2019年12月23日

セミナーに行ってはいけない





世の中にはいろんなセミナーが開催されています。
内容的にも、お値段もピンキリみたいですが。

管理人の私も1年に1〜2回セミナーに行くことがありますが(自腹や会社費用)、行って効果があるのは、あまりセミナーの講師や内容には関係ないみたいです(講師の方に失礼かもしれませんが)。

以前に、過去の日誌をぼんやり読み返していて、セミナーで「いい話が聞けた」「いいことを思いついた」などと好印象を持った時と、「しょうもなかった」「時間の無駄だった」などとがっかりしたものを比較してみたところ、ある共通点に気が付きました。

今日は、セミナーを有効活用するヒントをシェアしたいと思います。




■役に立たないセミナー


先に反面教師として、役に立たないと思ったセミナーを紹介します。
といっても、具体名は出しませんが。

 その1: 無料投資相談セミナー
 その2: ライフハック系セミナー
 その3: 大学の公開講座
 その4: プログラム開発手法セミナー

投資相談セミナーは、ほとんどが自社の宣伝でした。
何を聞いても(人が効いているものも含めて)、「うちの会社にはいるとこんないいことがありますよ〜」的な回答しかなく、その日の日誌にも

  ◇××投資相談セミナー
   しょうもな〜。

で感想終わり。

プログラム開発手法セミナーなんて10万もしたのに、ほとんどが「う〜ん」な内容(だったような記憶…)。

で、これの共通点ですが

 セミナー当日と申込み当日以外に日誌に登場しない

という事に気が付きました。




■役にたったセミナー


逆に役に立ったセミナーというのは、

 その1: 市民公開講座
 その2: (別の)ライフハック系セミナー
 その3:→→以下略

でなのですが、これが日誌の登場回数が多いんですね。

 ・もうじき××のセミナーだが、○○について聞いてみよう
 ・△△って、こういう講師はどうやってやっているんだろう
 ・なぜ□□なんだろう?

みたいに、セミナーにからめて、いろんなことを考えていたみたいです。
で、その何割かをセミナーの会場で講師にぶつけてみたり、聞いている時に、気がついたりしていました。


■色眼鏡で講師を見る


どうやらよくビジネス書などに書いてあること

 問題意識をもつことが問題解決につながる

を地で実践していたみたいです。

要は、問題や疑問がないのにいきなり、

 なにかいい事を教えてくれ

と言ったって、「いい事」の定義がない人に気づきを与えるなんて、たとえドラッカー大先生でも無理でしょう(ま、英語で喋られてる時点で「さっぱり?」でしょうけど)。

別に投資相談セミナーで自分の人生の目的について気がついてもいいです。「人生とはなんぞや」と思いつめていれば、「(テクニカル指標の)ダイバージェンス」という説明を聞いていて、

 「そうか、今の成功に浮かれないのが、人生のコツだ」

と思いついてもいいわけです。

講師の話は、

 それ自体に意味はなく、それを聞いた人の解釈に意味がある

と言うわけですね。解釈するためには、自分の色眼鏡で講師の話を聞けばいいわけで、無色透明に講師の話を聞いても、単に講師の知識の自慢話にしか聞こえないわけです。

講師の話を「自分の色眼鏡」で自分にあったように歪めるために、まず色眼鏡を持っていないと、話を聞いても、全く響かないというわけ。

■事前準備


わざわざ時間を使って、お金を払ってまで聞きに来てやっているんだから、有用な話をするのは講師の義務だ、と思えるかもしれいですが、実際は

 事前準備は聞く側がする

と役に立つセミナーになるようです。

セミナーに行くときは、

 ・こういうことを聞きたい
 ・こういう話をしてほしい
 ・いま、自分は××について困っている

などという「聞きたいことリスト」を作ってから出席して、そのチェックリストを見返しながら講師の話を聞くと、1つでも2つでも答えが見つかるようになります。そうすると、「セミナーに来てよかったなぁ」と思えるようになります。

逆に、

 聞きたいことが何かを言えないなら
 セミナーに行ってはいけない

と言うことだと思います。



■同じテーマの記事

相手に自分自身を説得してもらう

割と中立に近い立場の人に、自分の意見に賛成してもらうためには何をするといいでしょうか?個人的な印象で見ると、こうした多数派工作っぽいことを失敗する人が多いです。それは、自分が賛同していほしい意見を言うから、「それ、自分で行っちゃダメだろう…」と思って生暖かく見ていたりします。人間は他人の意見で意見を変えない経験的に見ると、多くの人は他人の意見で自分の意見を変えることは多くありません。その人が論理性をとても重要視して..

先読み読書で速読もついでにする

本をたくさん読む人は、本を読むのも早いですね。もちろん、「慣れ」というか、練習量の多寡が影響している部分もありますが、素早く本を読み、素早く意味を汲み取るという技術はいつくかの方法論があるようです。いわゆる「速読術」です。読書の目的から外れない読書するのは、早く読むことが読むことの目的ではないので、早く読むことに力点を置くより、「ちゃんと理解する」ところに力点を置きたいと考えています。なので、読書はゆっくりすればい..

デスクトップにファイルを保存しない

ファイルを作りかけているときに次の会議の時間になっちゃった、とそんなときに「名前をつけて保存」ってやるとデスクトップかドキュメントフォルダが最初に開いてきます。「ええい!いちいち別フォルダを開いてられるか!」ってそのままデスクトップに保存しちゃったりしません?以前はよくやってました。そのおかげで、デスクトップにはいろんなプロジェクトのファイルがごちゃごちゃにおかれて、せっかくの壁紙もアイコンだらけで見られないくらい。それが大事な時間を奪うことになるんですよね〜。..

環境を構築する3

仕事のツールとして、一番良く使うのはPCでしょうかね?多くの人がPCで、メールをやり取りしたり、プレゼン資料を作ったり、データを整理したり、契約書を作ったりと何らかの形でPC操作が仕事をする上で必要になっているのではないでしょうか。昔(といっても10年〜20年)は、PCがまったく操作できない。メールも書けないので、他の人にそれを頼んでやってもらうという上司も居ましたが、さすがに今時そんな人は居なさそうですね。ツールを改善する道具である以上、使いやすくして..

やることリストとやらないことリスト

いろいろな作業を経て完成する仕事(GTDではプロジェクトと読んでますね)があった時に、よく「作りなさい」問われるのが、計画化と「やることリスト」です。これはベースになっているのは、「やることリスト」であって、それを時系列に並べたものが計画です。みなさんはやるべき作業をどのようにまとめていますか?上司の指示、クライアントとの打ち合わせでできた宿題、自分自身で..

セルフイメージを高める本当の方法

私も含め、どうもストイックな人が多いような気がします。これじゃあダメだもっと頑張らないともちろん、自分の課題を発見し解決していくことは良いことだと思います。ただ、それはマイナスをゼロにする方法でしかありません。ダメなところを改善してもプラスにはならないんです。一方で、良いところをより活用しようとしたり、より伸ばそうとするとプラスがさらに大きなプラスになります。アファメーション「アファメーション」という言葉の発祥..




posted by 管理人 at 04:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック