2021年04月19日

プロジェクトを最短で終わらせる方法





あるプロジェクトの計画をたてるときに、関係者に予想工数を出してもらいますよね。
予想工数ってどのくらいマージンを取ってみなさんは回答するでしょうか?




■予想工数は90%


何かの調査で、予想工数というのは、人によってもばらつきがありますが、9割ぐらい確実にできる値を出すそうです。

例えばあるタスクが「20時間かかります」と言われた場合、9割の確率で20時間以内に収まるということ。でも内心は「15時間くらいかな〜」なんて思ってるわけです。でも、もし出来なかった時スケジュールに影響を与えたのが

 「自分の責任にはしたくない」

ってみんな思ってるわけですよ。

このあたりは経験の少ない人のほうが正直ですね。
「15時間くらいかな〜」って思ったら、それをそのまま口に出しちゃう。

で時々間に合わなくて、みんなで集まってスケジュールの再調整をすることになったりすると、

 「あ〜、まずったなぁ」

って思うので、だんだん余裕をみ込むようになります。

■クリティカルチェーン


TOC(制約理論)におけるクリティカルチェーンに基づくプロジェクトマネジメントってご存知でしょうか。
全員が、

  そのタスクを全力でやった時の最短時間

を出して、それでスケジュールを組んでしまうという代物。

つまり、100%そのタスクに打ち込んだ時に、できるかできないか五分五分の時間を出して、それでスケジュールを組んでしまいます。ただし、プロジェクト全体で余裕分のバッファを持つ。遅れが生じた時には、その余裕分のバッファを使って、全体のスケジュール調整をします。

先日タスクマネージメントの講師の方に、

 「このやり方でやったことはある?」

と聞いたら、「YES」という答えでした。
で、どうでだったかというと、ちゃんとできたそうです。

そのかわり、終わった時には全員へろへろ。

 「とてもではないですが、普段に使える方法ではありませんね。」
 「ただ、非常に強力であることは確かです」

というのが講師の方の感想でした。

逆に言えば、緊急で短期のプロジェクトなら使えるということ。
私の実感でもまったくその通りです。




■緊急事態


私はここ10年ほどは生産設備の設計をしてますので(その前は製品の設計をしてた)、生産に使用中の設備がトラブると緊急事態になります。

そのときにこのやり方が非常に効果があります。

工場から障害の第一報が入ってきます。

 「この前入れた××システム、応答しなくてライン止まったぞ!」

となると、即効で関係者・識者を集めます。

 「○○さん、▲▲をしらべて」
 「××さん、△△のデバッグログを埋め込んだソフトを作って工場にリリースして」
   :
   :

と次々に指示を出します。そのときに一番キーになりそうな担当者を攻撃します。

 私 :「■■さん、いつまでにできる?」
 担当:「え〜っと、2時間ください」
 私 :「今抱えている業務をやめたらどのくらいでできる?」
 担当:「じゃぁ、1時間半で」
 私 :「分かった。1時間でやって」
 担当:「え、無理です〜」
 私 :「大丈夫、遅れたらその場で調整するから」
    (もう、やれうかどうかなんて聞かなない)「じゃあ、君が終わり次第、もう一度ここに集合にしますので、すぐに取り掛かってください。」
    「あ、君は30分後に進捗状況を聞きに行くからね。」

という展開。もともと30分でやらせるつもりです。言い値の4分の1。

上司が30分後に進捗を聞きに来るとわかれば、メールを見たり、他の業務をする余裕なんてありません。必死になってやります。

で、きっかり30分後に行ってできてなければ、後ろに立ってます。
そうなれば、担当者はトイレにいく余裕もなくなります。

で、8割がた処理が終わったところで、関係者に電話をして、「これから結果のレビューをするからあつまって」と、担当者に聞こえるように話をします。

大体最短速攻で問題は解決しますね。

こうやり方をするので、「◆◆さん(私のこと)はトラブルになると元気になりますね〜」なんて言われるのですが、こればっかりはやむを得ない。

■普段は使わないけど


こんなふうなやり方ですので、いつもやるとメンバーはクタクタになります。
だから、基本的には原則は使ってはいけない伝家の宝刀。

でも抜かないといけない時もあることを知っておきましょう。

■やり方



 0.関係者を集める(ひとりひとり電話をして呼び出す)
 1.ひとりひとりにタスクを与える
 2.それぞれのタスクの見積り時間を言わせる(先に自分で見積もっておきます)
 3.担当者が見積りを行ったら、それを1/2〜1/3位の時間でやるように指示する
 4.8割がたできたら、電話をしてくるようにする
 5.電話を受けたら、次の指示を出す。別の人がそれを受けて次のタスクをするのであれば、すぐに次のタスクの担当者に電話をかけて、タスクをスタートするように指示する。
 5.キーになりそうなタスクの担当者には、最小の見積り時間で、その人の席へ行き、できるまで後ろに立ってる
 6.担当者が「出来ました」と言う前に、見切りで関係者を集め始める

つまり、前工程の処理が終わった途端に後工程がスタートするようにするわけです。
本当はすべてのタスクに対してそれをやれるといいのですが、リーダは体がひとつしかないので、最も重要なタスクにベッタリ張り付いているわけです。

■普段使ってはいけない


最初にも書きましたが、この方法は、プロジェクトを最短で終わらせる最良の手段だと思いますが、担当者やリーダ自身の緊張も相当なものです。

毎日やられたら精神的にも肉体的にも持ちません。
緊急時だけにしましょう。




■同じテーマの記事

プロジェクトを最短で終わらせる方法

あるプロジェクトの計画をたてるときに、関係者に予想工数を出してもらいますよね。予想工数ってどのくらいマージンを取ってみなさんは回答するでしょうか?予想工数は90%何かの調査で、予想工数というのは、人によってもばらつきがありますが、9割ぐらい確実にできる値を出すそうです。例えばあるタスクが「20時間かかります」と言われた場合、9割の確率で20時間以内に収まるということ。でも内心は「15時間くらいかな〜」なんて思ってるわけです。でも、もし出来なかった時スケジ..

待ち時間で整理整頓清掃清潔

ちょっとしたスキマ時間に、すぐに始められて短時間で終わる作業を持っておくといい、とはよく言われます。じゃあ、「今から3分あります」と突然言われて、3分で終わることができる仕事ってどのくらいありますか?私はよくメール処理をするのですが、たまたま読んだメールが考えないといけないようなものだったりすると、3分が10分でも終わらないことがあります。3分と最初は思ったけど、実際に空き時間は2分になったり10分になったり変動するものです。..

新聞を見比べる

今日はちょっと効率化とは別の話。あなたは新聞を何種類とってますか?なんて、大体の人が1社からしか買っていないでしょう。はい、私もそうです。買っていない人もいるかも。でも、社会のニュースはそれなりに知っておく必要がありますよね。お昼休みによく使うのが、Googleニュース、Yahooニュース。注意したいのは、新聞社のホームページからニュースを調べること、これは避けたほうがいいです。読み比べる報道の内容って、新聞社(というか新聞記者)によって変わることって気..

図解トレーニングで反射神経が鍛えられる

ちょっと想像してみてください。あなたの会社の社長が、今年度の経営計画について説明をしています。「社会環境が〜〜」「会社の業績が〜〜」「競合他社の動向が〜〜」::(中略):「だから、我々はをしなくてはいけないんだ!頑張ろう!」たぶん、毎年繰り返される光景ですよね。でも、たいてい覚えてません。唯一、覚えているのは、社長が「をするぞ!」と言ったという部分だけ。※下手をす..

スピード段取り術2

先週紹介しました「スピード段取り術」の要約の続きです。書いてある事自体は、「すごい!」というネタではありませんが、なにか問題にぶつかっていて、どうやって自分の時間を確保しようとか、どういう習慣作りをしたらいいだろう、と悩んでいる時に、「あ、な〜るほど」と思えるヒントが満載の本です。是非時々読み返して見るために、手元においておきたい本の1冊です。これは、紹介したい内容がいっぱいあって、色々書いていたら、恐ろしくたくさん書きだしてしまいました。あまりにも長いので、ちょっと..






posted by 管理人 at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ハック:時間術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。