2013年06月19日

一生懸命じゃない





また今年も昇進・昇格の試験の季節になりました。
しっかり人事部から面接の案内をもらってます(面接官として)。

自分の部下にも昇進候補がいて推薦しているのですが、ちゃんと受かってくれるだろうか…。




■コンピテンシー面接


以前の記事にコンピテンシーの意味は書きましたので、ここでは省略しますが、コンピテンシーを重視する面接において、一番困るのが以下のセリフ

 「一生懸命がんばりました

いや、だれもあなたが「頑張って手抜きをした」なんて思っていないから…。

どうしても説明が「マインド」に偏ってしまう人がいるんですね。
特に「アツイ」人。多分、自分の後輩や部下にもそう接しているんだろうね。

 ・ここは踏ん張りどきだ!! 頑張ればきっとうまくいく!
 ・いまは大変だけど、それを乗り越えてこそ成長があるんだ
 ・前向きな気持がなければ、やるべきことは成就しないんだぞ!!

などなど。

確かに私もそういうセリフを聞いたことが少なからずありますが…。最近は少なくなったような気も。

通常の面接で求められるのは、頑張ったかどうかではなく、

 ・何を問題ととして捉えて
 ・どのように分析して原因とみなし
 ・どのようにしてその対策を立案して
 ・どのような行動をとった結果
 ・どういうふうになったか

という論理的な流れです。別に頑張ったかどうかは興味がありません。




■一生懸命


ちょっとうんちく話ですが、「一生懸命」という単語はもともと「一所懸命」という言葉からきているそうです。
自分の領地に命をかけるから一所懸命。それが訛って「一生懸命」。

確かに一生に命をかけてもたいしてメリットは無さそうですもんね。
「一生懸垂」ならもしかしてムキムキになれるかも。

――閑話休題

■「頑張りました」は言ってはいけない


社内のメンバーの面接の場合は、基本的に「合格させてやりたい」と思って面接官は面接に臨むので、どのような事柄について、どのように頑張ったのかはアピールしてほしいと思ってます。
しかし、「一生懸命頑張りました」と言われてしまうと、「あぁ、

  努力と根性と偶然

で今があるのね」と思ってしまいます。
まず不合格です。
「原因分析すらできてないのね……」「ましてや創意工夫はしなかったのね」です。

もし、本当に努力・根性・偶然で成果が得られたとしても、それをあとで振り返って、あとづけていいから

 ・ターニングポイントとなった出来事
 ・その出来事が起きた理由

を考えて(ひねり出して)ください。そして、その理由が発生したのは、「自分のこういう行動だった」と無理矢理にでも紐付けてください。それを滔々と説明すれば合格出来ます(面接官は、その原因が正しく問題を捉えていたのか、その行動が問題に対して効果があったのかを判断出来るだけの情報を持っていません。つまり、嘘や誇大広告があっても検証のしようがない、ということ)。

もし理由付けが論理的に弱いなと思ったら、上申書(昇級・昇格するときに自分の実績を書くレポート)はさらっと書いておいて、言葉で説明してください。人間は


 「〜〜〜〜なので××××です」

といわれると、簡単に納得してしまうみたいです。これを文章で読むと関連性をちゃんと把握しますが、言葉だと案外ごまかされちゃいます。

例として心理学的な実験として、コピー機に並んでいる人に割り込ませてもらう時に

 1.だまって割り込みをする
 2.「すみません、先にコピーを取らせてください」
 3.「すみません、コピーとを取らないといけないので先にコピーを取らせてください」

と言ってみると、3.が圧倒的に割り込みを許して貰える確率が高くなるそうです。
文章で読んで見ると、「理由になってないじゃん」と気がつくのですが、言葉で言われると、文章の構文「×××(理由)なので、○○しました」という文章は、「ちゃんと理由がある」程度にしか理解しませんので、大丈夫です。ごまかせます。

ポイントは、「ばれるかも…」と思いながら言わないこと。「そんなの当然でしょ」という態度で堂々と(意味の通じない)理由を述べることです。

 な〜に。度胸だよ、度胸。



■同じテーマの記事

発言は文章で書いてからそれを読み上げるように

1年に一度くらい、スマホを録音モードにしたまま過ごしてみると、けっこういろいろな発見があります。私の一番の発見は「文章になってなくて、何を言っているのか分からない」ってこと…あとで聞き直してみると、よくこれで仕事が進んでるな、と感心します。意味不明な発言の理由私は、池上彰氏の解説が非常にわかりやすいと思ってます。時々ふと横目で見る TV 番組などもそうですが、著作もシロートが読んで、「そういうことか」みたいな気付..

時間を無駄にするもっとも良い方法

毎日忙しいですよね。大抵のサラリーマンは週に40時間は当然のように拘束され、その時間はひたすら何かしているわけです。ほとんどのサラリーマンは、それにプラスして残業という延長戦もこなしています。そこで毎度会社なり上司からお達しがでるのが、「効率をあげよう」っていうテーマ。まあ、年に1回位は聞くでしょうし、何年かに一回は全社的な活動としてやっているところもあるのではないでしょうか?私はシステム関連の担当業務をしているので..

ダラダラ癖から抜け出すための10の法則:自分の使った時間の記録のやりかた

過去記事でも何度か「日誌を書く」について書いてますが、これは実際いろいろな良い効果があります。ひとつは、忘れ物をしなくなること。もうひとつは、振り返り(いわゆる「レビュー」ですね)のときに、「事実」と「記憶」が結びつくこと。さらに、メモが活かせるようになること。他にもいろいろありますが、代表的な効果はこの3つです。これをさらに一歩進めると、「日」単位ではなく「時」単位の「時誌」になります。これをつけるようになると、日..

ソフトに会話する(作用反作用の法則)

他人を説得して自分のやりたい活動に巻き込んでいくために、気をつけたほうがいいのは断言しないことです。どうしても、自分がやりたいことがあると、「大丈夫です。やりましょう!」みたいにいいたくなるのですが、こういうリーダーに従ってくれるのは、「言われるままやっていればいいや」と思っている人。でも、大抵の人は「そんなことやってもなぁ…」とかいろんな感想を持ってます。自律的に進めてほしいこういう人に強い態度で臨むと、従って..

時間日誌の効用

「この仕事はだいたい3時間位掛かりそうだな」、「1週間お待ちいただけますか」って言った仕事ってどのくらいの精度で完成しているでしょうか?こういうのって、それに近いことをやった経験自体も必要ですが、経験を積むためには、「やった」だけではなくて「測った」「予測と実績の差の理由を考えた」という経験がないとなかなか精度が上がりません。予測精度をあげるために記録をつける予測精度が上がるとどんないいことがあるか、についてですが..

引き継ぎをする

サラリーマンは、だいたい期末や期初に業務や担当が変わったり、昇進昇格によって仕事内容が変わったりします。そのときに、以前その業務をやっていた人がいるはずですよね。あらたに仕事を作ったのではない限り。そういうときに、前任者からきちんと引き継ぎをしてもらってますか?実はわたしは引き継ぎをしてもらった経験があまりありません。知らない人が困っても痛くも痒くもない一番仕事で困るのは、「その前がどういう状態だったのか」がわから..




posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック