2020年06月01日

スナップショットカラーダウン





・え〜っと、今日の宴会の場所はどこだったっけ?
・あれ? 今日訪問する予定の客先はどこだったっけ?
・この前見たあのWebページに面白い絵が書いてあったよなぁ

なんてことにならないように、ノートに地図やその時のスナップショットを貼り付けて、記録に残す。

なんていうテクニックはもう皆さんご存知ですよね。

今日は、それをより便利にする方法の紹介。




■スナップショットをとる


以前の記事でも紹介しましたが、私は基本的にテキストエディタ波です。

なので、ちょっとしたノウハウを発見した時には、それをテキストで書き起こしていますが、どうしても文章で説明するとわかりにくくなる場合もあります。

例えば、冒頭に書いたような地図の場合。

 ・××駅をおりて、
 ・3つ目の●●●という信号を左に曲がって
 ・さらに2つ目の○○○のカドをを右に曲がって
    :

なんていうことを書いても、あとでいちいち文章を読まないとわからないので、すぐには判断できなくなってしまいます。やっぱり画像情報というのは圧倒的に情報量が多くなります。

こういう時には、ノートにその地図を印刷して貼り付けておいて、それを見たほうがよっぽど早い。

でもちょっと困ったことが有りました。

最近の地図はすごくカラフルなので、上からボールペンでキーになりそうなところに目印を書いておいても、他の色と混じってしまって、書き込み場所がすぐに見つからないこと。




■彩度を落とす


そこでやり始めたのが、印刷前にちょっと全体の彩度を下げて印刷すること。

こうしておくと、ボールペンの彩度が相対的に高くなるので、書き込んだところが、チラ見程度ですぐに発見できるようになります。

EXCELだと、スナップショットを取る機能があるので、EXCELをたちあげておいて、スナップショットを選択して、対象のウインドウのスナップショットを取る。
その後に、「図の書式」→「色」→「彩度」で彩度を30%くらいにしてやると、全体に軽いモノトーン調になります。

これをノートサイズに縮小印刷(用紙の大きさを指定してやれば自動的にサイズを調整してくれます)して、ノートに貼り付ければOK。

これで、書き込みをしても、その部分がしっかり目立つようになります。

あとは必要な書き込みをするだけ。

ただ、Google MAPみたいに、そこへのルートを示してくれる線が画像に含まれると、その線までモノトーン調になるのはちょっと残念ですが…。

地図ソフトでそういった、ルートを目立たせるような仕組みを自動的に組み込んでくれないかしら。



■同じテーマの記事

Excelの小技:オートシェイプのテキストを検索する

Microsoft Officeの中でも、Excelは非常によく使うアプリです。このExcelで、長年不満がありました。オートシェイプの中に書かれた文字列を検索できない変更に抜けもれがないように確認したくても、オートシェイプのなかにテキストを書いてしまうと、Excelでは検索してくれません。先日、別のことをしている時に発見しました。Excelでオートシェイプを検索や置換をしてくれるツール。いかが公開ページです。RelaxTools超多機能ツール個人的..

NexusFileその2(ショートカット)

本日は、ショートカットの作成についてメルマガでは、スナップショットはご紹介できませんので、よろしければ私のブログでご確認ください。 までいらしてください。立ち上げやくするまずWindowsでNexusFileを立ち上げやすくするためにタスクバーにピンどめしてあります。こんな順番で、ブラウザ、NexusFile、メール、エディタ、過去メール(MailStoreHome)の順。こうしておくと、Win+1で..

ミニボールペン

暑くなって来ましたね。夏場は当然着ているものが薄着になるので、持ち歩くものの収納力も下がります。それでも、なんとかして、メモ帳とペンだけは手放さないようにしてます。そこで、私が愛用のメモ帳とペンをご紹介。ミニボールペンゼブラ SL−F1ミニ 黒写真を見るとわかると思いますが、長さがわずか8センチほどのボールペンです。だからといって書きにくいかというとそうでもない。使おうと思ったら、両側を引っ張ると長くなって、ついでにペン先が出てきますので、長さは全く問題..

反省するより記録しなさい

たぶん、今年の年初に立てた今年の目標で、仕事上の部門・グループの方針として立てたものが、手付かずで残っている人は少ないでしょうけど、個人で立てた目標は手付かずのままのものがあるのではないでしょうか。この差はなんだろうかというと、おそらく「強制力の差」と「チェックを入れる人の存在」だとおもいます。仕事上で立てた目標というのは、当然、上司と相談したうえで決めます。そしてその進捗管理を1週間なり1か月ごとに上司に報告しないといけません..

溜まりまくった受信箱を瞬時に空にする方法

仕事にもよりけりですが、私の場合1日に受信するメールの量はだいたい300件±100件くらいが普通です。で、出張やら休暇やらを複数日、1週間もメールをほとんど処理しない日が連続すると、目も当てられない状況になります。そんなときの必殺のメール処理方法があります。一瞬で受信箱のメールをゼロにする方法一瞬で受信箱にたまりまくったメールをゼロにする必殺の方法はメール一覧を出した状態でCTRL+A を押す(すべてのメールが..

メールをためないコツ

朝、メールソフトを立ち上げると受信箱に山のようなメール。「どれから読もうかな〜。なんか面倒くさいなぁ……」以前も今も1日に受信するメールの量はおおよそ1000〜1500件。この内自分が抱えているプロジェクトに関係するものが200〜500件。さすがにこれだけのメールが来ると、私宛のメールも見落としますよ…。で、どうしても必要なのがメールの振り分け機能ですが、振り分け機能が有効なのは、機械的に判断できる条件だけで、内容を読まないとわからないようなもの、どっちとも取れるよ..






posted by 管理人 at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ハック:ノート術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。