2020年10月05日

ステップファイル





■バーバラ・ヘンフィル



この本に面白いことが書いてありました。

 



 すべては「単純に!」でうまくいく

ちょっと引用すると




★P33――――――――――――――――――――――――――
◇「ステップファイル」のススメ
前にも言いましたが、「書類は、一度手にしたらすぐに処理する」と言われても、実際問題として、なかなかできるものではなりませんね。
 :
ではここで、へンフィルの考えた「ステッブファイル」を紹介しましょう。まず、「打ち合わせをする」「電話をする」「資料室に行く」などのような、行為別のファイルを作ります。そして、書類が来たら、(番最初にする行為のフアイルに、その書類を人れます。来た書類はすべて、そのようにフアイルしていくのです。
そして、その行為か終わったら「次の行為のファイルにを順次移していきましょうこの方法の長所は、同種の仕事をつにまとめられることです。もしあなたが「電話をする」と書かれたファイルを手に取れば、そこから自動的に、電話をするというひと続きの仕事が生まれます。書類の山ほど、見たときにやる気をなくさせるものはありません。けれども、このステップフアイルがあれば、さしあたって何をすべきかが一目でわかるのです。
――――――――――――――――――――――――――★


なるほど〜。

ただ、今の仕事では紙の書類より電子文書が多いので、ファイルではなく、メールでこんなことができないかな、と考えてみました。

基本はメールの分類の機能を使います。
会社ではアウトルックなので、アウトルックの「分類」の機能。この分類に

 ・電話をする
 ・会議を開催する
 ・情報を収集する
 ・情報を整理する
 ・レポートを作成する
 ・保管する
 ・一定期間後に破棄する
 ・アイディアを出す
 ・次のアクションを決める
 ・(返信をする)

という分類を作りました。

以前の記事で、メールの編集機能を使って、メール本文にコメントを書いておく、というヒントを紹介しましたが、先にやることを分類しておけば更に手間が省けそう。

ついでにアウトルックの簡易マクロ機能を使って振り分けもできるようにしました。
CTRL+1と押すと、明日を期限にして、「電話をする」と「次のアクション」の分類が付加されます。

■ステップ分類


これはファイルではないので、「ステップ分類」と名づけました。

たとえば、「○○で困ってます」というメールを受けた時には、とりあえず「電話をする」分類にいれておく。
で、相手に電話をして詳細な話を聞いたら、「情報を収集する」分類をつけておきます。

さらに必要な情報をこのメールに返信の形で自分宛にメールをすれば、スレッドが繋がって、後で整理がしやすくなります。
必要な情報が集まったら、「情報を整理する」分類に入れて、会議の資料を作ります。資料が整ったら、「会議を開催する」。関係者のスケジュールを調整して会議を開催、開催したら議事録くと決定事項をまとめるために「レポートを作成する」分類。

で、最後は「保管」の分類に入れておけば、保管庫には過去にやった仕事の結果が溜まっていく、という算段。

■参考資料


◆アマゾン



すべては「単純に!」でうまくいく

◆楽天


すべては「単純に!」でうまくいく

すべては「単純に!」でうまくいく
著者:ローター・J.ザイヴァート
価格:1,680円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



◆その他Webリンク


ビジネス選書サマリー
http://www.bbook.jp/backnumber/2003/06/post_62.html

GoogleBook
http://books.google.co.jp/books?id=w9o0eBm-RUQC&pg=PR4&lpg=PR4&dq=%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6%E3%81%AF%E3%80%8C%E5%8D%98%E7%B4%94%E3%81%AB%E3%80%8D%E3%81%A7%E3%81%86%E3%81%BE%E3%81%8F%E3%81%84%E3%81%8F&source=bl&ots=8na89vlBi8&sig=Av3tGgoppUSi-u-FL1NzuPIV5dw&hl=ja&sa=X&ei=LTbTUZ_iGYrIkQWeq4GoCw&ved=0CEAQ6AEwBDgK#v=onepage&q=%E3%81%99%E3%81%B9%E3%81%A6%E3%81%AF%E3%80%8C%E5%8D%98%E7%B4%94%E3%81%AB%E3%80%8D%E3%81%A7%E3%81%86%E3%81%BE%E3%81%8F%E3%81%84%E3%81%8F&f=false









■同じテーマの記事

Recap(Recapitulation)プレゼンテーション

プレゼンテーションや説明、話し方のポイントにRecapitulation話法という方法があります。あまりこの名前で出てくることはありませんが、「要点を繰り返し述べる」という方法です。こっちの言い方のほうが馴染みが深いかも。話には流れがある講演・セミナーなどに行くと、わかりやすい講師と途中からわからなくなってしまう講師の2パターンがあることに気が付きます。そのポイントがこの Recapitulation というやり方らしいです。たとえば1時間の話の中で、..

予算管理とは突発費用に対応できること

管理職の仕事の一つに「予算管理」があります。ウチの会社では大体12月くらいに来年度予算推定があり、いろいろな審議体を通して1月くらいに翌年度の予算が確定します。予算管理の誤解「予算管理」という言葉について、ちょっと名称がどうかと思う時があるのですが、「予算管理」というのは、・計画にそって予算を使うこと・計画にない予算を捻出することの2つがあります。計画通りに予算を使うのは別に管理職でなくてもできます。つまり、管理職が管理職たる所以(ゆえん)は、計画..

やることリストとやらないことリスト

いろいろな作業を経て完成する仕事(GTDではプロジェクトと読んでますね)があった時に、よく「作りなさい」問われるのが、計画化と「やることリスト」です。これはベースになっているのは、「やることリスト」であって、それを時系列に並べたものが計画です。みなさんはやるべき作業をどのようにまとめていますか?上司の指示、クライアントとの打ち合わせでできた宿題、自分自身で..

マルチモニタを複数のPCで共有するマルチシステム

モニタは正面にあったほうが使いやすいですね。肩がこらないし。ただ、複数台のPCを使っているとどうしてもモニタを見るのに斜め横を見ないとできません。これを改善するには、1台のモニタですべてのPCをサポートすればいいです。すぐに考えつくのは、モニタ切替器。まあ、まっとうな方法です。ただ、切替器にはお金がいりますし、結構高い。そのうえ、ケーブルと分配器が必要なので、机の上がごちゃごちゃします。次の方法は、モニタの入力を分けること。たとえば、アナログRGB入力とH..

プロの知的生産術

この本のコンセプトを一言で言えば、情報は整理するものではなくて、活用するものであるという感じでしょうか。本書は、様々な情報術の本に対して差別化を意識していて、本書以外が情報をどう扱うかという基本的な作業方法を中心に説明されれいるのに対して、ゴール(情報を活用して成果を出すこと)からみて、情報をどの様に取り扱うべきかを論じています。情報の整理術その中でちょっと異色なのは、「メモはとる必要がない」と明言していること。他にも同様の論旨を展開している本はある..

使わなくなったノートPCやタブレットのモニタを活用する

我が家には過去に購入してもう型落ちになったノートPCやタブレットが結構あります。別に壊れたとかではなく、古くなって処理能力も「ちょっと…」な状態になったので、新しいPCを買っただけのことなのですが、捨てるにはちょっと惜しい…。ということで、古くなったPCやタブレットの活用方法についてNASとして利用するNASというのは、コンピュータ屋ならよく使う単語ですが、あまり普通には馴染みのない言葉かもしれません。NAS=network attached st..






posted by 管理人 at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ハック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。