2018年09月03日

論理が飛躍すると理解不能になる


ときどき話していて、「どうしてそういう結論になるのか」理由がよくわからない発言をする人がいます。まあいつもではないにしろ、

 「何がどうしてそういう話になるんだ?」

と感じてしまうと、その後の話もさっぱり見えなくなります。

■論理の飛躍に注意


「論理」というのは難しい話ではなく、

 A は B である。
 B と C は同じものである
 したがって A は C と同じである

みたいなやつ。

で、それが連なると、

 風が吹けば桶屋が儲かる

という論理が出来上がるのですが、この中間をすっ飛ばして、「だから、風が吹けば桶屋が儲かるんだよ」って言われても「は?」になっちゃいます。これが論理の飛躍って言うやつですね。

こういうのに注意しましょうというのは基礎的なビジネス書ではよく出てくるのですが、これは私の知る中で最もわかりやすく書かれた部類の本です。

あまり大仰にかかれていないので、「論理なんてよくわからないし…」という方にはおすすめ。


★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●論理の飛躍に他人はついてこられない
あっ、それから話が飛ぶ人がいます。突然、まったく違う話が始まっちやうんですよね。「えっ、何? 何で?」という感じで、それまでの話と何の関係があるんだろと考えていると、また違う話になってるんですよ。結局、最後まで何が言いたいのかちっともわからなくて。

そういう人は、他者意識も論理もまるで頭にないんだろうね。その人は自分の話したいこと、思いついたことをそのまま話しているだけなんだろう。自分の話が相手の耳にどう届いているか、理解されているかなんて、考えたことがないのかもしれない。

人間は、いろいろなことが脈絡もなく浮かんでくるものだ。あることを考えていたのに、気がついたらまったく別なことを考えていた、ある一つのことから次から次へといろんな連想が膨らんでいって、最初に考えていたこととは全然関係ないことになっていた、そんな経験は誰にでもあるはずだ。

あります、あります。考え事をL ているとき、気がついた{り最初とはまるで違うことを考えていて、「あれっリ」って思うこと。それに、友達とおしゃべりしていて、いつの間にか、まるっきり違う話題になっていたり。フアツションの話をしていたのに、旅行の話になっていて、友達と「あれワ何で? 」って、顔を見合わせることもありますよ。

人間の意識の流れというのは、脈絡がないことが多いものなんだ。だから、話をするときには、自分が何を言いたいのかを明確にして、論理を意識しなくてはならない。頭に浮かんだことをそのまま口にすると、話は脈絡がなくなって、相手は混乱してしまう。さっきゆいちゃんが話していた会社の人みたいにね。

他者意識が持てない、つまり、人は自分の話を簡単には理解してくれないという意識がない人は、前後の脈絡や論理など考えずに、頭に浮かんだことをそのまま話してしまう。だから話はあっちこっちに飛び、論理は飛躍して、聞いている人はついていけなくなる。

でも、本人には他者意識が欠如しているから、そんな自分の話を相手は理解していると思っている。話を聞いている人からしたら、迷惑この上ない、困りものだよ。

出口汪(著) 『出口汪の論理的に話す技術
――――――――――――――――――――――――――――★


本書の引用した部分では、「思いついたことを思いついたまま話さない」というとっても単純でとっても深いことを示唆しています。

何気ない雑談のときには、あるていどは許容できますが、実際ビジネス会話では、なにか目的(言いたいこと)があって、それに向かって論理を組み立て、その論理に従って発言をするわけです。だれかが「赤い××が…」と話したのを聞いて、突然「赤って情熱でしたよね」って発言されると、「何が言いたいんだ、こいつ?」になっちゃいます。その後にちゃんと議論を進められるような話につながればいいんですけど、単に「赤」から連想したものについて話しているだけだと、最後には「お前の話は時間の無駄だから発言禁止!」なんて言われかねません。

そんなバカな、と思うかもしれませんが、意外とこういう手合の発言があるんですよ。気をつけて聞いていると。

■結論を決め、筋道を組み立ててから話す


話を複雑にしないコツは、最初に結論を決めることをしてから、話し始めることです。

 結論は○○である
 ○○を理解してもらうためには、▲▲と▼▼の説明が必要である
 ▲▲を説明するためには△△について話さないといけない

と考えてから、おもむろに△△について話始めないといけないわけです。

まあ、頭のいい人なら、それを瞬時に頭の中でやれるのでしょうけど、私のような凡人は、一旦紙に書くか、最初に「○○だと考えます」と結論を言ってしまわないと、話があらぬ方向に行くときがあります。散々喋ったあとに「で、私の言いたいのは何だったでしょうか?」って他の人に聞いて呆れられる……

簡単なメモでいいので、メモ帳に書いてから話し始めると、ちょっと論理的に話せるかもしれません。



■参考図書 『出口汪の論理的に話す技術




「残念な人」に思われない話し方のすべて!
なぜ、あなたの話し方は伝わらないのか?
累計600万部突破のカリスマ予備校講師出口 汪氏が贈る、「確実に伝わる話し方」のすべて!
本書があれば、「伝わらない」「わかってもらえない」「信用されない」などの、日頃のイライラから永遠に解放されます! !


社会人も3年目に突入し、仕事にも慣れ、目標の「できる人」にも少しずつだが近づいてきたOLゆい。
彼女の最近の悩みは“どうすれば、大事な場面できちんと伝わる「話し方」ができるのか"だった。

そんな彼女の前に“伝わる「話し方」をするのは、誰にでもできること! "という熱いメッセージを送る、カリスマ講師出口先生が再び現れる。
果たして彼女は「伝わる話し方」をマスターできるのか?
また、ゆいの鋭い質問「恋愛にも論理的な話し方が必要なのですか?」に出口先生はどう答えるのか?

本書の主な内容は以下の通りです。

●「愛」って言葉を信じるな!
●基本はやっぱり論理語と他者意識
●感情語ばかりだと恋愛もうまく行かない
●まったく信用されない人の話し方とは
●接続後はこう使うべき!
●主張をするならやるべきこととは?
●単なるKYで終わらないための秘訣
●相槌こそ最強のテクニック
●つかまえるべきは文脈!
●あなたはどんな風に「聞いて」ますか?

読み終えたときには、あなたも主人公ゆいと同じように、大事な場面で失敗しない「論理的な話し方」をマスターしていることでしょう。
プレゼン、司会の達人になることも夢ではありません!

イラストには前作『出口 汪の論理的に考える技術』同様、『マンガで分かる心療内科』シリーズで大人気のソウ氏を起用。

前作以上に楽しく読めて、しかも「論理的な話し方」が簡単にわかる内容。
「伝わらない」「わかってもらえない」と悩むあなたにおススメの一冊です。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

出口汪の論理的に話す技術
著者 :出口汪
楽天では見つかりませんでした
出口汪の論理的に話す技術
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 意思がうまく伝わらない人に足らないもの
 知識のストックが生み出すもの
 失敗を恐れず、発言の機会を求めよう
 発言は文章で書いてからそれを読み上げるように

●このテーマの関連図書


出口汪の論理的に考える技術(ソフトバンク文庫)

出口汪の論理的に書く技術(SB文庫)

出口汪の「すごい!」記憶術(SB文庫)

出口汪の「好かれる!」敬語術(SB文庫)

論理思考力をきたえる「読む技術」(日経ビジネス人文庫)

[出口式]脳活ノート



■同じテーマの記事

手帳と日誌は連動してこそ力を発揮する

「手帳」。まあビジネスマンならたいてい持ってますね。私は持ってませんが…。何かを記録するときには、「メモ帳」を使います。たまにはスマホの録音機能やスマホのメモ帳。そして、「メモ」から・時間に関する情報を抜き出してスケジューラ・知識・思考に関する情報を抜き出してノート・関連情報や外部情報として OneNote などの情報収集アプリに移動をさせています。手帳の機能はこれらの、スケジューラ、知識、情報を全部詰め込んだものなのです..

コーチングの罠

「きみならどうしたいと思う?」「きみは、次にどうする?」最近良く聞くようになったセリフですね。管理職になったり、管理職直前の人に対して、人事教育の一環としてコーチング研修をする会社が増えましたし、ビジネス書などにもよく出てきます。でも、これを無条件に使おうとする上司がいたり、そういった説明をするコーチングの講師がいたりすると、ちょっとむっとします。数年前ですが、講師に噛み付いたことがありました。「自律的に考えて、こちらの思ったことができる部下なら、自分の経験で..

プライムタイムを見つける

あなたの一番作業が捗る時間帯はどの時間帯でしょうか。私の場合は、午前中は10時前後と、午後3時前後時間帯。もっとっも作業効率が悪いのが、夕方5時以降。あと曜日によっても若干のばらつきがありますが。この最も作業効率が高い時間帯に、重要なタスクを割り振るとすごくはかどるし、結果もいいものができます。ところが、この時間帯人によってバラバラだし、年齢によっても違うみたいです。20代の頃は夜8時くらいから12時(深夜ですね)くらいまでが最も効率が良かった記憶があります。この一番..

討論・議論・対話

打ち合わせの種類よく打ち合わせをしていて、白熱してしまって、もともとどういう結論を出したかったのか忘れちゃうという失敗をして、日誌に「あ〜。今日やってしまった。議論を効果的に進められなかった」などと反省を書くのですが、またすぐ忘れて、論点の枝葉のところで白熱してしまう。ということで、今日はなるべく意識している打ち合わせの3種類について整理してみたいと思います。ただし、国語辞典などで引くと、これらには余り意味の差はないようです。つまり、以下は私が勝手に決めている定義な..

知識のストックが生み出すもの

私自身が気に入っている自分の性格というと「面倒くさがり」です。とにかく面倒くさいことが嫌いです。以前の記事で「初手、王手飛車取り!」という記事を書いたのですが、何事もそんな感じ。とにかく一直線にゴールに行きたい。できることならワープがしたい。知らないことはできない何をするにしても、最短距離でやりたいのですが、最短距離で行くためには、どのコースが最もゴールに近いのかを知らないとできません。なので、「知るため」に結構多..

posted by 管理人 at 15:44| Comment(0) | 交渉術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座