2019年10月28日

タスクの名前





■タスクリストの制約事項


タスクリスト(ToDoリストと呼ぶ場合も)を何らかのソフトを使って管理されている方も多いと思います。
まぁ、どんなソフトをつかっても、上から下にやるべき仕事がずら〜っと並ぶことになります。

これで結構不満なのが、タスクが2次元以上の管理ができないこと。

つまり、

 企画書を提出する

というタスクをするために、

 企画案を可能な限り考える
 企画案に沿ったデータを集める



 企画案のプレゼン資料を作る

という詳細タスクにわかれます。

さらにやり始めてみたら、「企画案に沿ったデータを集める」というのは、意外と時間がかかって、やっぱりタスクを分割して

 「Aの企画案に沿ったデータを集める」
 「Bの企画案に沿ったデータを集める」
 「Cの企画案に沿ったデータを集める」

なんていうふうにどんどんタスクが分かれていってしまいます。

GTDなどでは、「最初に思いつく限りあげなさい」と言われているのですが、最初から全部のタスクを思いつくほど優秀だったら、おそらくもうちょっと別の仕事をしていたかもしれない。
所詮その他大勢の凡人ですので。


ということで、タスクはどんどん増殖していき、気がつくと

 「最初のタスクは何だったっけ?

という状態になり、

 「あれ、もしかして元のタスクを起票しなかったっけ?」

と、また大本(その時点では)のタスクを起票してみるものの、週次や月次レビューの時に、似たようなタスクを発見する。

 「あれ、このタスクとこっちのタスクは同じものだったっけ? 別のタスクだったか?」

などと要らない悩みを抱えることになります。

それもこれも、原因は「リストだから」。

リストはもともと、1次元的にしか広がって行きませんが、タスクは2次元的に広がりを持っている。
これを表現しようとすると、どうしても無理があるわけです。




■マインドマップ


これがマインドマップなどの2次元的表現ができるものだと、すぐ上のタスクが追えるので、こういうことが起きません。
ところが、マインドマップは、「リストじゃない」ので、今度はリストの良さの、「その都度・都度の要望に応じて並べ替える」なんていう芸当ができません。
つまり、すぐに手を付けるべきタスクがすぐに埋もれちゃうわけ。

 「あ〜。ジレンマ

■タスクをグルーピングする


最初にやってみたのはタスクをグルーピングすること。
つまり、あらたなタスクを起票した時に、これをグループとして登録してしまい、小タスクはその下に書くようにすること。
私はアウトルックで管理してますので、「分類」という項目をどんどん追加していけば小タスクはその下で管理できるようになるわけです。

   親タスク
     + 小タスク
     + 小タスク
     + 小タスク

こんな状態。
ところが、小タスクが孫タスクを産むと、小タスクを「分類」に昇格させる必要が出てきて、「分類」に昇格させると、親タスクからのリンクが切れてしまう。
その上、分類は完了時には自動的に消えないので、完了したタスクが子供を持たないまま(卒業した子供はいますが)、亡霊状態になって残ってしまい、見辛いことこの上ない。

■名前に分類名称をつける


そこで、最近やるようになったのが、

  名前に親タスクの名前を入れる


という方法。さきほどの企画書であれば、

  タスク名称          説明
  企画書提出          企画書を提出する
  企画書提出!企画案作成    企画案を可能な限り考える
  企画書提出!データ収集    企画案に沿ったデータを集める
  企画書提出!資料作成     企画案のプレゼン資料を作る

としておく。
さらに、企画案を分割するときには


  タスク名称          説明
  企画書提出!データ収集!A   企画案Aに沿ったデータを集める
  企画書提出!データ収集!B   企画案Bに沿ったデータを集める
  企画書提出!データ収集!C   企画案Cに沿ったデータを集める

と書いておくわけ。

これだと、名称でソートした時に、親タスクから順番に並ぶので、どれのタスクが細分化されて、まだどれだけ残っているのか、かなりわかりやすくなります。

  タスク名称          説明
  企画書提出          企画書を提出する
  企画書提出!企画案作成    企画案を可能な限り考える
  企画書提出!データ収集    企画案に沿ったデータを集める
  企画書提出!データ収集!A   企画案Aに沿ったデータを集める
  企画書提出!データ収集!B   企画案Bに沿ったデータを集める
  企画書提出!データ収集!C   企画案Cに沿ったデータを集める
  企画書提出!資料作成     企画案のプレゼン資料を作る

こんなふう。



■同じテーマの記事

人との調整の時間を確保する

スケジュールを作るときに、つい忘れてしまうことがあります。「調整の時間」です。仕事は、作業と打ち合わせと調整私の会社の場合、アウトルックでスケジュールを管理しています。大体1週間のうち、定例の会議が1割位。これはこの先もずっと抑えられているスケジュールなので、あまり考えることもなく決まってしまいます。そのスキマにはいるのが、色々なイベントの打ち合わせ。「×××についてちょっと打ち合わせさせてください」とかいうのが、前の週から徐々に入ってきて、月曜日には..

パスの辞書登録

マイドキュメントの下に作ったフォルダにアクセスしたい時に、どうしてますか?Windowsだと、エクスプローラをたちあげて、「マイドキュメント」フォルダをクリックして、その下のXXXフォルダをクリックして……、とマウスで追いかけてますか?仕事でよく見かけるのは、デスクトップにフォルダのショートカットを作っている人。でも見るとデスクトップ一面にショートカットが並んでて、「え〜っと」と言いながらマウスが行ったり来たり。まったく、時間の無駄だなぁと思ってみているのは(言い..

長期計画は決めない

業務をする上で、計画(スケジュール)は必須です。ところが、この計画、たてた途端に遅れ始めるのが困りものですね。全く不思議でなりませんが、そうなるものは仕方がない。本日は効率的な計画の建て方。計画の建て方のクセ計画をたてるときに、どんな計画を書くかは、人によってパターンがありそうです。もちろん、会社の社風やそのプロジェクトの重要度にもよって変わってくるでしょうけど、普段の自分自身の計画の建て方が、大勢で計画を立てている時も同じようにクセとして現れます。..

要約をつくる方法

以前の記事ねぎま式読書ノートで、本の気になったところを抜書きして、それぞれにコメントを付ける方法をご紹介しました。本日は、本を要約する読書ノートの作り方について。要約が下手な理由本の要約というと、学校で「以下の例文を要約しなさい」というテストや宿題を思い出しますね。イヤな思い出です…。なにしろ、言いたいことはだいたい分かるのですが、適切な言葉で短くすることができない。文筆家が書いた文章には無駄な言葉はない。だから..

マニュアルを熟読する

携帯電話やパソコン、ビデオレコーダ、テレビをお持ちですよね?そのマニュアル(取扱説明書)って、読んだことありますか?最近は、ビデオレコーダやパソコンでも非常に多機能で、非常に多くのことが単体でもできるし、他の機器を繋ぐと、さらに高度なことができるようになってます。でも、テレビなんて、単に電源を入れてチャンネルを選ぶだけ、なんていう状態になってませんか。パソコンにも、その機種固有のあるいはOSでいろんな便利な機能が最初から搭載されています。これを使うと、意外と効果のある..

面接技術:一言話す

面接官をしていると「この人ちょっと扱いづらい」と思うようなシーンがあります。どういう場合かというと、何か質問をした時に、一言で答える人。たとえば、「最近勉強していることは何ですか?」などと聞いた時に、「マインドマップの勉強をしています」などと答えられるような場合です。後が続かないよく面接技術やプレゼン技術などで、一言で要約して話をするとわかりやすいという事がいわれます。たしかに、だらだらと話しをされるのは聞く側にとっては苦痛でしかありません。まして..




ラベル:タスク 管理
posted by 管理人 at 04:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ハック:仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック