2021年05月31日

夜中にメールする





メール、いっぱい来ますよね。

今日は普通にメールに返信しても評価を高めるテクニック。




■頑張っても評価されない


基本的に仕事は「成果の量」で評価されるものです。
特に、MBOが日本に導入されてからそういう傾向が強くなって来ました。

一昔前は、「とにかく24時間いつでも仕事をしている」「残業もバリバリこなす」人が評価されてましたが、最近は、「残業しなくても目標をちゃんと達成する」ひとが評価れるようになってきたみたいですね。

ただ、それでも、上司の心理的に「頑張っているから」という評価も多少は残ってます。

だからといって、早出したうえに、最後の一人になるまで残業、なんていうのは、体を壊すだけです。

そこで、適当に仕事をしながら、上司や同僚には頑張っている様子を魅せつけるために、時々私がやっているのがこの方法。

■メールの時刻指定送信


ほとんどメールソフトにはこの機能があります。

ようは、メールを書いておき、時間になったら送信してくれる機能。


どう使うかというと、

 夕方や夜に来たメールに返事を書く
 そのメールの返信時刻を夜中(できたら12時過ぎ)に設定しておく

ただこれだけです。

可能なら、10〜30分おきくらいに4,5通まとめてこれをやります。





■君は何時まで仕事をしているんだね?


このいくつかのメールのうち、1つだけはメールが上司宛だったり上司が興味を持っている話題であるものにします。
それ以外は、CCが入っているだけで充分。

毎回ではないですが、上司は「たまには」メールの送信時刻を気にする時があります。
これが、上記の夜中に時刻指定送信をしたメールなら大当たりです。

 「こいつ、こんな夜中まで、さらに家でも仕事をしているのか。頑張ってるやつだなぁ」

と思ってくれます。

実際には、いっぱい飲んでぐーたら寝ているんですけどね。

目標としては、これを週に1回くらいやります。なるべく継続的に。
そうするとそれにヒットする確率が上がります。
10回やって1回気がついてくれれば、上出来です。


■アピールしてはいけない


1年に1回くらいは

 「××君、君は夜中にメールを返しているんだね」

とかコメントしてくれる時があるでしょう。
その時には、

 「そうなんです。僕って頑張り屋さんなので、来年は給料上げてくださいね」

なんて、(思っていても)口に出してはいけません。
こいつ、「アピールのためにやっているのか」なんて思われた日には、減点される危険すらありますので。

 「いや、デキが悪いので、根性でカバーを……」

とか

 「へへっ…」

とか、言葉を濁してごまかしてください。

これで効果は充分

次回の考課の時には絶対に上司は覚えてます。

ただし、評価出来るだけの実際の成果もひつようですので、成果が上がらないと成績も上がらないですが、少なくとも、多少のミスは目をつぶってくれたり、他の人と同点ならより高く評価してくれたりします。
私が評価するときもそうですから。




■同じテーマの記事

問題認識の手法3―現状分析

本日は、問題解決の手法の3回目。第2回めで「見える化」についてお送りしましたが、実は問題解決のプロセスを時系列で並べると、こちらが先です。ただ、今回問題認識の手法というテーマで書いていますので、話の流れの都合上、問題を顕在化することを先に持ってきてしまいました。ですので、この記事を読んでもう一度前回の「見える化」に戻って読み返していただけると、この記事の内容が理解しやすいかもしれません。現状分析手法現状分析はパター..

点を打つ

よくビジネス書や自己啓発セミナーなどで、10年後の目標に向かって、今年やることを決め、今年やることを分解して、今月→今週→今日とタスクを作って行きましょう、と言われることがあります。もちろん、その本を書いた人やセミナーを主催されるような方は、本当にそうして、本の著者になれたり、独立起業された方ですので、当たり前のことかもしれません。そこまで…振り返って、平凡な会社にすがりつくようなサラリーマンである私には、できる時とできない時があります。「10年後に資産..

読書ジャンルごとにアプリを用意する

並行読書読書術で、多読のすすめの中に、並行読書を勧めているものが少なくありません。ようは、時と場合に応じて読む本を変えてやると、都合よく読むことができる、という方法。ビジネス書のように仕事に活かす読書は、忙しい人が、走りながら、時間の合間を縫ってするものです。通勤中はもちろん、昼休み、外出時の空き時間、入浴・食事中など、聖域を設けず読んでいきましょう。..

本を持ち歩く

「本なんか読んでる時間がない」時々、部下や友人に読書を進めたりするのですが、本をあまり読まない人からはこういう返事が返ってくることがあります。たしかに、現代は次から次へとやるべきことが降ってきて、ちょっと時間があればメールをチェックしなければいけないし、フェイスブックで「友達」している人にコメントしないといけないし…、とまぁやるべきことはいっぱいありますよね。かく言う私も、ちょっと時間さえあればメールを見てますので、トータルすると(仕事時間内も含めると)1日に4〜5..

予測読書

読書してますか?管理人は1週間で4〜5冊のペースがここ2年くらい続いてます。ただ、本当にいい本は何度も繰り返し読むので1週間かかるときもありますが。苫米地英人氏管理人は、苫米地英人氏の本は非常にわかりやすく、わかったような気になる書き方がしてあるので、よく読んでます。この本の中に、「記憶する」という脳の機能を働かせるための条件という説明がありました脳を鍛える「超」記憶法・脳は知っていることは覚えない・脳に「これは重要」だと思わせれば記憶できる・..

依頼で仕事の空白を作らない

あなたはもしかして、他人の仕事に依存した仕事の進め方をしているかもしれません。リマインダーリマインダーってご存知ですよね。ある日、ある時間になったら、「××をする時間ですよ」と呼び出してくれるアプリの事を言います。大体はスケジューラやタスク管理ツールとセットになってますよね。無意識に一緒に仕事をしている人をリマインダー代わりに使っていることがあるんです。これは仕事を効率的に進めるための阻害要因の一つになってます。たとえば、「ある仕事をしようとしたらわから..






posted by 管理人 at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ハック:仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。