2011年12月08日

逃避の時間

以前の記事で、1か月に20冊前後の本を読む、というお話をしました。
しかし、私は家の中ではほとんど本を読みません。

どうしてかというと、本を読んでいると家のものが、なんやかんやと声をかけてきて、読書が中断されるのが非常に嫌だからです。
ですので、だれも声をかけたりしない、確実に時間を確保できる通勤時間に本を読んでます。当然、電車は座って読書ができるように、最寄駅始発の電車を狙って出勤します。
帰りは

 運しだい

ですけど。

ダウンロード (1).jpgただ、それだけでは足らないので、2週間に1度は

 プチ家出

をします。家の掃除や妻のお手伝い、残りの仕事など雑事を忘れて、自分だけの時間を作るためです。

 パチンコ屋にはいきません
 
あれは単なる無駄ですから。
(昔はよく行っていたのですがこの20年くらいはすっかりご無沙汰になりました)

行き先は、

 お気に入りの喫茶店

です。

そこへ、読みたかった本を抱えて家出します。

ノートだけを持っていくこともあります。
ノートには色々な課題を書きだしているので、その課題に対してじっくり考えるには、割り込みが起きない、ゆったりした時間が必要です。

気分をリフレッシュするのと、ゆっくり考えたかったことをするのに

 プチ家出

をしてみてはいかがでしょうか。
posted by 管理人 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック