2020年06月01日

徹底的に丁寧にやる





本日は「仕事を丁寧にやろう」というお話。

なんでこれが時間術という分類項目に結びついているかというと、丁寧にやるということ自体が時間術だとおもっているからです。

これが以外に勘違いしている人が多いみたいなのですが、

 「時間術」=「仕事を短時間で片付ける技術

みたいにおもっている人が意外といるんですね。

 全然違いますから




■単純作業をバカ丁寧にやってみる


一度、自分が対して考えなくてもいいとおもっている作業(いわゆる単純作業)をバカ丁寧にやってみてください。

どのくらい時間がかかりましたか?

逆にいままで、その作業をどのくらいの時間でやってましたか?

その差はどこから生まれてきたものでしょうか?

これをしっかり分析すると、単純作業の短縮化ができます。

単純作業というのは、あまり考えなくてもできるので、たとえば、打ち合わせの資料(印刷物)を用意するような場合、

 必要部数を確認する
 プリンタに必要部数分印刷する
 1部づつホチキスで綴じる

などという作業は、ただ単に面倒くさいだけですよね。多くの人がこういった作業を嫌います。

でも、もしそれをほんとうに丁寧にやったらどれだけの時間必要でしょうか?

丁寧にやろうとすると

 必要部数を確認して、その部数+アルファの用意する
 発表者か上司に印字モードを確認する(カラーかモノクロか、印刷する紙は普通紙でいいか、光沢紙を使うかなど)
 印刷モードを確認する。キレイに印刷するモードを選ぶ
 印刷結果を確認して、
  ・抜けページ
  ・印刷汚れ
  ・解像度によるページ組の乱れ
  がないか確認する
 1部づつホチキスで止め、製本テープでカバーをする
 上司と発表者に印刷物を見せて、これでいいかどうか確認する

なんて具合でしょうか?

ちょっと詳しく書いただけで、ちゃんとやられているかもしれませんが、結構省略してしまっている作業があるのではないでしょうか?





■作業時間の効率化


以前の記事「新しく始める」で、時間の効率化をはかるためには、

 やめる
 へらす
 かえる

の順に考えるべき、ということを書きました。

単純作業は、この「かえる」の対象にいきなりなってしまって、「いつもと同じだから手抜きをしてもいいよね」と思ってしまいがちなのです。

作業時間を効率化するには、大きく見ても、細かく見てもこの順に考える必要があります。

■何をやめてもいいかを考える



つまり、この「バカ丁寧」にやった時の作業から、何をやめてもいいかを検討しないといけません。
それをいきなり、「早く出来たほうがいいから、印字モードは高速モードで印刷しよう」などといきなり変えてしまうと、上司から「こんな汚い印刷の資料を役員に渡せない」と突っ返されます。それで2度手間になるわけです。
だったら、最初からベストのものを用意しておけば、時間はもっと短くて済んだだはずです。

つまり、本来の作業であれば15分かかっていたものを、途中を端折って10分で終わったとしても、やり直しを命じられて、本来のやり方でもう一度やれば、全部で25分かかっている事になります。

私の個人的感想ですが、こういう「やり直し」が一番ハラが立つ。すごく時間を損したような気がします。

上の会議の資料であれば、

 プリンタを高性能なものにかえる
  ⇒印刷時間と確認の時間が必要なくなる
 製本テープではなく、ルーズリーフに綴るるようにする
  ⇒テープを張っている時間が必要なくなる

というふうに成果に対して影響がない作業を削っていくしていくのが王道です。
やるべきことを省略してはいけません。




■同じテーマの記事

チャレンジ精神を大切にしない

結構多くの会社で、「我社はチャレンジ精神を大切にします」とか「チャレンジしよう!」というお題目が出されます。前述した目標設定の原理原則でも、「少しだけ背伸びをした目標を立てることで成長する」という事が出てきます。もちろん、本書でもそれを否定する気はありません。言っていることは正しいと思います。チャレンジ精神を大切にすると一方で、サラリーマンはMBO(目標管理制度)によって評価されるため、目標を達成できたかどうかが重要です。もちろん、目標の設定時には、その..

チャレンジ精神を大切にしてはいけない

結構多くの会社で、「我社はチャレンジ精神を大切にします」とか「チャレンジしよう!」という標語や目標が掲げられていますが、それは自分のためになっているでしょうか?会社は組織のためにチャレンジさせたい会社(の役員)は、なぜこの「チャレンジ」という言葉を使うのでしょうか?社長を始めとする役員のモチベーションは、会社の利益の向上です。利益が大きくなれば当然自分の給料が上がりますし、その結果会社の株価が上がり、会社の株を所有していればそれだけの利益を得られます。も..

中途面接の印象を良くするコツ:癖を見つける

面接官をしていると、相手のクセみたいなものが時々気になる時があります。これが多分、本人も気がついてないでしょうし、面接官自信も「なんとなく〜」的な印象で、具体的に指摘できない場合も少なくありません。ここでも、「初対面の相手とのビジネスミーティング」を想定すればよいのです。無理に笑顔をつくるより、「大切なお客様のもとに仕事で初めて訪問した時の対応」と考えれば、自然に..

人を動かす:相手の話を聞くときには手を止めなさい

部下や後輩が話しかけてきた時に何かをしていると、ついそれをやりながら、「ん。了解。」とやってしまうことがあります。あるいは、会議の時に、発言者の方を見ずにひたすら PC に何かを打ち込んでいるとか。これが "いかん" とはわかっているつもりなのですけどね。「あなたを愛しています」のメッセージ人の話をよく聞くことは、ビジネスの世界だけでなく、家庭生活でも同じようにたい..

ゼロ秒思考5

今週は、『ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング』という本をご紹介しています。ゼロ秒思考とは、あるテーマについて、即座に必要なことを考えることが出来るような事ができるようなトレーニングを「メモ書き」でしよう、という本。マッキンゼーで長期間活躍した筆者が、「誰でも、確実に頭が良くなる方法がある」として開発し、広めているやり方。場所も、時間も取らない。わずか1分のメモ書きを繰り返して、・考えていることを明確にすること..

上司にもアポイントメントを取る

上司になにかの相談をするときには、原則上司に打ち合わせの予約を入れるようにしています。もちろん、緊急事態であったり、至急決済がっほしいなどというときには、いきなり話しかけることもありますが、上司には上司の都合や仕事のタスクがあり、表面上はいざしらず、いきなり何十分も時間を取られるのはあまり気持のいいものではないからです。単なる報告だけで、1〜2分で終わるようなものなら、基本はメールで済ませます。上司から質疑や意見があ..




posted by 管理人 at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ハック:時間術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック