2020年09月07日

セミナーに行ってはいけない





世の中にはいろんなセミナーが開催されています。
内容的にも、お値段もピンキリみたいですが。

管理人の私も1年に1〜2回セミナーに行くことがありますが(自腹や会社費用)、行って効果があるのは、あまりセミナーの講師や内容には関係ないみたいです(講師の方に失礼かもしれませんが)。

以前に、過去の日誌をぼんやり読み返していて、セミナーで「いい話が聞けた」「いいことを思いついた」などと好印象を持った時と、「しょうもなかった」「時間の無駄だった」などとがっかりしたものを比較してみたところ、ある共通点に気が付きました。

今日は、セミナーを有効活用するヒントをシェアしたいと思います。




■役に立たないセミナー


先に反面教師として、役に立たないと思ったセミナーを紹介します。
といっても、具体名は出しませんが。

 その1: 無料投資相談セミナー
 その2: ライフハック系セミナー
 その3: 大学の公開講座
 その4: プログラム開発手法セミナー

投資相談セミナーは、ほとんどが自社の宣伝でした。
何を聞いても(人が効いているものも含めて)、「うちの会社にはいるとこんないいことがありますよ〜」的な回答しかなく、その日の日誌にも

  ◇××投資相談セミナー
   しょうもな〜。

で感想終わり。

プログラム開発手法セミナーなんて10万もしたのに、ほとんどが「う〜ん」な内容(だったような記憶…)。

で、これの共通点ですが

 セミナー当日と申込み当日以外に日誌に登場しない

という事に気が付きました。




■役にたったセミナー


逆に役に立ったセミナーというのは、

 その1: 市民公開講座
 その2: (別の)ライフハック系セミナー
 その3:→→以下略

でなのですが、これが日誌の登場回数が多いんですね。

 ・もうじき××のセミナーだが、○○について聞いてみよう
 ・△△って、こういう講師はどうやってやっているんだろう
 ・なぜ□□なんだろう?

みたいに、セミナーにからめて、いろんなことを考えていたみたいです。
で、その何割かをセミナーの会場で講師にぶつけてみたり、聞いている時に、気がついたりしていました。


■色眼鏡で講師を見る


どうやらよくビジネス書などに書いてあること

 問題意識をもつことが問題解決につながる

を地で実践していたみたいです。

要は、問題や疑問がないのにいきなり、

 なにかいい事を教えてくれ

と言ったって、「いい事」の定義がない人に気づきを与えるなんて、たとえドラッカー大先生でも無理でしょう(ま、英語で喋られてる時点で「さっぱり?」でしょうけど)。

別に投資相談セミナーで自分の人生の目的について気がついてもいいです。「人生とはなんぞや」と思いつめていれば、「(テクニカル指標の)ダイバージェンス」という説明を聞いていて、

 「そうか、今の成功に浮かれないのが、人生のコツだ」

と思いついてもいいわけです。

講師の話は、

 それ自体に意味はなく、それを聞いた人の解釈に意味がある

と言うわけですね。解釈するためには、自分の色眼鏡で講師の話を聞けばいいわけで、無色透明に講師の話を聞いても、単に講師の知識の自慢話にしか聞こえないわけです。

講師の話を「自分の色眼鏡」で自分にあったように歪めるために、まず色眼鏡を持っていないと、話を聞いても、全く響かないというわけ。

■事前準備


わざわざ時間を使って、お金を払ってまで聞きに来てやっているんだから、有用な話をするのは講師の義務だ、と思えるかもしれいですが、実際は

 事前準備は聞く側がする

と役に立つセミナーになるようです。

セミナーに行くときは、

 ・こういうことを聞きたい
 ・こういう話をしてほしい
 ・いま、自分は××について困っている

などという「聞きたいことリスト」を作ってから出席して、そのチェックリストを見返しながら講師の話を聞くと、1つでも2つでも答えが見つかるようになります。そうすると、「セミナーに来てよかったなぁ」と思えるようになります。

逆に、

 聞きたいことが何かを言えないなら
 セミナーに行ってはいけない

と言うことだと思います。



■同じテーマの記事

Powerbot

様々な情報を一括管理するのに便利な Evernote。その他にGmailやGoogle カレンダー、DropBoxも使っている方であれば、これらが連携ができれば…、と思ったこともあるでしょう。そんな方にオススメなのが、本日紹介するPowerbotというソフト。Googleカレンダーとの同期Google カレンダー用のEverbotは、カレンダー上にミーティングの予定を作成すると自動的にEvernoteのノートブックを新規作成します。ノートブックにはミー..

ワークショップを理解する

研修などで「ワークショップ」っていう討論の時間が設けられていることがあります。もともと、ワークショップと言う名の研修もあります。でも、その参加者がワークショップの意味をどのくらい正確に理解しているかと言われると、個人的には結構心もとない、と思ってたりします。ワークショップの意味ワークショップの意味は、というと Wikipedia にはこんなことが書いてありました。..

どう思われたいか

あなたは人からどのような評価を受けたいでしょうか?仕事が速い人仕事が正確な人明るくて一緒にいて楽しい人こんな感じでしょうか?期待に答える多くの商品は、「何を開発するか」ではなく「なんだったら売れるか」で開発されます。ちょっと古いですが、大ヒットした任天堂のファミコンは、技術者からみれば、ちゃちなものの塊です。でもその当時群雄割拠状態だった家庭用ゲーム機市場を完全に制覇してしまいました。大切だったのは、「どんなすごい技術が使われているか」ではなく、「..

文章のコツ4:「である」調と「ですます」調

どうも日本語というのは、母国語で話し慣れているので、あまり意識しなくてもそれなりの文章が話せたり、書けたりします。ところがちゃんと勉強してみると、以外に知らないことが少なくありません。ちょっとだけわかりやすい文章を書くためのコツのひとつに、文体を揃えるという事があります。ネットで辞書を引いてみると、文体1 文章の様式。口語体・文語体・和文体・漢文体・書簡体・論文体など。2 その作者にみられる特有な文章..

仕事や勉強のインターバルの効果的な使い方

ポモドーロテクニックにあるように、人間の集中力には限界があります。よく言われるのが1時間〜2時間が限界というもの。ポモドーロテクニックだと、30分ごとに時間区切り、25分集中5分休憩などとしていますね。ところが、この休憩時間をどう使うかということは書いてないものが多いです。休憩というと、なにか飲み物を飲んだり、席を立って体を動かしたり……と、「たり」ばっかりです。つまり、「作業でないなにか」でしかないわけです。どうし..

非常識な成功法則

今週は、夏休みに読みたいビジネス書の紹介です。本日は、これは読まずにビジネス書を語るべからずとおもっている(以前紹介した)本。非常識な成功法則神田昌典ずいぶん古い本ですみません。神田昌典氏の出世作ですね。元ネタを使いまわしているようですが、結局たくさんのビジネス書を読んでも、本当に「これは、何度も読み返したい」という本は数えるほどしかありません。それは自分の課題認識によって人それぞれなのかもしれませんが、このブログでは、沢山の本を紹介することではなく、自分..






posted by 管理人 at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。