2021年07月05日

会議室カレンダー





以前の記事でノートに貼るカレンダーについて書きました。

   2ヶ月カレンダー

本日はその共有版。




■会議で決まったことが実行されない


よく、会議術などで、会議で決まったアクションをちゃんと実行してもらう方法について書かれています。多くのパターンは

 ・実行するアクションを本人に言ってもらう
 ・アクションが実行されたかどうかをチェックスル責任者と決める
 ・タスクリストを共有して、その場でタスクリストに書き込む

などです。

私の会社でも色々やってみましたが、どれもうまくいきませんでした。
その次の会議で、「あれ、結果を報告して」というと、「あ〜、忘れてました」というか、突然言語障害の陥る。

■会議室カレンダー


そこで、会議室に、6ヶ月カレンダーを張り出しました。

いや、たいしたモノではないですが、

  ・縦に日付
  ・横に担当者の名前

を入れただけのA3サイズの紙です。1枚が1ヶ月。

で、会議でアクションが決まるごとに、

 「それ、いつまでにやる?」

と確認して、その日付のところに、

 「××報告」
 「○○DR実施」

と書いておきます。大切なところは、赤のサインペンで囲っておく。


これがうまくいきました。





■いつもチェックされることになる


グループ内の会議はいつもその場所(というか1箇所しかない)でやるので、どうしても目が底に行きます。そうすると、翌日でかでかと赤丸で囲ってある予定が書き込まれているわけです。

嫌でも気になります。

さらに、その会議でタスクが決まったら、また底に書き込まれるので、タスクの重複も確認できます。

 「お前、この期間この作業があるのに、来週なんて約束できるの?」

という質問がその場でできるようになるわけです。

担当者としては、その時点で出来ないものややってないことがはっきりするので、業務ボリュームの把握もできるようになりました。

■いつもみえるところに


ネットワークの共有フォルダや、グループ内のWebページで予定を共有することもあるでしょうけど、こういった情報は取りに行かないと共有できない。

ところが、このアナログな手段は、予定を決めるときに嫌でも目に入る。

だから、ムダな予定(重複したり、やれなくて再スケジュールしたり)を作らなくて済むわけです。

あなたが、もし何かのグループのリーダなのであれば、いつも使うミーティングスペースを固定しておいて、そこに計画表を嫌でも眼に入るように工夫しましょう。メンバーの意識が変わりますよ。




■同じテーマの記事

早く帰りたければ、予定をいれなさい

プレミアムフライデーとか、残業ゼロの日とかいろいろありますね。実際、サラリーマンにとって、残業代というのは生活給の一部だったりする部分もありますし、仕事も大抵は予定外のことが起きて、当初の工数ではできなくなって、期限が変わらない以上残業でカバーするしかないという側面もありますが、残業っていうのはある程度は必要なのかもしれません。でも、自己啓発の勉強がしたいとか、別の趣味があってなにかしたいと思っているような場合、やっぱり「今日は残業したくないな」という日も少なくありま..

会議室カレンダー

以前の記事でノートに貼るカレンダーについて書きました。2ヶ月カレンダー本日はその共有版。会議で決まったことが実行されないよく、会議術などで、会議で決まったアクションをちゃんと実行してもらう方法について書かれています。多くのパターンは・実行するアクションを本人に言ってもらう・アクションが実行されたかどうかをチェックスル責任者と決める・タスクリストを共有して、その場でタスクリストに書き込むなどです。私の会社でも色々やってみましたが、どれもうまくいきませんでし..

近道をする-その2

以前の記事で以下のことを書きました。どこの誰だったか忘れちゃいましたが、こんな事(記憶なので、間違いが多いかも)が書いてあるページを見た記憶があります。私は近道が大好きだ。何ごとも簡単にできるに越したことはない。私も怠け者は好きではない。努力は尊いものだということも理解している。だが、すぐそばにロープウェイがあるのにわざわざ自分の足で山に登って..

時間日誌の効用

「この仕事はだいたい3時間位掛かりそうだな」、「1週間お待ちいただけますか」って言った仕事ってどのくらいの精度で完成しているでしょうか?こういうのって、それに近いことをやった経験自体も必要ですが、経験を積むためには、「やった」だけではなくて「測った」「予測と実績の差の理由を考えた」という経験がないとなかなか精度が上がりません。予測精度をあげるために記録をつける予測精度が上がるとどんないいことがあるか、についてですが..

面接練習をする

私が上司として部下を昇進・昇格面接に推薦した時には、「面接練習」なるものをやるようになりました。大体の中途面接の場合、親切な人財紹介会社なら、一度は面接の模擬練習をしてくれるそうです(伝聞なので確かではないです)。ただし、人材紹介会社も相応に忙しいので、十分なフォローをしてくれるわけでもない。ただ、少なくとも私の場合は、推薦した以上は、合格して欲しいですし、あまり不合格が続くと、私の推薦能力にも「?」がついちゃうので、結構徹底的に練習をしてもらってます。..






posted by 管理人 at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ハック:仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。