2019年05月06日

AutoHotKeyとMouseWithoutBordersの共存のためのスクリプト



過去記事で何度か書いてますが、会社でも自宅でも複数台のPCを運用しているので、MouseWithoutBorders が必須です。さらにキータイプを楽にするために、AutoHotKey も必須。

ところがこの2つは、両方ともキーボードやマウス操作をフックするプログラムなので、あまり相性がよくありません。


MouseWithoutBorders で別の PC(キーボードがつながっていないPC)を操作しているときに、マウスホイールが効かなかったり、こっちの PC を操作していると思ったら、別の PC の操作になっていて、間違えて ALT+F4 で関係ないアプリを閉じちゃったり。

なんとか回避できないものかと考えていたら、MouseWithoutBorders でアクティブではない PC で、AutoHotKey を一時停止させれば…と思い立ちました。


■AutoHotKey を Susupend して、メッセージを表示する


結構困ったので、いろいろ調べているうちに思いついたのが、

 ・操作対象じゃない PC には目立つようにメッセージを表示させる
 ・操作対象じゃない PC では AutoHotKey を suspend させる

と結構うまくいくことがわかりました。

それがこちらのコード。

。。。おっとぉ!!
そのままコピペしても動きませんよ
使い方は、下のメモを読んで

■コード


★――――――――――――――――――――――――――
SetTimer, MouseWithoutBordersTest, 200
;
MouseWithoutBordersTest:
MouseWithoutBordersTest()

MouseWithoutBordersTest() {
static susm := 0 ; 今 Suspend しているかどうか
static susk := 0 ;

CoordMode,Mouse,Screen ; スクリーン座標にしないと場所がわからない
MouseGetPos, MX, MY
if (TestRange(MX, 640, MY, 400) || TestRange(MX, 384, MY, 683) || TestRange(MX, 960, MY, 640)) {
; この上の行は MouseWithoutBorders が切り替わったときにマウスカーソルの位置
; を固定するのを利用しているので、ユーザの環境依存です
if (susm == 1 && A_PriorKey != susk) {
; マウスが所定位置にあっても、状態が変化していたら Suspend 解除
; ・Suspend したときの最後のキー(ALT のはずだけど)
MouseMove, MX+5, MY+5 ; もう引っかからないようにする
Suspend, Off ; Suspend 解除
susm := 0 ; 状態フラグ
susk := 0
Tooltip
} else {
Tooltip, Now Suspending %MX% + %MY% + %susk% : %A_PriorKey%
susm := 1
susk := A_PriorKey ; AutoHotKey が最後に検出したキー
Suspend, On
}
return
} else if (susm == 1) {
; マウス移動で MouseWithoutBorder を切り替えたときにはここに来る
Suspend, Off
Tooltip
susm := 0
susk := 0
}
return
}

TestRange(mx, rx, my, ry) {
if ((Abs(mx - rx) <= 2) and ((Abs(my - ry) <= 2)))
return true
return false
}
――――――――――――――――――――――――――★


■これを使いたい方向けの改造方法


このコードは私の環境に特化しているので、そのままでは多分うときません。

まず、現在の環境を調査する必要があります。

●MouseWithoutBordersの固定位置の取得
Windows SPY (AutoHotKeyに同梱されているアプリ)を立ち上げて、MouseWithoutBorders で PC の切り替えをしてください。
そうすると、"Mouse Position" という項目の "Absolute" という行にマウスの位置が表示されていて、当然ながら、MouseWithoutBorders で他のPCにマウスの移動制御が送られてしまっているので、マウスを動かしても、その値は変わらないはずです。

この位置が、MouseWithoutBorders が操作対象PCを切り替えているときに、マウスを固定している位置です。

それぞれの PC でこれを調査してメモってください。

私の場合は、

 PC1: x=640 y=400
 PC2: x=384 y=683
 PC3: x=960 y=640

でした。

で、これを

if (TestRange(MX, 640, MY, 400) || TestRange(MX, 384, MY, 683) || TestRange(MX, 960, MY, 640)) {
; この上の行は MouseWithoutBorders が切り替わったときにマウスカーソルの位置
; を固定するのを利用しているので、ユーザの環境依存です

の行の数字に置き換えます。
多分、モニタの解像度や接続台数に依存していると思われますので、環境ごとに確認してください。

2台しかPCがなければ3つ目の "|| TestRange(MX, 960, MY, 640)" 部分は不要です。逆に4台以上あるときには、"||" でどんどんつないでいってください。

なお、これは状況によって 1〜2 ピクセルずれることがありますので、判定関数 TestRange にてその範囲内ならOKにしてあります。もし、もっと大きく動くようなら、TestRange 関数内の

  if ((Abs(mx - rx) <= 2) and ((Abs(my - ry) <= 2)))

の "2" を大きくしてみてください。判定が甘くなります。

●スクリプトへの組み込み
なるべくキーの定義をしたスクリプトの最初の方に、上で編集したプログラムを貼り付けます。

これで、リロードしてやれば、現在アクティブじゃないPCには、画面のほぼ真ん中あたりに

 Suspending ......

とポップアップで表示されるはずです。このときは AutoHotKey は Suspend していますので、AutoHotKey のアイコンは "S" になっているはず。

●反応が鈍い
検出周期を 200ms にしていますので、ちと反応が鈍いな…、という方には、

  SetTimer, MouseWithoutBordersTest, 200

の最後の 200 を適当に小さくしてください。反応が早くなります。ただし、それだけ繰り返し処理をすることになるので、CPUリソースは若干多めになるかもしれません。まあ、適当なところで。

■現時点わかっていて放置している不具合


●リモート側のマウスを勝手に動かしてしまう時がある
再現性がないのですが、リモート側にMouseWithoutBordersを切り替えているときに、キーがつながったPCでキー押下をAutoHotKeyが検出してしまうことがあります。
今プログラムでは、なにかキーの辺があると、自分のところに制御が戻ってきたかと思って、マウスを動かしてみるのですが、それがリモート側のPCに伝わっちゃう(制御が戻ってきてない)みたいです。

これは、MouseWithoutBorders の設定を弄っていると治ることが多いです。
 Move mouse relatively
 Use Key Mappings
あたり。

●戻ってきても自動的にSuspendを解除しないときがある
これも原因がよくわからない。
とりあえずマウスを動かしてやるか、何かのキーを適当に押してやると復旧します。

●ときどき妙…?
ほかにも若干、妙な動きをする時があるのですが、「ん?」と思ってもう一度やると再現しないので放置してあります。


■完璧じゃない


制限事項として、このスクリプトは、MouseWithoutBorders の状態を直接見ているわけではないので、期待通りに動かない場合や、何かの拍子に、Suspend 解除されてしまうことがあります。

逆に、制御を戻しても、Suspend が解除されなかったり、モニタのつけ外しをすると勝手に起動する場合もあります。そのときには、ポップアップの最後の方に書いてあるキー以外のキーを押せば(たとえば、"Alt" って表示されていたら、SHIFT や CTRL)を一度だけタップしてやるか、マウスを動かせば解除されます。


また、今後の MouseWithoutBorders の仕様変更によっては動かなくなることがあります。

まぁ、「使える場面では使える」程度に思っててください。

より完璧な方法をご存知の方は教えてくださいませ。

最後にお約束。
☆――――――――――――――――――――――――――
このプログラムやそれに類する方法によって、あなたの環境や大切なファイルにダメージを与えたとしても、当方は一切責任は負えません。自己責任でお願いします。
――――――――――――――――――――――――――☆


■同じテーマの記事

ファイルにコメントを付ける

以前の記事「整理しないで検索する」で紹介しましたように、ファイルをフォルダに分けて検索するのは、・分類の手間・検索の手間と2重の手間が必要で、仕事の効率化にはなりません。しかし、ファイル名がいい加減だと検索も結構手間なので、ファイルの保管(JGrepperと「超」整理法)で書いたように、Jgreperなどを使って本文内キーワード検索をするようにしてます。それでも画像ファイルや実行ファイル、テキストファイルなどは、ちょっと加工しておかないと、うまくキーワ..

マウスを外してPCを使うと操作が早くなる

どのPCにも1台1個、マウスがついてますよね。私のPCにはダブルマウスで紹介したように2個ついてますが…。PCの操作を早くするためにはトレーニングがいる以前の記事で何度かブラインドタッチのトレーニングをすることをおすすめしましたが、もしブラインドタッチがある程度できるようになったら、今度はマウスを使わないトレーニングをしてみるとPCの操作が劇的に早くなります。ただし、これは操作の慣れが必要で最初は効率が落ちます。ただそこで挫けてしまうと改善はできませんの..

リストの活用方法

おそらく、皆さん、いろいろなツールでタスクリストを管理していると思います。『あなたはなぜチェックリストを使わないのか』という本に、発展途上国で医者に対して手術のためにチェックリストを導入したら、医療事故(手術をしたことによる合併症の発症)が半減したという報告が書かれていました。この他にも、飛行機は発着の前後にあらゆる階層の人がチェックリストを使って作業のチェックをしているのは有名ですね。でも実はリストには弊害があって..

スタートメニューで起動するアプリを自動化する

個人的な好みから言えば、インストーラがなくて、ただフォルダにコピーするだけのアプリが好みなのです。しかし、最近の殆どのアプリはインストーラがついていて、環境を勝手に判断してインストールがされるようです。自分で作った AutoHotKey や UWSC などの自動化ツールのスクリプトでそのアプリを起動させようとすると、そのアプリの実行ファイルのありかを調べて、パスを書かないとちゃんと起動させられません。ところが、ときどき環境やバージョンによってインストール先が変わったり..

年収1000万円の貧乏人、年収300万円のお金持ち

本日は、ちょっと毛色の変わった本の紹介。このブログの趣旨とはちょっと外れますが、サラリーマンにとって大切なことが書いてあるのでご紹介します。年収1000万円の貧乏人 年収300万円のお金持ちコメント本書のベースになっているのは以下の2冊だと思われます。・金持ち父さん貧乏父さん・マーケットの魔術師 この他にも、投資関連の良書として・新マーケットの魔術師 ・魔術師たちの心理学 が紹介されています。いずれも読んだのですが、「金持ち父さん貧乏父さ..

システム手帳は使わない

あなたはシステム手帳をお持ちでしょうか?システム手帳って、あのリフィルで、ちょっと革のカバーが付いてて、スケジュールやらメモやらが書けるアレです。活用してますか?私は使ってません。以前の記事で書いたように普通のキャンパスノートを加工して使ってます。さすがに他の会社の人との打ち合わせの時には、普段使ってないちょっと見た目のいいノートを持っていきますが、実はこの加工したマイノートのほうが使いやすかったりします。システム手帳は使ってはいけないシステム手帳のメリ..

posted by 管理人 at 10:03| Comment(0) | PCアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座