2013年02月12日

2度寝してはいけない





以前の記事にも何度か書きましたが、私はほぼ朝日と同時かそれより早くに起きています。
夏だと4時〜5時。冬だと6時くらい。外が白み始める頃には起きて活動状態にするようにしてます。

■体内時計

物の本によると、人間の体内時計は25時間周期だそうです。
どうしてそうなっているのかはわかりませんが、ちょっとづつずれている。

そして、太陽の光を浴びるとこの体内時計がリセットされるそうなのです。そうすることで強制的に時間の調節ができるようになるのだそうで。

ですから、たとえ夜寝るのが遅くて眠くても、朝日を浴びれば、気分はスッキリします。

以前に夜勤を1ヶ月ほどしたことがあるのですが、これはまったく逆になってしまって、体力が持ちませんでした。
暗くなってから起きるものだから、体がスッキリしない。その上、朝日を浴びて帰るものだから今度はねられない。

その後、朝日を浴びることに注意を払うようになりました。

■早起きを習慣づける

早起きを習慣づけるためには、目が覚めたらすぐに布団から出ることです。
布団から出てカーテンを開ける。

これだけで早起きが習慣づきます。

これはどうやら私だけに限ったことではなく、本を読んでも、「目が覚めたら、体を動かすとスッキリ起きられる」と書いてある本が多いです。

ただ、体を動かそうとして、ランニングするとか、散歩に行くなどの行為をしようとすると、挫けてしまいます。
意外と面倒くさいので。

ですので、早起きをするためには、小さなことで必ずやれる何かの行為をするといいみたいです。

私の場合は、

 ・目が覚めたら時間にかかわらず布団から出る
 ・布団から出たらすぐにカーテンを開ける
 ・そのあと出勤用に着替える

とこれだけをやるようにしてます。

朝の良い習慣というのは、仕事の計画を立てたり、予め夜のうちに来たメールを処理しておいたりといろいろな提案が時間術の中では提案されていますが、それは朝ちゃんと起きれるようになった人の習慣術であって、朝起きられない人にとってはハードルが高いだけです。

まず、目が覚めたら着替えをする。これだけを目標にすれば、かなりハードルは下がります。
ただ、冬は寒いのでどうしても布団から出るのが億劫になりますよね。

その時は、

  「えいやっ!」と声を出す

といがいと起きられますよ。「うーん。ムニャムニャ」みたいに、だるい声ではいけませんが、何かちょっと大きめに声を出す。それも歯切れのいい言葉。掛け声がいいと思います。

■2度寝しない

早起きについて、絶対にやってはいけないのが2度寝
2度寝はその瞬間は気持ちいいのですが、1度目が覚めてからもう一度寝ても、実際には脳は寝ていません。
その上良くても30分くらいで起きないといけないとしたら熟睡モードにも入りません。だから体も脳も休まっていなくて、次に起きた時に中途半端な感じがするだけです。

■早起きしたら

早起きしたら、新聞を見るとか、ネットニュースを見るとかで十分。
あなたの気楽にやれることをやりましょう。

自分のタスクをチェックしたり、今日の計画を立てたりするのは、早起きができるようになってからでいいです。

ちなみに私の場合は、起きたらすぐに着替えて、朝食をとってそのまま出勤します。まったく時間は気にしてません。
多少早くとも会社へ行ってしまえば、仕事モードに切り替わりますので。



◆このテーマのおすすめ図書



明日、会社に行くのが楽しみになるお仕事のコツ事典

「仕事ができるやつ」になる最短の道

喰う寝るふたり住むふたり

最強の働き方;世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓



■同じテーマの記事

朝スッキリ起きられるコツ〜目覚まし時計編

「デキる人は朝が早い」「朝活しよう!」仕事術を調べていると、よくこういうことを目にします。本ブログの記事でも時々、どうやったら朝はやく起きることができるのかについていろいろ書いてます。すり減らない働き方2ウォーミングアップをする判断は朝にする(黄昏効果)飲み会はコミュニケーションのツールか?遠足の朝理論朝活2度寝してはいけないA4脳が成功する早寝早起きでも、やっぱり朝起きられないときもあ..

朝スッキリ起きられるコツ〜気合を入れる

「デキる人は朝が早い」「朝活しよう!」仕事術を調べていると、よくこういうことを目にします。本ブログの記事でも時々、どうやったら朝はやく起きることができるのかについていろいろ書いてます。すり減らない働き方2ウォーミングアップをする判断は朝にする(黄昏効果)飲み会はコミュニケーションのツールか?遠足の朝理論朝活2度寝してはいけないA4脳が成功する早寝早起きでも、やっぱり朝起きられないときもあ..

朝スッキリ起きられるコツ〜スヌーズで起きる

「デキる人は朝が早い」「朝活しよう!」仕事術を調べていると、よくこういうことを目にします。本ブログの記事でも時々、どうやったら朝はやく起きることができるのかについていろいろ書いてます。すり減らない働き方2ウォーミングアップをする判断は朝にする(黄昏効果)飲み会はコミュニケーションのツールか?遠足の朝理論朝活2度寝してはいけないA4脳が成功する早寝早起きでも、やっぱり朝起きられないときもあ..

耳で読む読書術:オーディオブックを活用する

今まで知らなかったのですが、「こんな方法がある」ということでご紹介。すばらしい音読の例としては、新潮社から発売されている朗読 CD がおすすめです。幸田弘子さんが朗読する樋口一葉の 『たけくらべ』 や、寺田農さんが朗読する谷崎潤一郎の 『春琴抄』 などを聞いていると、頭の中に意味がすっと入ってきます。そうした正しい読み方を学ぶことが、精読にはとても大事なことなのです。..

朝スッキリ起きられるコツ〜しゃべる

「デキる人は朝が早い」「朝活しよう!」仕事術を調べていると、よくこういうことを目にします。本ブログの記事でも時々、どうやったら朝はやく起きることができるのかについていろいろ書いてます。すり減らない働き方2ウォーミングアップをする判断は朝にする(黄昏効果)飲み会はコミュニケーションのツールか?遠足の朝理論朝活2度寝してはいけないA4脳が成功する早寝早起きでも、やっぱり朝起きられないときもあ..

朝スッキリ起きられるコツ〜2台の目覚ましでスヌーズする

「デキる人は朝が早い」「朝活しよう!」仕事術を調べていると、よくこういうことを目にします。本ブログの記事でも時々、どうやったら朝はやく起きることができるのかについていろいろ書いてます。すり減らない働き方2ウォーミングアップをする判断は朝にする(黄昏効果)飲み会はコミュニケーションのツールか?遠足の朝理論朝活2度寝してはいけないA4脳が成功する早寝早起きでも、やっぱり朝起きられないときもあ..

朝スッキリ起きられるコツ〜今日やることを考える

「デキる人は朝が早い」「朝活しよう!」仕事術を調べていると、よくこういうことを目にします。本ブログの記事でも時々、どうやったら朝はやく起きることができるのかについていろいろ書いてます。すり減らない働き方2ウォーミングアップをする判断は朝にする(黄昏効果)飲み会はコミュニケーションのツールか?遠足の朝理論朝活2度寝してはいけないA4脳が成功する早寝早起きでも、やっぱり朝起きられないときもあ..

朝スッキリ起きられるコツ〜ジタバタする

「デキる人は朝が早い」「朝活しよう!」仕事術を調べていると、よくこういうことを目にします。本ブログの記事でも時々、どうやったら朝はやく起きることができるのかについていろいろ書いてます。すり減らない働き方2ウォーミングアップをする判断は朝にする(黄昏効果)飲み会はコミュニケーションのツールか?遠足の朝理論朝活2度寝してはいけないA4脳が成功する早寝早起きでも、やっぱり朝起きられないときもあ..

朝スッキリ起きられるコツ〜自宅だけ窓際族になる

BODY: 「デキる人は朝が早い」「朝活しよう!」仕事術を調べていると、よくこういうことを目にします。本ブログの記事でも時々、どうやったら朝はやく起きることができるのかについていろいろ書いてます。すり減らない働き方2ウォーミングアップをする判断は朝にする(黄昏効果)飲み会はコミュニケーションのツールか?遠足の朝理論朝活2度寝してはいけないA4脳が成功する..

ご褒美は日曜日に

将来の夢や望みを実現するために、毎日コツコツ努力することが必要。わかってはいるんですが、それほど意思が強いわけでもないですし、二宮金次郎じゃないんだから、年から年中質素・倹約・努力なんてやってられません。別に日本を代表するビジネスマンになりたいわけでもなく、まぁ会社である程度の地位まで行って、貯金と退職金で老後に困らないだけの生活ができれば、程度のことであれば、実際それほどのことも必要ないのかもしれません。目先の利益のワナP276..

すり減らない働き方2

本日は、時間術に関して、著名な本を批評した時間術の本の批評部分のご紹介。昨日も紹介しましたが、この本に書いてあった内容です。「すり減らない」働き方 (青春新書INTELLIGENCE)簡単にまとめましたので、筆者の言いたかったことが一部欠けているかもしれません。その可能性がありますので、筆者がどのように考えて、これらの本の批評を書いているかについては、実際に本をあたってみてください。「残業ゼロ」の仕事力「残業ゼロ」の仕事力吉越浩一郎本の内容は、胸を打っもので..





ラベル:2度寝 早起き 習慣
posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。