2021年07月26日

金曜日は飲みに行かない





新年会もひと通り終わりになって、夜のお誘いも多少、少なくなりました。

以前の記事に書いたように、金曜日と週末は1週間、1ヶ月、3ヶ月と言った一定のスパンの振り返りをするように週次、月次などのレビュー/プレビューをしてます。

週末は前の週を振り返り、翌週の段取りをする日ですので、1週間の効率は休日中に決まるといっても過言ではありません。
例えば、30分位上の作業はスケジュー表に記入することを、これまた以前の記事でおすすめしましたが、そのスケジュールを調整するのは、この振り返りのタイミングだけです。




■金曜日の飲み会


多くのサラリーマンは、飲み会というと水曜日と金曜日を選ぶことが多いようです。
私の会社も御多分にもれず、残業時間短縮が強く言われているので、水曜日と金曜日は定時の日です。
ただ、守らない人が多いですが…

それでも、飲み会を計画するとなると、みんなのスケジュールが入っていないこの「定時の日」を狙って飲み会の計画が入ります。

ただ、そうするとどうしても飲み会の前には退社しなくてはならなくなります。
たとえ、仕事が途中であっても。

多くの幹事さんが狙うのはやっぱり参加者が多くなる金曜日が多くなります。




■金曜日の飲み会はいかない


金曜日に飲みに行くと、翌日の出勤を着にしなくていいので、つい2次会、3次会と頑張ってしまい、終電ギリギリ。翌日は二日酔いで昼まで寝ていることになります。ひどい時は、1日中調子が出ない時も少なくありません。
たしかに、明日は休みだと思うと、気に入った同僚と時間を気にせずおもいっきり楽しみたい、ということも少なからずあります。

しかしながら、上記のように、今週のやるべきタスクをきっちり完成させて1週間を終わりたいですし、週末は、ブログの更新や週次レビューなどいろいろやりたいこともたくさんあります。

そこで、私は金曜日の飲み会は基本的に断るようにしてます。

逆に金曜日以外ならいつでもOK。
金曜日以外だと、翌日があるので、たとえハメを外してしまっても、誰かがブレーキを掛けます。
「まぁ、明日があるし…」ということで割合早めにお開きになります。

そうすると飲み過ぎることもありませんし、金曜日の夜や土日はしっかり自分の時間が確保できるということになります。

ただし、毎回断っていると「付き合いの悪いやつ」とおもわれるのもナンなので、1〜2ヶ月に1回くらいはやっぱり飲みに行きます。まぁ、付き合いを考えているわけではなく、誘惑に弱いだけかもしれませんが…。

■金曜日の午後はスケジュールを埋める


もし、飲みに行くことになっても、仕事が残っているとか、レビューが十分できないということがないように、私の金曜日のスケジュールは基本的に全部埋まってます。

ただし、会議やタスクで埋まっているわけではなく、週次レビューや翌週の計画を考える時間として埋まっているだけです。その時間帯に予定を入れられないようにしてあるわけです。

そうするとそこで新たな宿題をもらうことも、至急の仕事を言われることも少なくなります。
そのうえ、その日が飲み会であれば、午後からは土日にやるはずの週次レビューを前倒しでやってますので、土日多少お酒が残っていても、月曜日にはきっちりあるべき状態に持っていけるわけです。

もし、飲み会のスケジュールが入らず、土日に週次のタスクをやれそうなら、金曜日の午後はまるまる空き時間になります。そうしたら、長期スパンの課題をタスクに落としたり、

 時間があったら取り組みたいと思っていたタスクをやる

ことができるようになります。

原則、金曜日の飲み会を断るようになると、7割くらいはこういうことができるようになります。

長期的に見てやるべきこと、考えたいことが残っていると、普段タスクをこなしていても、ふとした時に思い出してしまって「あ〜、あれ考えておかなくちゃな〜」なんて気がそれてしまいます。

だから、自分が長期的に大事だと思っていることを考える時間を予約しておく。
ただし、他により「時間的に緊急なもの」が合った時にはその時間を使う。

というふうに用意しておくと、気になることが減っていきます。

こういった気になることを考える時間があると、意外とストレスが減りますよ。



■同じテーマの記事

飲み会はコミュニケーションのツールか?

会社にいると、新年会だの忘年会だの××歓迎会だのといろいろ飲み会がありますよね。どうかすると、上司から「君、今日一杯どう?」と言われたりします。昔はそれなりに楽しんでたような気がしますが、最近はあまり…。飲み会はコミュニケーションになるかこの問題はいろいろ賛否両論ありますね。・仕事なんだから仕事の場で信頼関係を築くべき・その人の生活や考え方を知るためには仕事の場を離れてのコミュニケーションは有効であるまぁ、どちらも正しいのではないかというのが私の..

問題認識の手法3―現状分析

本日は、問題解決の手法の3回目。第2回めで「見える化」についてお送りしましたが、実は問題解決のプロセスを時系列で並べると、こちらが先です。ただ、今回問題認識の手法というテーマで書いていますので、話の流れの都合上、問題を顕在化することを先に持ってきてしまいました。ですので、この記事を読んでもう一度前回の「見える化」に戻って読み返していただけると、この記事の内容が理解しやすいかもしれません。現状分析手法現状分析はパター..

あなたはなぜチェックリストを使わないのか

仕事の出来栄えが、よかったり悪かったり、ばらつきが大きいと感じたことはありませんか。特に仕事を始めてから10年未満の方にはぜひ読んでほしい1冊の紹介。あなたは1日のうち、どれくらいの比率で、まったくやったことのない仕事をしますか?ほとんどの方は、ほぼゼロだと思います。つまり、あなたの仕事は、あなた自身が過去にやったことがあり、それの焼き直しである場合がほとんどなのです。それが徐々に少しだけ仕事内容が複雑になっていたり、短時間での..

問題認識の手法4―現状分析2

現状分析の手順現状分析の手順は以前の記事で書きました。それを少し引用します。問題解決の7ステップ問題解決他のための7ステップはまず大きく2つのステップに分けられます。問題認識ステージ課題対策ステージの2つ。さらに問題認識には2つのステップがあって問題設定ステップ問題把握ステップにわかれます。また、課題対策は5つのステップにわかれます。課題設定ステップ課題解決ステップ総合評..

あなたが座っていた椅子を見なさい

私は、席をたつ時いつも自分が座っていた椅子を見るようにしてます。もともとは、私がオッチョコチョイで、すぐに忘れ物をすることから始めた習慣でした。最初は意識してやってましたが、最近は自然に視線が元いた場所に行くようになりました。数秒もかかりませんが、得られるものはすごく多いです。席をたつ時あなたが席をたつ時、何を考えてますか?おそらく大部分の人は、席を立った目的、つまりコーヒーを買いに行くとか会議に出るなどの目的があ..

問題認識の手法5―問題を発見する

もう金曜日ですね。ようやく今週の本題にたどり着きました。問題発見の問題以前の記事問題解決のための7ステップでも書きましたように、問題を正確に捉え、その根本原因にたどり着ければ後は技術的問題も多いのですが、多くの場合、この問題認識で失敗します。その理由として考えられるのが、・あるべき姿が的確に描けない。・現状の認識力と分析力が低く、正確に把握できていない。・ギャップの構造を解明することができないため、問題の本質に迫れない。・実行可能な解決策..






posted by 管理人 at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ハック:時間術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。