2021年11月15日

7つの仕事力_前編





長文なので、2回に分けてお送りします。
今日はその前編。

現場力とは、自分の職場や職務における活動を通じて、成果を引き出す能力のことです。これのためには、大別して7つの力が必要です。

 1.見える力
 2.探る力
 3.試す力
 4.動かす力
 5.学ぶ力
 6.伸ばす力
 7.出る力

ちょっと具体的なチップスではありませんが、こういった体系化をしておくのも必要かと。




■見える力


よく言われる「見える化」をする力です。
これは、製造現場だけで使われるものではなく、オフィスにおいても重要なことです。つまり、

 問題点が見えるような仕組みを作る

ことです。

そこで大切なのは、

 ・数値化
 ・トレンド
 ・共有

の3つ。何でもかんでも数値化する。その数値は若干曖昧でもいいです。もちろんコンピュータ化する必要はありません。

「システム思考」では、縦軸に「悪さ加減、良さ加減」をとって、横軸に時間をとって変動グラフを書きます。そのレベルでも構いません(「時系列変化パターングラフ」といいます)。

このようなトレンドが把握できると、問題点がどこにあるのかはっきりします。




■探る力


「見える力」で見える化した状況から、原因はどこにあるのかを探る必要があります。つまり、推論です。

私はTOCの思考プロセスをよく使います。

当然、人間が作っているシステム(業務のプロセス)ですので、問題がないなどということはありません。というか、問題だらけ
その中で、注力しないといけないのは、繰り返し発生している問題です。

これを見つけて、その原因は何なのかを掘り下げて考えないといけません。
ここは考えることと、その考えに沿って、事実を集めることです。

■試す力


いろいろな問題点の根本原因に行き着いたとしても

 ・その推論は正しいか
 ・その対策は有効か

はやってみないとわかりません(もちろん、有効だと信じてやるのですけど)。

以前の記事で「仕事は楽しいかね?」という本を紹介しましたが、ここにあるとおり、すべての業務は、必ず成果が出るものではありません。

 成果が出そうかどうかを見極める

ことがやるべき業務なのです。
だから、対策を考えたら、まずそれをやってみる。そしてその結果を評価するということを繰り返しやるべきなのです。

対策は1つではいけません。複数個の対策を持ち、それを次々と試していく、そういったスピード感をあなたの上司は評価しているのではないでしょうか。
※多分、それができない上司には見切りをつけたほうがいいかも。

■動かす力


会社という組織にいる以上、一人で業務が完結するということはありえません。
自分の部門であったり、別の部門であったりするとは思いますが、とにかく、他人を巻き込んで活動をすることが必要です。

このためには、他人と問題点を共有し、対策について理解を得、協力してもらえるように説得することが重要。
そのためにも、「見える力」で紹介した「見える化」が重要になってきます。単なる感覚では説得力を持たないからです。

ビジュアルかつ論理的な内容で、相手を納得させ、相手の感情(情熱)を引き出していく、こんな交渉力をつけて行かないといけません。

この記事でも時々心理学的な他人への働きかけの方法を紹介してますが、こういった技術を通じて、相手を動かすようにしましょう。

さらに、これを継続する必要があります。
そのためには、仕組み化が必要。

簡単な話、「定例ミーティング/定例報告会」をやるようにすることです。
もちろん、その活動内容が上司に認められ、上司からの評価が得られるような仕組み化をしていける能力を向上させる力をまとめて動かす力と呼んでます。



■同じテーマの記事

自分を変える教室3

本日はビジネス書のご紹介。有名な本なのですでに読んだ方も多いのではないでしょうか。本書は「ちょっとモチベーションが下がっている」と感じた時に目次を眺めて、気になる所読んでみたりしてます。そうすると「うん、そうだよな」と思ってちょっとだけやる気が復活してきます。つまり、1回だけ読んで「ふ〜ん。ちょっとお勉強になった」と満足に浸るような種類のビジネス書ではなく、時々読み返してみて、「今自分がぶつかっている問題はこういうことなんだ」と..

面接は「エライ人」で決まる

先日、ある面接者と雑談をしていた時、ふとその人の勘違いに気がついたので、ちょっとネタにしてみます。勘違い面接の合否はどのように決まっているかご存じですか?実際ルール的には会社によって差があるのですが、最低点が合格条件をクリアしている平均点が合格条件をクリアしている突出したスキルが認められるの3パターンでしょうか。ただ、評価点が決まるのは、評価の打合せ(面接の直後に面接官だけで行う評価点すり合わせ)で最初に発言した人の意見最も職位が高い人の意見で..

会議が失敗する理由

会議の一つの形態である「ワークショップ」と言うものがあります。日本では「体験型講座」みたいに理解されてますが、本来はプロジェクトにおける関係者の合意とコミットメントのための仕組みです。本書『レバレッジ・ポイントを見つけ出せ! 問題発見力養成講座 “木を見て森も見る”システム・シンキング』では、ワークショップについて、「ワークショップが失敗する理由」が書かれてますが、ここで言う「ワークショップ」は後者の意味です。会議..

あるがまま読むと速読できる

以前、英語文化圏の人とコミュニケーションするようになって、結構困るのが語順が違うというところ。返り読み日本人の読みかたでおもしろいのは、同じところを住復するくせである。漢文は返り点をつけて読む。学而時習之。不亦説乎。 有朋自遠方来、不亦楽乎学びて時に之を習う、亦説しからずや。朋有り、遠方より来る。亦楽しからずや上がうたり下がったりして読む。読みかたと..

自分を変える教室1

本日はビジネス書のご紹介。有名な本なのですでに読んだ方も多いのではないでしょうか。本書は「ちょっとモチベーションが下がっている」と感じた時に目次を眺めて、気になる所読んでみたりしてます。そうすると「うん、そうだよな」と思ってちょっとだけやる気が復活してきます。つまり、1回だけ読んで「ふ〜ん。ちょっとお勉強になった」と満足に浸るような種類のビジネス書ではなく、時々読み返してみて、「今自分がぶつかっている問題はこういうことなんだ」と..

一人セミナー

良書を探す「これはいい」と思った本をお持ちでしょうか?私は年間200冊〜250冊くらいの本を読むので、1年間に大体3〜4冊は、「これはかなりいい」と思える本に出会います。過去に「最高!」と思った本は7つの習慣会議が絶対うまく行く法ザ・マインドマップあなたを天才にするスマートノートなどなど。もちろん、私にピンときた本出会って、万人に受けるものではないと思いますが。ただ、所詮1年間で数千冊の新刊が出る中で、どんなに頑張っても、まぁ普通の人なら100冊くらいが見解..






posted by 管理人 at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。