2017年11月02日

任意のフォルダに素早くアクセスする方法

過去記事で何度か紹介していますが、私はマイドキュメントフォルダにはちょっとしたショートカットしか入れておらず、普段使うフォルダは別のフォルダにしています。

 C:\_Usr\job

Cドライブの直下に、"_usr" というフォルダを作り、そこに仕事関係、プライベート関係、参考資料(自炊本)などのフォルダを配置しています。


この理由は、ひとつの PC を複数のユーザ名で利用しているため。Windows では別のユーザでログインすると基準となるドキュメントフォルダが変わってしまうため、同じフォルダになるように Windows の管理外に専用フォルダを作って管理しています。
もう一つの理由は、Windowsのマイドキュメントの下にファイルを作ると、ときどきアクセス権限が特定のユーザに限定されてしまう場合があって、ユーザを切り替えたときに、アクセスできなくなってしまうことがあるため。

この別のユーザフォルダを作るという方法は、Windowsの標準ドキュメントの管理外なので、上記のようなメリットはあるものの、ファイルへのアクセスがちょっと不便です。エクスプローラなどからアクセスするためには、エクスプローラで何度かクリックしないとそこにたどり着きません。マイドキュメントフォルダならワンクリックなのですがね。

そこで、そのフォルダに簡単にたどり着けるように幾つかの Windows の機能を使っています。


■マイドキュメントフォルダにショートカットを置く


何かのファイルを編集していて、「ファイルを開く」や「名前をつけて保存」をすると最初に開くのは、マイドキュメントフォルダです。

マイドキュメントフォルダって意外と深い階層にあるので、そこから C: ドライブのルートに戻って、"_usr" フォルダに行ってというのは面倒です。

指がキーボードのホームポジションにあるのであれば、"C:\_usr" ってタイプしてリターンキーが最も近いのですが、マウスを握っているときにこのダイアログが出ると、キーボードに手を戻す必要があります。

そこで、最初に開くであろうマイドキュメントフォルダに "C:\_usr" へのショートカットがおいてあります。
もちろん、仕事用では "C:\_usr\job"、プライベート用では "C:\_usr\Private" への2つのショートカットが作ってあります。

■Listary


"Listary"というのは、Windows 用の常駐ソフト。

 Listary

たとえばファイルを開くときに「開く」というダイアログボックスが表示されますよね。

そこでファイル名を入力するテキストの入力ボックス以外のところにフォーカスを移動して(多分1〜2度TABキーを押せばOK)、ファイル名やフォルダ名をいきなりタイプすると、そのファイルやフォルダが候補として表示されます(インクリメンタルサーチします)。

で、必要なフォルダが見つかったところでリターンキーを押してやると、そのフォルダを「開く」ダイアログボックスにそのファイル名を渡してくれます。

私の場合はこうしたダイアログボックス一度 TAB キーを押してテキストボックスからフォーカスを外して、"job" とタイプしてリターンキーを押せば、そのフォルダへジャンプできます。

よく使うフォルダは登録しておいてやれば候補の先頭に出ますし、検索対象のフォルダを登録しておけば、そこから優先的に表示してくれます。

また、このソフトは実行ファイルでも検索できるので、実行ファイル名がわかっていれば、スタートボタン→アプリ名とやるのではなく、いきなり、実行ファイル名をタイプすればアプリを立ち上げることも可能です。簡易的なランチャーとしても機能します。

■ファイラー


私がファイル操作をするときに最も使用頻度が高いのが、NexusFile という2画面ファイラー。

これで、CTRL+1 とすると、C:\_usr\job フォルダが開きます。
ワンキーでたどり着けるので、個人的にはもっとも使用頻度が高いやり方です。

■タスクバー


タスクバーって、Windows で立ち上がっているアプリの一覧や右側に常駐ソフト、現在時刻が表示されてますよね(標準では画面の下)。

多くの人はこのツールバーはそのくらいにしか使っていないと思います。

ところがツールバーには、自分が定義したメニューを置くことができます。

ツールバーを右クリックして

 「ツールバー」→「新規ツールバー」

を選択してやると、フォルダの選択画面が出ます。

よく使うフォルダやアプリを登録すれば、そのフォルダにあるファイルやフォルダはタスクバーからアクセスできます。

さらに、このフォルダは複数個登録可能で、右よせで表示されますので、マウスでワンクリックで必要なフォルダを開くということができます。
まあ、私はマウスをそれほど使わないので、たまにしか使いませんが・・・

色々登録しておくとその時のシチュエーションに合わせて、自分のよくアクセスするフォルダにたどり着けるので、ちょっと作業が素早くできるようになります。


◆このテーマのおすすめ図書


仕事の成果がみるみる上がる!ひとつ上のエクセル大全

■同じテーマの記事

すべては掃除から始まる

私は以前はホコリとともに暮らしているような生活をしていました。とにかく掃除なんて面倒くさいことをしたくない。「ホコリごときで死んだりしないよ」。それが製造系の会社に入ると一変しました。とにかく 5S(整理・整頓・清掃・清潔・しつけ)を徹底的にやらされるわけです。まあ会社の中でも開発部門だったので、今思うとそれほど厳しくはなかったのですが、当時は「掃除、掃除ってうるさいなあ」と。まあ、「これも給料のうち」なので渋々したがってましたが。その後、なんやかんやあって、..

PDFから画像を「抽出」する

過去記事で、自炊した本を PDF にしてタブレットで読書していると書いてますが、最近は画像ファイルのままクラウドにおいて、そこで読書するようになりました。画像ファイルの便利なところは、・端末に全部ダウンロードしなくても必要なページだけ閲覧できる・保存が無制限に無料でできる(Google Photoなど一部のサービス)ところでしょうか。過去は PDF が扱いやすかったので、多くの自炊本は PDF にしてましたが、もうほとんど PDF は使わないので、順次 PDF を..

IMEのオン・オフを同じキーに割り当てないと操作が早くなる

私は日本語入力システムとして "Google 日本語入力" を愛用してます。こちらのほうが入力効率がいいので。過去に調べたときには、1ヶ月のキーボードのタイプ数が MS-IME より 5〜7% くらい改善しました。理由はおそらく予測変換の精度。さすがに Google はいろんなパターンでどのような単語が多くなるのかよく知っているみたいですね。IME を ON/OFF して使うただ、エクスプローラや愛用のファイラ NexusFile を使うときには、IME..

クイックアクセスツールバーで簡単操作を実現する

「クイックアクセスツールバー」ってご存知ですか?多分多くの人は使っていないかも。Microsoft系のアプリやWindows本体には必ずあって、一度使い方を覚えると、その名の通りクイックにそれぞれのアプリの機能にアクセスができます。エクスプローラでワンタッチで新規ファイルを作るたとえば、Windows エクスプローラ。すでに目的のフォルダを開いているとして、ここでファイルを新規に作ろうとしたときにどのようにしますか?マウスで…マウスでやろうとすると、..

高速ウインドウ切り替えツールSwitcher

複数のウインドウを使って作業をしているときに、頻繁にウインドウを行き来します。そのときに、いちいちマウスを握って、タスクバーのウインドウアイコンをクリックして…なんていう作業はあまり効率のいいものではありません。過去記事瞬時に目的のアプリに切り替える方法で紹介したように2〜3個のウインドウなら ALT+TAB で切り替えるか、WIN+[数字] キーで切り替えるのが高速です。Windows標準機能の限界ただ、Windowsの場合、同じアプリで複数のウイン..

手帳と日誌は連動してこそ力を発揮する

「手帳」。まあビジネスマンならたいてい持ってますね。私は持ってませんが…。何かを記録するときには、「メモ帳」を使います。たまにはスマホの録音機能やスマホのメモ帳。そして、「メモ」から・時間に関する情報を抜き出してスケジューラ・知識・思考に関する情報を抜き出してノート・関連情報や外部情報として OneNote などの情報収集アプリに移動をさせています。手帳の機能はこれらの、スケジューラ、知識、情報を全部詰め込んだものなのです..

posted by 管理人 at 08:37| Comment(0) | PCアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座