2012年02月24日

同じ経験は2度とできない

過去の経験に照らして、とか、経験に学ぶ、とかよく言われると思います。あれはどういうことでしょうか。

考えてみれば、自分が一度したことというのは2度とできません。なぜなら、その時と環境も自分自身も違っているからです。
だから、過去の失敗を記録しておいて、あとで見返すなんていうことをしても、全く意味がありません

何が意味があるかというと、過去の経験を抽象化・一般化して、他の事象にも当てはめられるようにすることです。

だから、日誌などについても、起きた事実を記録しておくのは、議事録くらいで十分です。
記録しないといけないのは、その起きたことから、どのような一般的理論が導けるのかを考えて記録しておくことです。
これなら読み返しても意味のあるモノになっています。

したがって、日誌には
 事実 起きた事そのもの
 理論 それからどのような真実が言えるか
を書く必要があるわけです。

以前の記事で感想なども書くと書きましたが、これは単に感情を吐き出しているだけ。これはこれで必要なのですが、未来に活かすためには、ある事実があって、そこから何を理論として学んだかを考えることです。
事実真実は別物です。事実は起きた事そのものであって、真実は、その事実を自分というフィルターをくぐらせた時に、出てくるものです。

例えば、

 事実 りんごが落ちた
 理論 モノには相互に引き合う力がある

ということです。


ラベル:メタ化 一般化
posted by 管理人 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。