2019年08月27日

仕事や勉強のインターバルの効果的な使い方


ポモドーロテクニックにあるように、人間の集中力には限界があります。よく言われるのが1時間〜2時間が限界というもの。ポモドーロテクニックだと、30分ごとに時間区切り、25分集中5分休憩などとしていますね。

ところが、この休憩時間をどう使うかということは書いてないものが多いです。

休憩というと、なにか飲み物を飲んだり、席を立って体を動かしたり……と、「たり」ばっかりです。つまり、「作業でないなにか」でしかないわけです。


どうして誰も説明してくれないんだろう?

■30分ごとに休憩が取れるか?


ポモドーロテクニックは私もよく使ってます。

 「よ〜し、これから30分でこれを仕上げるぞ!!」

って、タイマーを書けると俄然集中モードになります。1日に何回もできるわけではありませんが。

で、30分後に「よ〜し、できた!!じゃぁ休憩」って1時間位ぼんやりWebを眺めて……(こういうのを「バカ」って言うんだな〜)。

とはいえ、30分ごとにコーヒーを飲んでたら多分糖尿になる(私はコーヒーには砂糖を入れる派)。
30分ごとにタバコを吸いに行けばさすがにまずかろう……


■休憩をするのではなく、頭の使い方を切り替える


私はよく本をOCRしておいて、それを読み上げソフトで聞きながら散歩するのですが、これが意外に良いです。散歩するという健康に良さげな軽い運動をしながら、ビジネス書を読んだり、小説を読んだりできるわけです。このおかげで年間200冊超の本を読んでます。

ところが、この読み上げをしているときに話しかけられたりすると、相手の話もわからないし、読み上げをしている本のスジもわからなくなります。聖徳太子じゃないんだから…。

何が言いたいかと言うと、脳の使う部位が違っている(運動に関するものと思考に関するもの)と、同時処理ができるのですが、思考や聞き取りという同じ部位を使うものは同時動作(いわゆるマルチタスク)できないんですよ。

逆に言うと、脳は今使っている部位以外は実は何もしていない。

なので、何かの提案書のアイディアを考えているときには、運動を伴うようなもの(たとえば、タイピングだとか文章・プレゼン資料の仕上げみたいなもの)は休憩しているわけです。あるいは、読書をするような作業も同じです。

なので、休憩ではなくて、

 異なる作業をする

というのが脳にとってはインターバル(休憩)になるわけです。

★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●休時間の意外な使い方とは?
私は体想時間に読みたい本を読むようにしています。「休の時間に読書をしたら、脳の休想にならないのではないか?」と思う方もいるかもしれません。でも、勉強する科日が違えは、またはインブットする情報の種類が違えは、人間は使う脳の場所が違うようなのです。

単に説明すると.数学の勉強して飽きた場合.数学の勉強に飽きたのであって、勉強自体にきたわけではあリません。勉強する科日を切リ替えて、こんどは埋料の勉強をすれば、すんなリ続けられるわけです。ある一つのことを勉強し、休想時間に読書をするわけですから.私の勉強や読書の効率は飛躍的に上がりました。

ある兼業作家は、机を2つ持っているそうです。一方の机で小説を書き、それに行き詰まったら(飽きたら)、もう一方の机に向かい別の仕事をしますそれに飽きたら、また最初の机に向かって小説の創作活動に戻ります。

これはインブットやアウトブットする情報の種類が違えば脳はれないことの証明です。

ですから、たまされたと思って休懇時間に未読本を分程度読んでみてください。勉強の合間の休想時間を有効活川すると、月に1〜2冊の本はあっという間に読めます。これで「忙しくて本が読めない」という言い訳はなくなリます。

私はアメリカ留学中には、休時間に日本から持って行った司馬遼太郎の本を読んでいました第英語漬けの生活の中で、しはしホッとする時間が持てたのを覚えています。

古市幸雄(著) 『「1日30分」を続けなさい!人生勝利の勉強法55
――――――――――――――――――――――――――――★


つまり、ポモドーロテクニックにおける5分というのは、休憩ではなくて別の作業への切替時間(いわゆる段取り時間)にするわけです。

さすがに本書で紹介されているみたいに、机を2つ持つわけには行かないので、一旦今だしている資料を片付ける、開いたウインドウをすべて閉じる。そうして、新しい気持ちになって、種類の異なる作業をするというのが、仕事の処理効率の面でも、健康にもいいみたいですね。



■参考図書 『「1日30分」を続けなさい!人生勝利の勉強法55




人生の勝利に学歴は関係ない!社会人になってからどれだけ勉強するかが、その人の人生を大きく左右する。あまたある既存の“勉強本”に足りない「具体的な勉強法」を詳細にき詰っている人、スキルアップを図りたい人、老いも若きも、男も女も・・・・輝く人生を手にいれたい人のための福音書になるはず!「な~んだ、こんな簡単なことでいいのか!?」のノウハウ満載。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

「1日30分」を続けなさい!人生勝利の勉強法55
著者 :古市幸雄
楽天では見つかりませんでした
「1日30分」を続けなさい!人生勝利の勉強法55
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 就寝時間は制御できない。制御できるのは起床時間
 腹五分目

●このテーマの関連図書


フィードバック

フィードバック

フィードバック

フィードバック

フィードバック

フィードバック

フィードバック



■同じテーマの記事

キャリアのためにすべきこと、してはいけないこと

キャリアサラリーマンとして、「キャリア」と言えば業務経験と職位と社内外の知人の豊富さでしょうか。その中でも特に1つだけであれば、やっぱり職位が上がるというのは、会社の中であなたの能力が認められたという点で、一番嬉しいですかね。当然、職位が上がれば収入も上がります。これもうれしい面ですね。では、職位が上がるためには何をしなければならないかというと、当然仕事で結果を出すことですが、それだけでは不足です。特に上司との人間関係には注意しなければなりません。ここで言う上司とは..

スキマ時間にやることを決めておく

前の会議が早く終わった、電車が来るまでちょっと時間があるなどのときにどんなことをしていますか?この本『時間資本主義の時代:あなたの時間価値はどこまで高められるか?』にはこんなことが書いてありました。そもそも、いま、なぜ企業や消費者が「時間価値」という古くて新しい考え方に影響を受けて行動ハターンを変えているのだろうか?考えうるポイントは 2 点ある。第一のポイン..

「孫子の兵法」を実践してはいけない

「孫子の兵法」はいろいろな本で触れられる事が多く、いくつかはサラリーマンにとっても意味のあるものがありますので、全面的に否定するつもりもありませんが、基本的にはサラリーマンが読む必要がないものというふうに位置づけてます。すなわち、「孫子の兵法」は戦争(集団同士によるなにかの奪い合い)を指導するものが参考にするために書かれたものであって、イチ兵隊であるサラリーマンがどうこうできるものは少ないです。たとえば、孫子の兵法の冒頭は以下の..

部下力のみがき方3:キーメッセージ

結構久しぶりですが、ビジネス書をご紹介します。図書名称:上司を上手に使って仕事を効率化する「部下力」のみがき方著者:新名史典いかにもサラリーマンに向けの本なので、読んだことがある方も見えるかも。私のブログでも時々引用させて頂いています。とくにポイントだと思うのは上司が仕事のボトルネックという点。仕事の効率を挙げるためには、上司をうまく巻き込んで行くことが重要。その点を「上司を上手に使う」と著者は表現しています。..

ドラッカー:リーダーシップ力診断

本日は、『まんがと図解でわかるドラッカー リーダーシップ論』から、ドラッカー流リーダー力診断をご紹介します。以下のリストにある項目に、そう思うなら「はい」、そうでないと思うなら「いいえ」で答え、「はい」の数を数えてみてください。・リーダーは、自分の得意分野に優秀な人材を集めることで組織に「強み」を作るべきである・リーダーは意思決定を下したら、あとは全て現場に任せること。役..

特別な日を作る

実は、毎月1回は強制年休の日を作ってます。別になにか特別な用事があるわけではないですが、スケジューラには、毎月何処かに今日はお休みと書いてあって、スケジュールが完全に予約されちゃってます。大体会社に勤めていれば、年間15〜30日の年休(有給休暇)がもらえます。でも、多くの人は、消化しきれないのではないでしょうか。わたしも、大分余らせるクチですが、最低でも年間12日は消費しようと、毎月強制的にお休みの日を作ってます。予定を入れない日以前は、直前になっ..

posted by 管理人 at 17:10| Comment(0) | 時間術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座