれを成功させるためのツールでもある。

あなたのビジネスレべルを上げるために、スケジュールの決め方からメモを始めるのもひとつの登り口かもしれない。

坂戸健司(著) 『メモの技術
―――――――――――――――――――――★


■○を書くでいいから


私のスタートは、ToDo リストを作る、なんていう高度なことではありませんでした。

上司から、「おまえはメモを取る練習しろ」と言われたくらいのレベルなので、根本的なところからはじめました。

実際あまり記憶に無いですが、たしか「メモ帳とペンをポケットに入れておく」だけだったような気がします。
で、上司から「メモを取れ」「○○をやれ」と言われたら、メモ帳に○をひとつだけ書く、というか何かを書いたふりをするだけ。

とにかく、「書く」という行為に慣れるところから始めたような記憶があります。

まあ、それで上司は、ある程度満足してくれましたので。

もちろん、だんだん進んでいくと「書いたものを見せろ」とか言われるようになって、ちゃんとメモを取らざるを得なくなったり、「議事録をつけろ」などと言われるようになったので、徐々に上司もハードルをあげていってくれたのだと思います。

今思うと、よくこんなバカに付き合ってくれたなあ、と今更ながら感謝。

自分でやり方を開発したわけではなく(そんな能力はありません)、上司の指導に従っただけですが、もし、「メモを取れ」と言われてもなかなかできない人のために、私の経験を少しだけ共有。



■参考図書 『メモの技術




本書は、主にビジネスの現場で頻繁にダイナミックにメモをとるノウハウを公開したものである。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

メモの技術
著者 :坂戸健司

メモの技術
検索 :最安値検索

メモの技術
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 メモを復習する
 素早くメモが取れる「パームレストふせん」
 図解のコツ5:配置を試行錯誤する
 図解のコツ3:キーワードを抽出する
 図解のコツ4:配置を決める
 図解のコツ1:カタマリを作る
 時間は24時間制をつかう
 メモ術の極意
 メモ帳アプリも使う
 ゼロ秒思考5

●このテーマの関連図書


メモ取り・手帳術が面白いほど身につく本(知りたいことがすぐわかる!)

図解ミスが少ない人は必ずやっている「書類・手帳・ノート」の整理術

情報を瞬時に整理しアイディアを生み出す!ノート・メモフル活用術



■同じテーマの記事

複数の仕事を並行して進めるための必須作業

多くのビジネスパーソンはたいてい複数の仕事を持っています。定常業務にしろプロジェクト業務にしろ、1日に一つの仕事だけをしていたなんて言うことは、新人として配属された直後くらいしかないのではないでしょうか。そんなときに、似たようなタスクがあると、「あれ?済んでたっけ?」とふと頭をよぎることがあります。たとえば、・プロジェクトの今週の週次進捗レポートを作る・××プロジェクトの今月の計画表を作るプロジェクトの進捗レポートを書いているときに、「これってこの..

振り返りツールKPT

「振り返り」が重要なことは言わずもがなですが、悪かった点を考えたり、そのために何時間も時間をかけたりすることは本末転倒だと考えます。「なぜそんなことをしたのか?」「今後失敗しないためには何をどのようにすればいいのか?」失敗すると、たいてい上司からこういう質問(詰問?)を受けます。よく会社で「振り返り会」なるものをするのですが、こういう場でもチームに大きな影響を与えたような失敗・トラブルはこういう質問が出てきますね。で、「じゃぁオマエ(失敗した当人)が次..

相手に気持ちよく喋らせる減衰曲線

コンサルタントなどが相手にうまくしゃべらせるためのコツがあるそうです。幾つか調べただけのものも含めてご紹介します。相手にしゃべらせる方法というのは、大きく3つあって、・しゃべりやすいという印象を持たせる・自分ばっかりがしゃべっているという印象を持たせない・ウソ(誤解)や間違いに引っ張られないなのだそうです。しゃべりやすいという印象を持たせるようは、「自分が話している内容が自分にとって不利益になるようなことにな..

手帳と日誌は連動してこそ力を発揮する

「手帳」。まあビジネスマンならたいてい持ってますね。私は持ってませんが…。何かを記録するときには、「メモ帳」を使います。たまにはスマホの録音機能やスマホのメモ帳。そして、「メモ」から・時間に関する情報を抜き出してスケジューラ・知識・思考に関する情報を抜き出してノート・関連情報や外部情報として OneNote などの情報収集アプリに移動をさせています。手帳の機能はこれらの、スケジューラ、知識、情報を全部詰め込んだものなのです..

「PCが遅い」にはタスクマネージャーが効く

「PCがなんだか遅いなあ」と感じたときがありませんか?そんなときには、とりあえず、CTRL+SHIFT+ESC キーをパッと押してみると原因にたどり着けることが多いです。タスクマネージャーWindows で CTRL+SHIFT+ESC (CTRLキーとSHIFTキーを押しながら ESC キーを押す)と立ち上がるのはタスクマネージャー。ただし、PC がもっさりしているときには、すぐにはウインドウが表示されないかもしれません。そんなときには別の手段CTR..

反省するより記録しなさい

たぶん、今年の年初に立てた今年の目標で、仕事上の部門・グループの方針として立てたものが、手付かずで残っている人は少ないでしょうけど、個人で立てた目標は手付かずのままのものがあるのではないでしょうか。この差はなんだろうかというと、おそらく「強制力の差」と「チェックを入れる人の存在」だとおもいます。仕事上で立てた目標というのは、当然、上司と相談したうえで決めます。そしてその進捗管理を1週間なり1か月ごとに上司に報告しないといけません..

posted by 管理人 at 09:33| Comment(0) | メモ術・ノート術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座