2020年06月08日

今やれ、すぐやれ、早くやれ





どうしても先延ばしをしてしまうタスクというのがあります。

わかっちゃいるけどやめられない。

ただ、「その他大勢」から抜けだして、成果を上げ、上司に認められるようになるためには、上司から指示があってから短時間で結果(成果ではなく)を出さないと上司は、「あいつやっているのか?」と疑問に思ってしまいます。

一度そういうふうに思われてしまうと、人間には認知バイアスがかかるので、早くやったとしても、「ふ〜ん」程度で意識に残らなくなってしまいます。逆に上司の期待するより遅かったことだけ覚えているようになります。

なので、私がいつも心がけているのは、上司からの指示は、




 当日中に報告に行く

ということ。
もし、報告が遅くなって、上司が帰宅してしまったりしていたら、当日中にメールをして(メール送信日付が問題)、翌朝上司を捕まえて報告します。

メールだけだと見落とされる危険があるので、必ず口頭で、1分程度でもいいので報告をします。

そうすると、上司から見ると

 「お、こいつ最優先でオレの依頼をやってくれたのかな」

と感じてくれればしめたもの。

同じ事は他の部署の関係者に対しても言えます。
もちろん、上司が最優先ですが。

ただ、すぐには終わらないようなものは、まず手を付けたことを報告するために、できたところまでを当日中にレポートするようにします。その後は以前の記事に書いたように8割型のタイミングで報告をします。




■今やれ、すぐやれ、早くやれ


とはいっても、面倒くさそうな調整や、調べ物だったりすると、つい、「明日やろう」と思っちゃいますよね。そんな時に、自分に向かって(言葉に出して)言うのがこの魔法の呪文。

 「今やれ! すぐやれ! 早くやれ!」

ここで読むだけだと、単なる語呂のよさそうな文字の羅列ですが、実際声に出していってみると、私には非常に効果があります。

 「さっさと片付けよう」

と思えるんです。
理由はわかりませんが…。

■フットワークを軽く


フットワークが軽く、行動的な人が嫌われるケースはほとんどありません。
何にしても一旦引き受けたことは、素早くやって素早く回答をしてくれる人というのは、頼む側としては安心できるし、信頼もしやすいものです。

時間術的に考えても、「どうしよう…」と考えている時間というのは、何ら成果に結びつかないものなので、さっさとやってしまうことがいいというのは、こんな記事を読んでいるあなたにとっては当然の話かと思います。

■タスクが積み重なったら?


ただ、引き受けたことをどんどんやろうとすると、それ以前に引き受けた「締切のないタスク」が後回しになっていきます。つまり「ラストイン・ファーストアウト」(最後に入ったものが最初に出てくる)の状態になるわけです。

ただ、経験的にそれが重大問題になったことはあまりありません。1日待てたものは2日でも待てるということではないかと思います。




■同じテーマの記事

2つの指示書で進捗会議をやめる

「会議が多くて大変…」という話は、どこの会社でも聞きます。だんだん職位が上がっていくと、会議の時間が業務時間のかなりの割合になるようになります。役員になると時間のほとんどは会議をしているのではないでしょうか?現場の一般職の人は、役職の人とくればれば少ないとは思いますが、その週の予定は会議の時間にかかわらずやることがあるので、ちょっと会議が重なったりすると途端に仕事が遅れてしまって、最後は残業で帳尻合わせをするはめになったりします。その上、残業をしている時に、「お、ちょ..

ダラダラ癖から抜け出すための10の法則:能力以上の成果を出す目標の建て方

「能力以上の成果」を引き出す「目標の立て方」「よい目標」を設定するというのは、簡単なことではない。「よい目標」とは、やる気を起こさせると同時に、その行動の方向づけをしてくれる。そういう目標を設定するためには、次のような条件が守られなければならない。自分自身の目標であること。自分のために設定した目標なら、やり遂げる可能性は大きい。上司や友人、仕事仲間から押しつけられた目標ではダメだとい..

優先順位を正確に意識する

優先順位って簡単な言葉で説明できますか? 仕事をする上で、たったひとつのタスクしかない状態はありません。たいていは、アレもしなきゃ、これもしなきゃ、状態で、「から手を付けよう」と決めてかかりますよね。上司からも「を優先してやってくれ」と言われたことも多いと思いますが、本当に優先してますか?優先事項があるときは他の仕事をしてはいけない単純に言えば、優先順位をつけるというのは、その第1番目のことが終わらなければ..

どうしようもないムダな会議がある理由

「業務効率化」「働き方改革」などとうるさいですね。「ほっといてくれ」と言いたいときもあったりなかったり。まあ、いずれにしろサラリーマンは上が「こうしろ」と言ったら、やるのが宿命。それが給料のもと。で、毎度いの一番に業務効率を下げているネタとして、どこの会社でも上がるのが会議。なんでみんな、そんなに会議が嫌なのかな?会議がムダになる理由ちょっとおもしろい視点の「会議がどうしようもない理由」という一節を見つけたのでご紹..

理想の一週間を設計する業務改革

先週1週間の仕事を書き出してみてください。どんな仕事にどれだけの時間を使いましたか?そのうち、自分がやりたいなと思っていること、重要だと思っている仕事がどのくらいの割合を占めているでしょうか。週次レビューの時間GTDでいうところの週次レビューの時間って確保している人は多いかと思います。まあ、GTD や業務改善のキモになるところなので、やったこと、やれたこと、やれなかったことを振り返って、その原因をチェックしていくこ..

3210方式―大量のメールを効率的にさばく方法

メール、大量に来ますよね。それも困りものなのが、メールの内容が玉石混交。私の場合は1日に200〜500。真面目ひとつづつ取り合ってたらきりがありません。以前なら1日の半分近くをメールを読むのに費やしてた時期もありました。これではイカン!とメールの削減に取り組んできました。メールの3210方式「3210方式」って何かのカウントダウンか?というとメールの処理方法。..






ラベル:先延ばし
posted by 管理人 at 04:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ハック:仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。