2017年10月10日

みんなとの会話に乗れない時の対処法

みんなと楽しく会話をしているときに、どうも自分だけ会話の中に入っていけないとか、滑っている、浮いていると感じたことはありませんか?

私はときどきあります。なんか自分が発言すると、その発言を引いて(引き継いで)話をする人がいなくて、一瞬の間をおいたり途中で別の話題になってしまったり。

■なぜ会話に乗れないのか


これはいくつかの原因があるみたいです。

 自分の発言が場の雰囲気・状況にあっていない
 他人の話の意味・意図を取り違えている
 参加者の関係の距離感で自分だけちょっと距離が遠い

などなど。

最後の原因は、ちょっと文章にするとわかりにくいですが、ようは、もともとの仲良しグループに自分が新しく参加したような場合です。他の参加者同士は仲がいいのに、自分だけちょっと異質(まだ同化できていない)な存在、という状態です。「溶け込めていない」とでも言うのかな。

これは、新しくグループに参加すれば、どうしてもそんなもんです。グループの立ち上げから関わっていない限り、既存のグループに新しく参加するしかありません。そのときにはどうしても過去の経緯がないので、こうなります。時間が解決してくれるとしか言いようがありません。


■集中力が切れる


最初の「自分の発言が場の雰囲気・状況にあっていない」と2つめの「他人の話の意味・意図を取り違えている」は原因が似ています。

 集中力

です。雑談などに集中力がいるのかというと、ちょっとそこまで…とは思いますが、何か心に引っかかるものがある時、たとえば、大失敗をやらかして「明日はお客様のところに謝罪に行かなきゃ」みたいなときは、だれかと話していても上の空になります。そこまで行かなくても、ちょっと別のことがあたまにチラチラ浮かんだりすると、会話についていけなくなって、それで無理して何かを話しても、会話の流れを遮ったり、相手がなにを言っているのかわからなかったりするものです。

決して特殊な状況ではありません。

小説を読んでいても、さっぱり小説の世界に没入できない感がある時がありますよね。
あの状態の軽いものが起こっていると思えばまあ、間違いはありません。

そういう意味で、この2つの原因は似たようなところにあります。

■集中力を高める方法


集中力が切れているときに、結構効果がありそうなのが本日ご紹介する方法。

●深呼吸する
ただ深呼吸をするだけでなく、腹式呼吸をしてください。腹式呼吸をしながら、ゆっくりと呼吸の回数を数えましょう。

10回まで数えたら、また1から・・と言う良いうに2〜3回やると良いでしょいう。肩から力を抜き、眉間にしわを寄せないよう意識しながら、体をリラックスさせて行ってくださいより効果的に深呼吸を行うことができます。


これは、極度の緊張の中で戦うスポーツ選手も実践しているテクニック。大切な会議の前や、大きな仕事を終えて気が抜けた際など、平常心を取り戻したいときにも使えます。

●表情筋を動かす
集中力,回復
今日はどうも頭の回転が鈍くて何も考えられない!! と言う日も時としてあるでしょう。そんなときは、顔の表情を意識的に動かすことで脳を刺激し、スッキリさせることができます。

ここでは、前頭葉という、予測力や判断力と機能を持っている脳の部分を刺激することができるのです。

表情筋の動かし方
目と口を最大限大きく開き同時に舌を顎につくほど出します。これを数回、繰り返しましょう。他人から見られると、恥ずかいいので仕事場や学校でする場合はこっそりやりましょう。

●つま先に意識を向ける
なんとか会話についていこうとすると、ついていけない状態があるのが余計に気になって、ますます空回りします。こういうときには、一旦「会話する」という状態を意識の外においてしまうと、ぎゃくに復帰できるようになります。

どうやるかというと、自分のつま先に意識を集中するようにします。

突拍子もない方法みたいですが、実は有名マジシャンが使っている方法だそうで、自分で試してみても効果はありましたし、ハーバードやスタンフォードといった有名大学での検証もされているらしいです。

「いまのは、ちょっと滑ったな…」「ちょっと話題がまずかったか…」などというところに意識が行くと、その後の会話の流れに乗り遅れます。それを一旦横においておくために、自分の意識をリセットするわけです。

そのために、一旦自分の体に注意を向けると人間の脳は集中力を取り戻して会話に復帰しやすくなります。

どうやるかというと、靴の先っぽが親指に当たる感触を感じるようにすることです。
足の親指の感触を感じるようにする、たったそれだけ数秒で意識が集中してきます。

●聞き手に回る
最後の方法は、しゃべって会話に参加しようとせず、聞き手に回ることです。

すべった発言をして回りをしらけさせるより、「うんうん、それで?」「それから?」と他の人の発言を促す発言だけをすることです。

他の人が面白い発言をしてくれれば、だんだんそれに引き込まれていきますし、それで徐々に集中力は回復してきます。

おためしあれ。
ちなみに、これは『暮らしに活かせるメンタリズム』という本から幾つかを引用しています。



■参考図書 『暮らしに活かせるメンタリズム





立ち読みできます立ち読み可

Unlimitedゼロ円Unlimited無料
マジックの心理術で人を操る裏ワザ203本!





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

暮らしに活かせるメンタリズム
著者 :暮らしに活かせるメンタリズム
楽天では見つかりませんでした
暮らしに活かせるメンタリズム
検索 :商品検索する



●このテーマの関連図書


あなたにもできる!メンタル・マジックで奇跡を起こす本(KAWADE夢文庫)

テレビでやってた人気マジックのタネぜんぶバラします(鉄人文庫)

97%の人を上手に操るヤバい心理術



■同じテーマの記事

無理矢理にでも休みなさい

会社によって、数は違うかもしれませんが、サラリーマンには「年次休暇」「有給休暇」という制度があります(以下、呼び方として「有給」と省略します)。制度上は確かにあるのですが、会社や部署によって、取りにくいところと取りやすいところがあります。もちろん年中無休の職場などだと、全員が一斉に休まれてはこまるので調整しているところもあるでしょうけど、調整をしてもらえるならいいほうで、「有給を取らせてください」などと言いにくい(直接的に拒否は..

やってはいけない睡眠学習

随分昔ですが、「睡眠学習」というのが流行りました。寝ている間に英語のテープなどをかけっぱなしにしておくと、自然に英語が身につく、というようなやつ。いまだに学会では睡眠学習に関する報告がなされているみたいですね。Wikipediaによると1924年のJenkinsとDallenbachによる、記憶は覚醒中よりも睡眠中のほうが保持率が高いという実験結果[:en]が曲解されたという..

必勝の時間攻略法

古い本ですが、過去記事でも何度も取り上げた本の要約をご紹介します。『脳を活かす!必勝の時間攻略法』は、副題として「1日を26時間に増やす35の鉄則」とされています。その通り、灘高→東大、元NHKアナウンサーにして医師であり、衆議院議員公設第一秘書も務めた「奇跡のマルチ人間」が最新の脳科学に基づいた時間活用法を紹介した本です。過去記事でもプライムタイムを見つける成果が倍になるコマ割り時間術午前・午後の仕事時間の活..

時間日誌の効用

「この仕事はだいたい3時間位掛かりそうだな」、「1週間お待ちいただけますか」って言った仕事ってどのくらいの精度で完成しているでしょうか?こういうのって、それに近いことをやった経験自体も必要ですが、経験を積むためには、「やった」だけではなくて「測った」「予測と実績の差の理由を考えた」という経験がないとなかなか精度が上がりません。予測精度をあげるために記録をつける予測精度が上がるとどんないいことがあるか、についてですが..

会議におけるファシリテーターの役割とは

会議において議長となるひと(会議を主導する人)は当然必須なのですが、ここ10年くらい重要視されるようになったのが、「ファシリテーター」という立場の人。この人がいるといないのとでは、会議の進み具合がかなり違うということで、どこの会社も「ファシリテーション」などという教育プロセスを持つようになったみたいです。ファシリテーターがファシリテーションするのに必要な3つの視点をご紹介します。ファシリテーターの3つの視点本書『レ..

期限はローリングで解釈する

よく「今週中にやります」とか言ってません?私は過去にこれでよく失敗しました。今週中はあと何日?多分、今日が金曜日なら、きっと「今週中に…」とかは言わないでしょう。金曜日の午後5時は、今週中が終わるまでにあと1時間しかありませんから。ただ、水曜日や木曜日だと、意外と軽く「今週中…」と言っちゃうかもしれません。木曜日で「今週中」と言っちゃうと、「明日中に」と言っているのと同じなのですが、言い換えると結構「やばい…」と思..

posted by 管理人 at 05:52| Comment(0) | ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座