2011年12月14日

ネット速読の達人ワザ

■■要約


ネット速読の達人ワザ

◎課題
ブログ、ツイッター、フェイスブック…と、私たちが目にするネット上の情報源は増える一方です。そうなると、1 つひとつゆっくり読んでいる時間などありません。現代人にとって、今、本当に必要な能力は、ネット情報の速読術。この技術を解説する。

◎解決策
本書では、パソコン画面上の情報が超高速で読めるテクニックや、膨大なネット情報の中から、自分の知りたい情報がどんどん集まる仕組みのつくり方を紹介します。ただし、難しいことはひとつもありません。本書はパソコンにさほど詳しくない人でも十分におわかりいただける「入門編」のつもりで書いています。

◎目次
第1章 情報が集まる人は何をどう見ているのか
第2章 ツイッターを使って誰よりも早く最新ニュースを知る方法
第3章 検索では集まらない"使えるネタ"が集まる仕組み
第4章 もう難民にはならない!ネット活用丸秘テク
第5章 処理能力3倍アップ!パソコン画面の速読ワザ
第6章 量でも質でも差をつける! 情報の目利きになる習慣術

◎キーワード・キーフレーズ
★−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
報はフ□ ーとストックで考えるひとつの考え方として、ネットに流れる情報を「フロー」と「ストック」に分けて考えます。
「フロー情報」とは、ネットを流れてくる流動的な情報です。「ストック」とは、流れていた情報をためておくことです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−★

ちょうど川に流れる水をイメージすると、流れている水は「フロー」であり、それをバケツですくって、おいておく情報が「ストック」。
大量に流れるネット情報の情報を峻別して、自分に必要な情報のみをためておく方法、これが見につけば、大量の情報に惑わされることはなくなります。

つまりは、ちょっとでもアンテナに引っかかった情報は、別の記事で紹介した「後で読む」などのツールを使えばストック情報になります。
ただし、それが必要な時に取り出せるようにする必要があるので、何らかの共通ツールに入れておく必要があります。
Evernoteやメール化することで、効率よく検索できるようになるので、簡単な操作でストック情報に変換できるツールを探しましょう。

★−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
情報源になるようなツイッターアカウントの探し方ですが、はじめのうちは、そうしたアカウントがまとめられているサイトを見るのが簡単です。ツイッター公式となっている「ツイナビ(http://twinavi.jp)」がそれにあたります。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−★

大量のツイッターの情報の中から自分に必要な情報を取り出すためには、まとめサイトが便利です。
ツイッターには「リスト」という機能があり、フォローしていなくても名前をつけてその情報を収集することができる。これをジャンルごとに効率的にやってくれるのが上記「ツイナビ」で、私もこれを見てみましたが膨大な情報が整理されており、大変便利なサイトでした。ぜひ活用してください。

★−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
フローの情報はこれをチェック
 ・ツイッター
 ・RSSリーダ
 ・メールマガジン
 ・2チャンネルまとめサイト
 ・Tumblr(タンブラー)
 ・はてなブックマーク
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−★

おおよそのフロー情報のまとめサイトは上記のようなもので、ググれば出てきます。これは特定のサイトを指しているのではなく、それらの情報を集約してくれるキーワードであるので、実際にこの中にまとめられた必要なジャンルを自分で見つけて、それを活用することが重要だと思います。

★−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
大量のシャワーのように情報を浴びる中で、最初にかけるふるいの役割をするのが「Instapap のr 」となります。
しかしあくまでも「Instapaper」に入っていくのは、最初の目の粗いふるいを通過したざっくりとした情報群で、それを改めてパソコンから閲覧して精査し、「ストツク情報」として蓄積していく必要もあります。精査する際にはパソコンのWebブラウザーで読んでいきますが、
 ・後で必要になりそうなネタ
 ・後で再利用しそうな資料
などを、今度はストックとして「EVernote」にクリップ(保存)していきます。パソコンのWeb ブラウザーにインストールしたらWebクリッパーを利用してもいいですし、Safariの場合はプラグインを利用してもいいでしょう。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−★

大量の情報から自分の興味のあるデータを抽出するためには、まず1次ふるいをかける必要がある。このため、一次ふるいのために、「役に立つかも」レベルでまず、Instapaperを使って一時的に保留し、後で精査して本当に必要な情報だけをEvernoteに保存するわけです。
ただし、私(管理人)はEvernoteは使ってません。会社ではこういった社外のクラウドサーバにいろいろな情報を置くのを許可されてませんので。

ですので、自分のメールサーバにデータをためられる「あとで読む」などは非常に便利ですね。


◎著者
コグレマサト
ブロガー。個人的なつぶやきの他にネタフル(ブログ)の更新情報も。
そのほかの著書




◎オススメ
「これからもっと上手に、しかも効率よくネットからの情報収集をしたいな」と考えている人向けです。日ごろからネットをゴリゴリ使っている人や、すでにパソコンを使いこなしている人には、もしかするとちょっと物足りない内容かもしれません。


ネット速読の達人ワザ
posted by 管理人 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座