2021年09月06日

読書管理





あなたは興味のある分野の本をどうやって探しているでしょうか?
よくビジネス書に書いてあるのは、「本屋さんをウロウロする」という方法です。これは、本屋さんで、興味のある分野のコーナーに行って、気になったタイトルの本をとりあえず手にとって見る、という方法で、確かに私も10年くらい前まではよくやってました。

ところがだんだん行かなくなっちゃったんですね。
まず、本屋さんに行っている時間がなくなったのが第1の原因です。

休日は、1週間の振り返りをしたり、読んだ本の感想文を書いたり、家族で何かをしたりと、「やりたいこと」が目白押し。その上以前に書いたように、読む本をほとんど図書館で借りてしまうという私の読書スタイルでは、




 本屋で読みたい本を探す
 →タイトルをメモする
  →正確なタイトルをWebでしらべる
   →図書館に貸出依頼をする
    →図書館へ取りに行く

となると結構時間を取られます。

こんなやり方は、ビジネス書が薦めるわけがないですよね。だって、自分の書いた本が売れなくなっちゃえば、書いた人は「商売あがったり」ですから、自殺行為でしょう。

本屋さんに行かないとすると、どうやって調べるかというと…




■メルマガ


ここから本に行き着くことが、最近は非常に多いです。
私が購読しているメルマガは
 書籍から学ぶ1分間知識向上セミナー
 ビジネスブックマラソン
 1分間書評!「一日一冊」
 ココロにしみる読書ノート
 Webook

その他にも20件くらいメルマガをとっているのですが、その中で紹介された本もあります。

■Amazon


Amazonで一番良く使うのは、気になった本を探した時に、同じジャンルの本ということでWebページの真ん中くらいに表示される「おすすめの本」というやつ。関連する書籍が出てくるので、色々見て回ります。

最初の取っ掛かりとしては、上記のメルマガなのですが、そこを手がかりに、amazonで関係書類を芋づる式に探していって、自分に合っているような本を選びます。

当然、Amazonのランキングもよく見ます。
ランキングが高いからといって、自分に合っている本かどうかはわかりませんが、そのタイトルでちょっと気になったということは、「多少は興味がある」と考えて、そのページを開きます。
でもその本自身ではなく、また、「おすすめの本」のところで、さらに引っかかるものがある本を探します。

■カーリル


http://calil.jp/
ここは、全国の図書館の蔵書を網羅したサイトです。

このサイトでは「読みたい本」というページがあって、自分が「読みたいな」と思った本をクリップしておくことができます。
私は、ここに読みたいと思った本をクリップして次に借りる本を残してます。

さっき勘定したら、まだ読んでない本が300冊ほど…。

他にも同じようなサイトはありますので、自分にあったサイトを探してみてください。
我が家では、このサイトを使って読書予定を管理しているのは私だけで、妻と子供は≪ブクログhttp://booklog.jp/≫をよく使っているようです。

他にも、クラウド上の蔵書管理システムとして

 メディアマーカー
 http://mediamarker.net/

なども結構いいかも。

■本の紹介サイト


よく使う本の紹介サイトがあります。

 マインドマップ的読書感想文 http://smoothfoxxx.livedoor.biz/
 松岡正剛の千夜千冊     http://www.honza.jp/author/1/matsuoka_seigow?archive=all
 クリエイジ         http://www.creage.ne.jp/app/UsrSommelier
 Webook           http://www.webook.tv/
 ビジネスブックマラソン   http://eliesbook.co.jp/bbm/
 ブクペ           http://bukupe.com/
 新刊JP           http://www.sinkan.jp/top/index.html?logo

ときどき暇つぶしに巡回してます。

■イメージサーチ


ニュースなどを読んでいて、ふと気になった文章がある時に、このサイトに行きます。

  想?IMAGINE Book Search
  http://imagine.bookmap.info/imagine
  
  WebCat Plus
    http://webcatplus.nii.ac.jp/

どちらも、その文章に関連した本を紹介してくれるサイトです(連想検索というそうです)。
WebCatには、「書棚」の機能もあり、読んだ本などを管理しておくこともできます。



■同じテーマの記事

成長を加速する報告書の技術

まだ駆け出しの頃、上司によく「出来事をぼんやり見るな!」と怒られました。自分としてはぼんやり見ているつもりはなかったので、ちょっと「ムッ」としたりしたのですが、今思うと汗顔の至りですね。せっかく学習の機会があるのに、その機会を「ぼんやり」見過ごしている事が多いんですよ。意外と。多分ですが、同じ年月生きてきたにもかかわらず、成長速度やその達成度が異なるのは、この「ぼんやり度」が違うからなような気がします。観察するに..

本屋に行くなら、図書館に行った方がいい

以前の記事でも書きましたが、私は殆どの本を図書館で借りてきて読んでます。読書術の本で、図書館を利用することを奨めている本というのはあまり出会ったことがないのですが、本書『大人のための読書の全技術』にはバッチリ書いてありました。図書館は良書と出会う絶好の場。図書館で買うべき本を見つけよう幅広くいろいろな本に接する一つの方法として、本屋に足を運ぶことの大切さに..

「自分も賛成です」で終わらせない

「この人、できる」と思わせるコツのひとつに、「知識があると思わせる」「鋭い指摘をする」という方法があります。これに使う知識や見識は別記事で時々書いているように、読書や上司の視点で考えるなどのトレーニングで身についていきますが、どんなにトレーニングをしようとそれを使わなければあるかどうかはわからないんですね。使わなければ、「無能だ」と思われてしまいます。社会人になると、学生時代の実力試験のような評価するための確認がなくなるので、「知識がある」とか「知識がない..

マルチタスク

時間術で、「マルチタスクにやるといい」という説と、「シングルタスクこそが最も効率的」という説の2つがあります。これは何を意味しているんでしょうか?おそらくですが、時間の概念が違うような気がします。マルチタスクは区切りを意識するもう一つは、多くの人は持っているプロジェクトが1つだけということはなくて、明日までに、×××プロジェクトの提案書とプロジェクトの中間報告を仕上げる、などという場合。じゃぁ、ということで前の例同様、10分おきにこの2つのプロジェ..

思い出アルバム

毎年、毎月繰り返される仕事ってありますよね。たとえば、毎年年度末に業務の最終まとめをするとか、来年度の予算を立てるとか。固定資産の新規取得申請をするとか。私的な例で申し訳ないですが、毎年年末に確定申告書と所得税控除申告、医療費控除申告などいろいろな税務関係の書類を作ります。以前は「これどうやって書くんだったけか?」と考えながら、記入例とにらめっこをして書いてました。申告書はインターネットで登録するのですが、そのたびに操作方法や申告ツールの起動方法を忘れていて、「あれ?..

時間を買う

特急券・座席指定券大阪から東京まで移動することがあったとして、あなたはどんな手段を使うでしょうか?新幹線(のぞみ指定席)\14,050新幹線(ひかり指定席)\13,220新幹線(こだま指定席)\13,220新幹線(自由席)\12,710夜行バス\ 9,800〜\ 5,000格安航空券\ 9,880〜\10,800青春18きっぷ\ 4,260ちょっと調べてみたところ、こんな感じ。それなら安いほうが..






ラベル:読書 資料検索
posted by 管理人 at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ハック:PCアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。