2021年11月29日

面接のキラーフレーズ




今日は特に、一般職で昇進したいと思っている方、中途採用面接に臨もうと思っている方に読んで欲しい内容。

管理職になると、部下を評価することはもちろんやりますが、他の部署の人の昇進の可否を決定する面接をすることがあります。




■昇進面接


私の会社では、部下を昇進・昇級させるのには3段階あります。

 ・直属上司が昇進の推薦をすること
 ・部門長が昇進の推薦を承認すること
 ・人事部および別部門の責任者がその人物がその急にふさわしいかどうかを判断すること

です。

一般職は総合職とオフィス職に分かれていて、それぞれ1級から6級まであります。
それぞれの級が上がるごとに、こういった判断を経て昇進が決まります。

6月、7月はこの面接の時期です。

■面接で聞かれること


面接で重視されることは、以前は割といい加減でしたが、最近はある程度判定基準が論理的になって来ました。

 コンピテンシー

という言葉をごぞんじでしょうか。

おおよその説明としては

 ある職務や状況において、期待される業績を安定的・継続的に達成している人材に、一貫して見られる行動・態度・思考・判断・選択などにおける傾向や特性のこと。測定や定義が困難な気質や性格ではなく、インタビューや観察などで確認できる能力であり、その職務において優秀な成績を挙げる要因となる特性を列挙したものである。通常は、その職務で必要となる知識や技能は除外して考える。

ということです。

つまり、面接官は面接において「これを測定しなさい」と言われています。

じゃぁ、どうやってそれを面接で引き出すかというと、こんな質問をします。

 「あなたが最も苦労したことは何ですか?」
 「その苦労したことに対して、どのような工夫をしましたか?」
 
 「あなたが、仕事をする上で最も大切だと思っていることは何ですか?」
 「その大切だと思っていることに対して、どのような行動をしましたか?」

 「リーダーシップってなんだと思いますか?」
 「その定義に従って、最近あなたがとっと行動は何ですか?」

みたいなものです。

つまりは、

 まず、抽象的な概念論を聞く
 その概念にもとづいて、どのような行動をとったのかを聞く

ということです。
もし、「理屈だおれ」の人なら、最初の質問にはどっかのコンサルみたいに良いことをいいます。ところが、具体的行動になるといきなり、曖昧な話になります。そうなったら、その人は不合格




■キラーフレーズ


私はいつも、ここらへんは他の面接官が聞いてくれるので、大体黙って聞いてます。
で面接の終わりくらいに、この質問をします。

 ご苦労様でした。最後に一つ質問をさせてください
 今日の面接のために、どんな準備をしてきましたか?

優秀な人は、これに対して即答できます。

 「私は、上司にお願いして、面接の練習をしました」
 「想定される質問に対して、自分の考えをまとめてノートに書いてきました」

などと答えられれば、合格点をつけます。

 「いや…、特には…」

はい、ご苦労さん。

驚いたことに、ほとんどの人が準備をしてこないんですね。

自分の部下の時には、自分から「面接練習を××日××時からやるので」とアポを入れておいて、想定質問票を渡しておきます。で、当日実際にこの質問をします。

で当日になると、できない人は、しどろもどろで答えられない。

 何を聞くかは、1週間も前に渡しておいただろ!

って怒ることになるわけです。
なにも準備をしてないんですね。

 「仕事が忙しかったので…」
 「ちょっとトラブルが続きまして…」

なんて言い訳をはじめる。そうしたらトドメの質問をすることにしてます。

 「この1週間で、何時間テレビを見てた?、何回飲みに行った?」
 「先週の日曜日は何をしてた?」
 「お前の昇進はそれより優先順位が低いのか?」
 

■要は段取り力


何事にも準備をしてくる人は、段取り力がある。仕事に対して、段取りを考えて、望める人は、まず成果を出す力―すなわちコンピテンシー―があると判断できます。

あなたは、これからやろうとしている業務、会議のためにどんな準備をしていますか?




■同じテーマの記事

部下を持つ人の4つの「ない」

この4月で昇進された方も見えるのではないでしょうか。遅くなりましたがおめでとうございます!!管理職になられた方も見えると思います。いままで管理される側だったのが、管理する側になると世界が変わって見えますよね。私もそうでした。初めて部下を持った時、いままで同僚として、後輩として一緒にやってきたのに、今日からは、部下として彼の成長に責任を持たないといけないし、その人の「できる」具合を評価しないといけない。下手をすればその人の一生を決めてしまう判断をしないといけない。..

先読み速読術

本は2度、3度と読む度にその理解度が上がります。そして1冊を読むのに要する時間は理解度が高いほど早くなります。これは自分が座右の銘にして読んでいる本であっても、たまたま本屋で暇つぶし用に買った本でも同じです。それを使った速読法があります。私はこれを先読み速読法と読んでます。先読み速読法先読み速読法などと大層な名前をつけましたが、やっていることは簡単です。本を読んでいるときに、読んでいる次の行を意識するそれだけ。じゃ、頑張ってください。…って終わってし..

話を遮って主導権を握るために

「一方的に話し続ける人」というひとと会議や会話をするときに、その状態に身を委ねてしまうのは危険です。会話の主導権が自分にないのだから、自分が望む結論に持っていくのはほぼムリです。つまり相手の思うままにされてしまうとういこと。それを回避するためには、会話の主導権を取り返さないといけません。主導権が自分の仕事量を決める主導権がないというのは、とにかく相手の都合の良い結論になりがちになります。そのままでは、あなたは仕事を..

おはじきで毎日目標を達成する

毎日繰り返しやる目標に対しては、それを簡単に見える化する方法があります。毎日やるべきことを達成する方法部門の中で「上司と部下とのコミュニケーションが少ない」という問題を指摘された管理職の方が「毎日部下に声掛けをしよう」と決めたそうです。ところが、1日の終わりになって、「今日は誰と話をしたっけ?」とか「さんとは挨拶すらしてない」とかいう状態が続いて、「グループの雰囲気が良くならない」と相談されたことがありました。そこで筆者が提案した方法をご紹介します。..

ある時間管理ができない人の一日

そうそう。忙しく働いているみたいだけど、実際には何もできていない人ってこんな感じ!って、感心したのでちょっと本に書いてあることをまるごと紹介。私は車を洗うことにしました。ガレージに向かっていきます。そうするとテーブルの上に郵便物があるのに気づきます。車を洗うのだけれど、でもまずは郵便物を見よう。そしてデスクの上に車のキーを置いて、DMは捨てて……。そうすると、ごみ箱がいっばい..

「べき」は「こしたことはない」と言い換える

「こうあるべき」と考える事自体は良いことです。あるべき姿を描き、それに向かって進めていくのは、あらゆるところで勧められる方法です。いわく、・管理職は部下の手本たるべし・与えられた仕事はきちんと成果を出すこと・問題があれば、上司に報告をし、解決策を検討・実施する・指示や指摘は明確で誤解がないようにするべき・一度決めたこと、コミットメントしたことは守るのが当然などなど、本ブログでもそういうことをいっぱい書いてま..






posted by 管理人 at 04:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネスマインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。