2019年07月01日

かな漢字変換のモードを間違えなくする方法



私のキー入力速度はだいたい1秒あたり4〜5キー。ちょっと考えながらだと秒間 3キーくらいに落ちますが。

で、よく失敗するのが

 日本語入力の入力モードを勘違いしてキー入力を始てしまう

ことです。

たとえば、英語のメールを書くときに、メールの編集画面を開いて


 Hello! ***

って打つと、なんと日本語入力モード(ローマ字)になっていて

 へっぉ!

って表示されちゃいます。まあ、焦らずに CTRL+O って押せばいいだけのことなのですが、間にリターンキーを押しちゃったりするともう一度入力しないといけなくなる。

ちなみに、Typect っていうフリーソフトでキーのタイプ数をカウントすると、BS キーがダントツだったりする。


■日本語の入力モードは反転させてはいけない


なんでこんな間違いが起きるのかというと、

 半角/全角キーで入力モードを反転させる

というところに問題があるようです。要は、今の状態の反対にするためには、今の状態の把握が必須なのですが、今の状態を知らずにとりあえず反転させると、結果として今の状態が良かったという場合が結構出てきます。


 期待するモード   今のモード
 日本語        日本語
 日本語        英数

入力を始めようとするとき、この2つの組み合わせがあるわけですね。

すでにローマ字モードなら、モード切替は必要ないわけです。これを反射的に半角/全角キーを押してしまうと、思わぬ結果になるわけ。

ようは、期待した動作にするためには、現状に依存した入力モード切替ではなく、必ずこうなるという入力モード切替が必要なわけです。

■一方通行の入力モード切替


ということで、日本語入力の設定でキーのアサインを変えてしまいました。

 半角/全角キー : 日本語(ローマ字)入力
 CAPSキー    : 直接入力

これなら、間違いようがありませんし、必ず意図した結果になります。

■アプリケーションで固定する


もう一つの方法は、アプリケーション毎に固定してしまう方法です。


たとえば、エクスプローラのメイン画面では日本語を使うことはありません。私の場合ならファイラーにウィンドウを切り替えた時点で、かならず英数直接入力モードになってくれていればいいわけです。

ただし、いつも英数直接入力を使っているわけではなく、ファイル名の変更などをするときには日本語も使います。で、Windows君は微妙にお利口なので、それを覚えててくれるわけです。そうすると、キー入力してから「あれ?」になります。

これは別記事

AutoHotKeyでIME制御2:IMEの状態をアプリごとに固定する方法

に具体的なツールの導入方法に書きましたので、そちらを参照。

■同じテーマの記事

マルチモニタを複数のPCで共有するマルチシステム

モニタは正面にあったほうが使いやすいですね。肩がこらないし。ただ、複数台のPCを使っているとどうしてもモニタを見るのに斜め横を見ないとできません。これを改善するには、1台のモニタですべてのPCをサポートすればいいです。すぐに考えつくのは、モニタ切替器。まあ、まっとうな方法です。ただ、切替器にはお金がいりますし、結構高い。そのうえ、ケーブルと分配器が必要なので、机の上がごちゃごちゃします。次の方法は、モニタの入力を分けること。たとえば、アナログRGB入力とH..

スタートメニューで起動するアプリを自動化する

個人的な好みから言えば、インストーラがなくて、ただフォルダにコピーするだけのアプリが好みなのです。しかし、最近の殆どのアプリはインストーラがついていて、環境を勝手に判断してインストールがされるようです。自分で作った AutoHotKey や UWSC などの自動化ツールのスクリプトでそのアプリを起動させようとすると、そのアプリの実行ファイルのありかを調べて、パスを書かないとちゃんと起動させられません。ところが、ときどき環境やバージョンによってインストール先が変わったり..

NexusFileその2(ショートカット)

本日は、ショートカットの作成についてメルマガでは、スナップショットはご紹介できませんので、よろしければ私のブログでご確認ください。 までいらしてください。立ち上げやくするまずWindowsでNexusFileを立ち上げやすくするためにタスクバーにピンどめしてあります。こんな順番で、ブラウザ、NexusFile、メール、エディタ、過去メール(MailStoreHome)の順。こうしておくと、Win+1で..

フォルダの同期・バックアップ方法1:xcopyを使う

最近の Windows ではあまりなくなりましたが、以前の Windows では、突然ファイルが破損して、何日もかけて作ってきたファイルが一瞬にしてパア、なんてことがよくありました。また、Windows のせいだけではなく、誤操作や誤判断でファイルを消してしまう、なんてことも時々あります。人間だからミスはするさ…、フッ………などと言ってみても、内心は呆然。という時のために、バックアップを作るようにしてます。ただ、手動でバックアップをすると、手間でもあるし、つい忘れて..

意思がうまく伝わらない人に足らないもの

よく「話題をひとつに絞る」と良い結果が得られると言われます。話したいことがいくつもあって、それを全部話そうとするとひとつも伝わらない、みたいな。これは経験的にも実感があります。意図を伝えられない普段の会議なんかでも、よく喋ってるけど、言語明瞭意味不明なひとがいます。しばらく聞いていないと、何について話をしているのかがさっぱり見えない。ひどい場合には最後まで何がいいたいのかわからないときも…こういう人は、技術スキルは..

一番になる

「日本で一番高い山の名前は何ですか?」答えを知ってますか?まぁ、小学生でも答えられますね。では次の質問、「日本で2番めに高い山の名前は何ですか」私は知りません。(^_^;;※ちなみに、この記事を書くためにWikipediaで調べたら、南アルプスの北岳だそうです。※なんか、北とか固有の名前でないところがいい加減ですね…。※※さらに余談ですが、ナンバーワンとか一番とか言うと私は※ランチェスターとジャック・ウェルチ※を思い出します。1番以外は意味が無い一..

posted by 管理人 at 06:09| Comment(0) | PCアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座