2018年02月26日

Google日本語入力のツールを呼び出すコマンド


フリーで高機能な IME である Google 日本語入力の各種ツールを呼び出すのは、言語バーのツールアイコンをクリックしてメニューを選択するのが一般的ですが、「GoogleIMEJaTool.exe」にコマンドラインオプションを渡してやっても、同様の処理が出来ます。

私はちょっとした文章を書いて、「これ、また使うよな…」と思ったものは、最初の数文字だけで変換候補として上がるように、すぐに辞書登録をしちゃいます。その作業自体も効率的にやるためには、思った瞬間に辞書ツールが立ち上がらないと、何を思ったのか忘れちゃいます


■単語登録をワンキーで起動する方法1


単語登録をワンキーで呼び出せるようにするには、

 ・言語バーのツールアイコンをクリック
 ・プロパティを選択
 ・キー設定の選択→編集
 ・編集→エントリの追加

で、

 モード:直接入力
 入力キー:CTRL+F1
 コマンド:単語登録を起動
 
 モード:入力文字なし
 入力キー:CTRL+F1
 コマンド:単語登録を起動

 モード:直接入力
 入力キー:CTRL+F2
 コマンド:辞書ツールを起動
 
 モード:入力文字なし
 入力キー:CTRL+F2
 コマンド:辞書ツールを起動

の4つのエントリを追加してやります。
これで、CTRL+F1/F2 で単語登録と辞書ツールが起動するようになります。


■コマンドラインから起動(AutoHotKeyを利用)


このキー設定で登録する場合、PC や ユーザごとに設定しないといけません(あるいは、すべての PC で同じキー設定をインポートするようにするか)。

私は、合計 7 台のPCを使っているので、それがまた面倒なので、ひとつのファイルを登録しておけばできるように、AutoHotKey で起動できるようにしてみました。これなら、スクリプト(のあるフォルダ)を同期するようにしておけば、どう変更しても、全部同じ操作で作業できるようになります。

辞書ツールを起動するには

 "C:\Program Files (x86)\Google\Google Japanese Input\GoogleIMEJaTool.exe" --mode=dictionary_tool
 
を run コマンドに投げてやれば OK です。

同じく、単語登録をするには、

 "C:\Program Files (x86)\Google\Google Japanese Input\GoogleIMEJaTool.exe" --mode=word_register_dialog

です。

ただし、GoogleIMEJaTool.exe は私の環境なのでパスが違うかもしれません。
エクスプローラで、"GoogleIMEJaTool.exe" を検索してみてください。

ちなみに、パラメータは

 ・手書き文字入力
    --mode=hand_writing
 ・文字パレット
    --mode=character_palette
 ・辞書ツール
    --mode=dictionary_tool
 ・単語登録:
    --mode=word_register_dialog
 ・プロパティ:
    --mode=config_dialog

です。

AutoHotKey に登録するには、AutoHotKey のスクリプトに、以下の行を追加してやれば OK です。

◇――――――――――――――――――――――――――
vk1Csc079 & g:: run C:\Program Files (x86)\Google\Google Japanese Input\GoogleIMEJaTool.exe --mode=dictionary_tool
――――――――――――――――――――――――――◇


この場合は 変換+G を押すと単語登録が立ち上がります。
AutoHotKey の場合、コマンドを " (ダブルクォート)でくくらなくても立ち上がるみたい…。


◆このテーマのおすすめ図書


5時間10分キー入力習得法

できるビジネスパーソンのためのExcel関数&マクロの仕事術

快速エクセル会社では学べない一生モノの時短術

音声起こし技能テスト公式問題集

すべての仕事を3分で終わらせる――外資系リーゼントマネジャーの仕事圧縮術

これだけは知っておきたい「副業」の基本と常識

■同じテーマの記事

AutoHotKeyでIME制御2:IMEの状態をアプリごとに固定する方法

IMEの状態がいまどうなっているかを確実にしる方法は、IME のウインドウ(あの右角にあるあ般……が表示されているやつ。「IMEツールバー」とか「言語バー」って言うらしい)を見るか、何かキーボードで入力してみて反応を見るしかありません。私はキーボードの入力速度がそこそこ早くて(秒間3〜5キー)、ウインドウの切り替えもキーボードでやるものだから、ウインドウの切り替え後すぐに入力を始めると、IME の状態が希望状態じゃあ無くて、無駄打ちすることが結構あります。..

AutoHotKeyでIME制御1:IMEの状態をわかりやすくする方法

IMEの状態がローマ字入力モードだと思って打ち込み始めたら、半角英数モードで、もう一度入力し直しをするような場面がちょくちょくありました。まあ、1〜2文字で気がつけばいいのですが、勢いで入力してしまうと5〜6文字くらい行っちゃうときもあって、結構イライラします。なんとかならないものか…?と調べていたら、ImeTray64 っていうソフトがありました。ImeTray64ただ、メモリ貧乏な私としてはあまり常駐ソフトを増やしたくない…AutoHotKey で..

任意のフォルダに素早くアクセスする方法

過去記事で何度か紹介していますが、私はマイドキュメントフォルダにはちょっとしたショートカットしか入れておらず、普段使うフォルダは別のフォルダにしています。C:\_Usr\jobCドライブの直下に、"_usr" というフォルダを作り、そこに仕事関係、プライベート関係、参考資料(自炊本)などのフォルダを配置しています。この理由は、ひとつの PC を複数のユーザ名で利用しているため。Windows では別のユーザでログインすると基準となるドキュメントフォルダが..

最強のカーソルキー割り当て

キーの中で、おそらくいちばん使うのはカーソルキーとBS、ENTERキーではないでしょうか。ところが何もツールを使わずにキーを使っているとこれらのキーはキー配列の中で端っこの方にあってすぐに押せません。AutoHotKeyでリマップする一番良く使うキーを一番推しやすいところに持ってきておくと操作が素早くなります。カーソルキーは、ずいぶん昔は「ダイヤモンドキー配列(ダイヤモンドカーソル)」と言って、SDEX キーと CTRL キーの組み合わせで実現しているソ..

Excelのタブ切り替えをCTRL+TABにする

タブ型ウェブブラウザを使い慣れていると、隣のタブに移動するにはCTRL+TABCTRL+SHIFT+TABって体が覚えてます。ところが、Excel はタブを切り替えるのにCTRL+PageUp/Downを使わないといけません。これがまた押しにくい。何でこんな仕様にしちゃったんだろう?AutoHotKeyでキーを再定義するで、過去記事でも何度か紹介している AutoHotKey。これでブラウザやExcelのタブ切り替え操作を共通化してしまいます。まず..

IMEのオン・オフを同じキーに割り当てないと操作が早くなる

私は日本語入力システムとして "Google 日本語入力" を愛用してます。こちらのほうが入力効率がいいので。過去に調べたときには、1ヶ月のキーボードのタイプ数が MS-IME より 5〜7% くらい改善しました。理由はおそらく予測変換の精度。さすがに Google はいろんなパターンでどのような単語が多くなるのかよく知っているみたいですね。IME を ON/OFF して使うただ、エクスプローラや愛用のファイラ NexusFile を使うときには、IME..

posted by 管理人 at 09:13| Comment(0) | PCアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座