2015年12月25日

楽しい仕事はない。楽しめる仕事はある



仕事、楽しいですか?

私は、「どちらかと言うとそうかな」です。

★P〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

仕事がつまらないという人にアドバイスするとしたら、僕は次のいずれかをお話しします。

 「つまらない仕事はない」
 「楽しい仕事なんてどこにもない」

「はじめに」でも述べたように、この 2 つは一見逆のことを言っているようですが、言いたいこととしては同じです。どちらも「仕事が楽しくなるかどうかは自分次第」という意味なのです。
 :
 :
トム・ソーヤーの物語にも有名な話があります。

罰として塀のペンキ塗りを課せられたトム・ソーヤーは、その仕事がとても嫌でしたが、たまたま通りかかった友人の前で楽しそうにやってみせます。すると友人から「僕にもやらせてよ」と頼まれます。

トム・ソーヤーは仕事を友人にやってもらったうえに、お礼としてリンゴなどの物品まで手に人れることに成功しました。彼は、「他人の仕事は面白そうに見える」ことをうまく利用したのです。

一見華やかな外資系企業に動めている人たちにも、こんな図式があります。

一般企業の人はコンサル企業に憧れる。コンサル企業の人は投資銀行に憧れる。投資銀行の人は投資フアンドに憧れる。投資フアンドの人は十分お金を稼いでいるので、 NPO で社会買献をしたくなる。でも NPO は世間からあまり注目されない。それなら一般企業で働いたほうがいいんじやないかと考えを改める。

一周して一般企業に戻ってきました。

結局、どっちの仕事が楽しいかなんて、誰にも分からないことなのです。

唯一の例外は、その業種が好きだという人。パンが好きだからパン屋さん、服が好きだから服屋さん、音楽が好きだから音楽家というような人にとっては、楽しい仕事というのが明確だと思います。

それ以外の多くの人にとって、「楽しい社事」がどこかにあるわけではなく、「仕事を楽しめる自分がいるかどうか」ということなのです。

岩瀬大輔(著) 『入社10年目の羅針盤
――――――――――――――――――――――――――――★


一言で言ってしまえば、

 楽しい仕事があれば幸せだが、仕事を楽しめれば十分

ということですかね。全く同感です。

■「楽しい」より「楽しむ」


「楽しい」というのは、「楽しんでいる自分」がいるから得られる結果であって、それをどうこうすることはできないのではないでしょうか。

それよりも、「楽しんでやろう」と自分が何かすることで、楽しくなるのではないかと思います。楽しいかどうかは与えられるものではなく、自分が積極的に楽しめば、それでいいのかと。

私の場合、

 知的好奇心が刺激される
 「自己効力感」が味わえる

というのを「楽しい(気持ちが前向きになる)」と感じるようなので、仕事の中にそういう要素を発見しようと努めてます。こういうツボは人それぞれですし、ツボは年齢や環境にも影響されるので、本書のように、一概に「何をするといい」と決めつけられるものではないと考えてますが、多くの場合、自分が何かに積極的に参加している感があると「楽しい」と感じられるらしいです。

仕事も、「オレが工夫して変えてやろう」と思うと楽しめるかもしれません。でも、自分のやりたいことだけをやらせてもらえるわけでもなく、苦痛なこともありますので、やっぱり、「楽しい時もあれば、そうでない時もある」という感じですか。



■参考図書 『入社10年目の羅針盤


右肩上がりの時代なら、一流企業に就職し、順調に出世して、経済的にもゆとりのある暮らしを築くことが、共通した幸せの概念だったかもしれない。しかし人々の間で物質的な豊かさよりも精神的な豊かさが求められている昨今、若い人たちも、上を目指すだけでは自分の幸せにたどり着くことができないことに気づき始めている。よく「最近の若者は出世欲がない」などと言われるが、出世の先に自分の目的とする場所があるわけではないということを、感覚として分かっているからではないだろうか。

入社10年目というと、30歳前後の若手ビジネスパーソンにあたる。経験を重ね、スキルも身についている頃だが、責任も与えられ、部下を束ねている人もいる。私生活でも結婚や出産を意識するなど、考えることの多い年代だ。若い頃はただがむしゃらに進めばよかったかもしれないが、30代以降はしっかりと方向を定めて進んでいかなくては目的地にたどり着けない。

うまくいかない時、つまらない仕事をしなければならない時もあるだろう。しかし自分の目標が定まっているのであれば、それを平然と乗り越えていく術も必要だ。

 失意泰然(しついたいぜん)、得意淡然(とくいたんぜん)。

うまくいっていない時こそどっしりと構えよ、うまくいっている時こそ謙虚であれ、といった意味合いの言葉だ。この本でも紹介している。

◆アマゾンで見る



書名 :入社10年目の羅針盤
著者 :岩瀬大輔

◆楽天で見る


 
入社10年目の羅針盤

入社10年目の羅針盤
著者:岩瀬大輔
価格:1,470円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る





posted by 管理人 at 06:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネスマインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月03日

弱音を吐くな

私が子供の頃、よく言われた記憶があるのが

 「男が弱音を吐くんじゃあない!」

ということば。記憶に残っているというのは多分やたら弱音を吐いていたんでしょう。

以前の記事でもいくつかの忌み言葉をご紹介しましたが、今回は「弱み」という忌み言葉のご紹介。

■才能がある人は弱音を吐かない


多くの著名人、歴史上の偉人の記録で、「よく弱音を吐く」人は私が知るかぎりほとんどいません。
「時々弱みを見せる」人はいましたが。

ビジネスの現場は弱肉強食とか言われますが、平凡なサラリーマンにとっては、「相手を食ってやろう」まで冷酷にはなれませんが、「人間は平等であり、公平に扱われなければならない」とか、「強さと弱さが共存してこそ人間味がある」などというお題目を信じるほど、私は若くもありません。

弱みを見せるというのは、親近感を得られるという効果はあっても、尊重されるとか重く見られるという効果に対しては逆効果である場合が多いです。

超強力なリーダーが側近の本の一部のひとにだけ、時々ぽつんと弱みを見せるからその人達に対しては絶大な忠誠心を起こす効果があるのであって、適当に会社からリーダーを任されている程度の凡人がそんなことをすれば、リーダーとしての権威に傷をつけるだけのことです。

とある心理実験で、

 「よし、やれそうだ」
 「これでダメなら、次は○○してみよう」

と発言する人と

 「難しすぎる…」
 「ダメだ」
 「ムリだ」

と発言する人を評価してもらった所、周囲にいい影響をあたえるのは前者だったそうです。
そりゃそうですよね。後者のような発言ばかりをする人と積極的には一緒に仕事をしたくはないですよね。

■忌み言葉


以前の記事でもいくつかの忌み言葉をご紹介しましたが、今回は「弱み」という忌み言葉です。

 「どうせ 〜 だから〜」
 「仕方がない」
 「疲れ(まし)た」
 「もうダメ」

こういった言葉を使わないように注意してます。
思わず使っているかもしれませんが。

■相手を見て弱音を吐く


とはいえ、スーパーマンでもなければ、弱気になったり、弱音がでることもあります。
溜めておいては、それこそストレスで病院に行くことになりかねません。

ですので、そういうのを聞いても問題のない人には積極的に弱音を吐きだしてバランスと取らないといけません。

出典は失念してしまいましたが、豊臣秀吉は何事にも自信満々で、「それならサルめがやってご覧に入れましょう」とか余裕たっぷりにことをなしていたそうですが、家に帰ると妻の"ねね"の前では、もうダメ人間の典型のような弱虫ぶりを発揮したそうです。それが愛情表現にもなっていたのでしょうし、精神的なバランスを取ることができるようになっていたのではないでしょうか。

弱音を吐くときには、相手を選んで。
会社では、自信・余裕たっぷりに難しい課題に取り組みたいものですね。


posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネスマインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月31日

欲しいものを考える


もうすぐ1月も終わりですね。
早いもので、もう12分の1が終了です。

■欲しいもの
もし、あなたが、携帯電話もテレビも持っていなくて、(例えば観光案内などのように)外国語が必要な仕事をしているとしたら、あなたは何をしますか?

 ・携帯電話を買う
 ・テレビを買う
 ・外国語教室に通う

人間はどうしても、「今欲しいもの」に気持ちが集中します。

最近、こんな本を読みました。

 「貧乏人の経済学 - もういちど貧困問題を根っこから考える」
 
 貧乏人の経済学 - もういちど貧困問題を根っこから考える

この本に、以下の様な事が書いてありました。

★――――――――――――――――――――――――――
3人とも水道も下水設備もない小さな家に住んでいました。
彼らはなんとか仕事を見つけて、子供に良い教育を受けさせようと苦労していました。それでもみんなテレビ、パラボラアンテナ、DVDプレーヤー、そして携帯電話を持っていました。一般的に、貧乏な人々が生活を退屈から救ってくれるものを最優先しているのは明らかです
――――――――――――――――――――――――――★


■「経営者の条件」と「7つの習慣」
これはドラッガーもしばしば著書の中で言っていることで、

★――――――――――――――――――――――――――
第一に身につけるべき習慣は、なされるべきことを考えることである。何をしたいかではないことに留意してほしい。
――――――――――――――――――――――――――★



のように書いています。

同じことは、「7つの習慣」でも「第3の習慣:重要事項を優先する」と書かれますね。


■将来必要なものに投資する
以前に

 時間管理のポイント
 http://sarahin.seesaa.net/article/347443129.html

という記事で、「投資」「消費」「浪費」という3つの時間の使い方について、考えていることを書きました。

時間だけではなく、あらゆる資源を投資にしないと、この本「貧乏人の経済学」に書いてある「貧乏人」というひとたちとおなじになってしまいますね。

さて、

 ・あなたは今現在していることは「投資」ですか?
 ・今日、現時点まで、どのくらいの資源(時間、お金、労力)を「投資」に使いましたか?

ちょっと振り返ってみませんか?
posted by 管理人 at 05:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネスマインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月21日

催促されない




上司や同僚とのコミュニケーションであなたの印象を悪くする最大の要因は

 「催促される」

ことだと思ってます。

 「××までにやっておきます」

と言っておきながら、「××になっても報告がない」。

■報告しないのは仕事をしてない

私の場合この時点で、相当腹に据えかねてます。
それでも、ちょっと抑えて

 「○○ってどうなっている?」

と聞くのですが、

 「あ、忘れてました」

等と言われようものなら、「お前、仕事をなんだと思っている!!」と。

さらにひどいのになると

 「やってありますが…」

と答えるやつ。

 「やりっ放しかよ!!」

個人の趣味でやっていることなら、だれにもいう必要はないですし、言おうが黙っていようが、それは個人の好き勝手です。

しかし、サラリーマンの仕事は、「誰かから受け取って、それを形を変えて誰かに渡すこと」です。インプットとアウトプットがあるんですね。

それをアウトプットしなければ、仕事はやってないのと同じ。

■催促されない

仕事をするときに、締切りは絶対に必要です。
締切りがない仕事はやる必要がありません。

あなたがもし、結果を催促されているようなら、あなたは、仕事をしてないと思われてます。

つまり、あなたの評価を下げる原因になってます。
少なくとも、私は部下の評価をするときに

 催促した回数

は相当重視してます。

ウチの会社ではMBOを導入して仕事の成果を自己申告してもらってますが、その時に、「今期、私から××回催促したよね?」と減点対象にしてますし、チームミーティングでも、そのひと宛てで私にCCが入ったものは、「催促メールが来たよね。あなたのミスなので再発防止をしてください」と要求してます。

とくに危ないのが、メールの途中から上司にCCが入った催促メール。
これは相手が相当問題している場合が多いですので、緊急対応するようにします。でも仕事は緊急にしてしまった時点で、評価が下がっていると思ったほうがいいです。

仕事に対する「意識の問題」を問題視されかねない重要なことだと考えたほうがいいみたいですよ。



◆このテーマのおすすめ図書



トヨタの伝説のディーラーが教える絶対に目標達成するリーダーの仕事

役員になる人は知っておきたい出世する課長の仕事

女性に「ついていきたい」と言われる上司の仕事術

仕事で差がつく根回し力

あなたが上司から求められているシンプルな50のこと

上司のルール



■同じテーマの記事

捨てるって気持ちいい

過去記事で、整理整頓については何度か書いていますし、仕事のポイントを書いた記事や書籍でも重要だと書かれています。本日ご紹介する『めんどくさがりでもうまくいく時間術』でも書かれていますが、すごくわかり易い文章だったのでちょっとご紹介。"めんどくさがり"と "整理できない" のシンクロ率はものすごい高さです。おおざっばで雑な人は、自分の部屋、会社のデスク、 PC のデスクトップもモノ..

ミスを連発してしまったときの対処方法

仕事をしていれば、何かしらのミスは起きます。一番落ち込むのは、同じようなミスを連発してしまったときですね。「あ〜、もう!オレのバカ!」ってがっくり来ます。たとえば、メールの宛先を「杉山さん」に送るつもりが、「杉本さん」に送ってしまった。「やばい!」と思って送り直したら、今度は「杉木さん」に送ってしまったとか。こういうのがあると、本当に「イラッ」とします。キーボードに八つ当たりしたくなる(実際、してたりしますが)。..

オフラインモードで内面刺激を受ける

スマホや携帯電話はとても便利なものです。それどころか仕事をする上でも、自己啓発などでもいまでは必須のツールになっています。一方で、よくよく振り返ってみると、外から入ってくる情報や指示に振り回されているような感覚もあります。オフラインモード私は月に1度はオフラインモードの日をもうけてます。この日は、朝からスマホやネットに繋いだ PC の電源は全部 OFF。といっても、終日ではありません。イスラム教で言う「ラマダン」みたいなもの。..

予定を決めたら簡単には動かしてはいけない

すでに予定が入っているのに、「ちょっと話がしたい」「他の人の空いている時間がないので、この時間に会議をします」みたいな要求がいろいろ来ます。できる人は「予定」を簡単に動かさないたとえば、営業マンが最も大切にしなければならないのは、お客です。ところが、かつて、人相を輩出することで有名な某社の、トップ営業マンである M さんが、お客との面談を断っているのを見て、さすがだな、と感じた..

会話のトレーニングをする

初対面の人といきなり話し始めて話が弾む人っていますよね。人見知りで口べたな私からみると羨ましい限り。最初の話題の選択肢なにが難しいって、最初の話題がもっとも難しいです。たとえば異業種交流会などのオフ会で、全く初対面の人と食事を一緒にするハメになると、もうひたすらビールを飲んでる。ただひたすら沈黙と食器の音だけ…。ところが同じ席に、話の上手い人がいると全然違います。いきなりサッカーの話題で盛り上がったり、会社の雰囲気の話になった..

業界の専門家に見えるようにする

業界人に見えないように頭をリフレッシュして生きる業界人に見えない人の特徴は、まだ入社間もないか、相当仕事ができる人のはずだ。業界の枠に閉じこもっていないという点で共通している。私のコンサル時代にもこれはそのまま当てはまり、飛び抜けて優秀なコンサルタントは決まってコンサルタントらしくなかったものだ。絶対に利口ぶらないし、プライベートでは理屈っぽくないし、自分からわざわざ経歴をひけら..

それでも紙のノートは手放せない―オススメのノート5選

いろいろデジタル化してきて、随分出番が減ってしまいましたが、それでもやっぱり紙のノートはなくなりません。あの使い心地やぱっと出して必要な事項を詰め込めるスピード感はまだまだ PC やスマホでは実現できません。私の普段使いノートは マイノートの作成 でご紹介した百均のキャンパスノートを加工したものですが、他の会社の人との打ち合わせなど公式の場に持っていくのは、モレスキンだったりします。ほかにかなりもいろいろ試しました。その中から、「最強のノート」だと思うノートをご紹介し..

記憶術:ガムを噛むと記憶力がよくなる

個人的な趣味ですが、けっこう歯ごたえのある食べ物が好きです。まぁ、だれかに言われたからそうしているわけではなくて、単に好きというだけですが、スルメやタコ、ジャーキー、かんぴょう、レンコン、餅といったもの。そのおかげでなのか知らないですが、過去歯医者にかかったのは中学生のときに一度あっただけで、それ以外はまったくなし。歯だけは健康優良児です。この「物をよく噛む」という習慣は、歯にいいだけではなく、記憶力にも影響しているというのが、..

いい話なのか、悪い話なのか、最初に言う

報告の簡潔さと詳しさを両立させる方法上司やリーダーに何かを報告するときに、だらだらと結論に向かって喋っていると、たいてい聞いている人はイライラします。「結局何がいいたんだ?」そうすると、聞いている側も人間なので、ちょっと悪い感情を持ってしまい、なかなかニュートラルなコメントを返すのが難しくなります。上司やプロジェクトリーダーに報告するときに、簡潔さと詳しさを両立させる方法があります。逆ピラミッド法というやつです。名前はどう..

読書のアウトプットの増やし方

「インプットをしたらアウトプットしないといけない」過去記事でもこういうことを書いていますし、多くのビジネス書にも書いてあります。おそらく何かに習熟するためには普遍的に必用なことかと思いますが、ビジネス書などに取り上げられているのは、たとえば、「本を読んだら読書感想文を書きなさい」とか「人に教えなさい」とか、結構ハードルが高いことが書かれてます。私も本を読んだら、殆どの場合は読書記録(感想文ではない!)を書いてますし、本ブログに自分のコメントを付けて公開したりしてます。..

プレゼンの原稿は作っても読んではいけない

会社でよくプレゼンをする機会があります。ウチワのプレゼンなら原稿は用意せずに PowerPoint の資料だけ用意して、そこに書いてあるキーワードや図の説明をしながらプレゼンをします。ちょっと大きなプレゼンだと、事前に原稿をつくり、原稿を読みながら練習をします。が、本番のときには原稿は持っていかないことにしています。プレゼンで原稿を読んではいけない原稿の丸読みは相手にとって退屈なだけ..



ラベル:上司 仕事 報告 催促
posted by 管理人 at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネスマインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月06日

「ええ仕事やなぁ」




あけましておめでとうございます。

新年最初のサラヒンは、私が教訓にしているお話から始めたいと思います。

以下は、涙の数だけ大きくなれる!で読んだモノを引用します。

続きを読む
posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネスマインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座