2021年09月13日

ゲートファインディングモデル1





よくアイディアを考える方法というのは本で見かけます(いわゆる「発想法」のジャンルの本)、たくさん出したアイディアから、ほんとうに使えるアイディアを選り分ける方法というのはあまり紹介されていないようですね。

よく言われるのは、
 ・コスト効果
 ・問題点の解決効果
 ・実行しやすさ(初期投資の少なさ)
などですね。

でも結局、メリット・デメリットを勘案するとよくわからないので、

 メリット・デメリット列挙して、点数付けして合計する

みたいな答えになってしまいがちです。




しかし、実際点数付けをやってみると気がつくのですが、一律に評価してしまうと、「ん〜?」みたいな物が残ってしまい、「やっぱり…」といって最初につけた点数に手心を加える、などという本末転倒な結果になってしまいます。

結局、点数付けする方法で、期待通りにアイディアが生きたと言う経験が少ないです。

そこで、「ゲートファインディングモデル」というやり方を導入したら、思いがけずたくさんのアイディアが実現できて、社内でも「いろいろ新しいことに取り組めるヤツ」という評価をもらうようになりまして、あちこちから新しいプロジェクトについて意見を聞いてもらえるようになりました。

この方法は、元々は「ビジネスのアイディアでどれを実際にビジネスにしていくか」を企図したもので、以下の本で紹介されていました。


キラー・クエスチョン 常識の壁を超え、イノベーションを生み出す質問のシステム

「ゲートファインディングモデル」とは、




★――――――――――――――――――――――――――
市場の妥当性確認:すべてのランクのアイデアが対象
顧客の妥当性確認:ゲート一のアイデアの五○パーセントまで
限定的な起動  :ゲート二のアイデアの五○パーセントまで
グローバルな起動:ゲート三のアイデアの五○パーセントまで
――――――――――――――――――――――――――★


を順番に検討して数値化し、上位のものからアイディアを残していく方法。

ちょっと長くなるので、2回に分けてお送りします。

■市場の妥当性確認


本書では

★――――――――――――――――――――――――――
あなたのチームはこのゲートで、間題が存在しでいることを証明しなければならない。問題とは、あなたが提案しているものを購入したいと考える顧客グルーブの存在である。チームは現場に出向き、アイデアを受け入れて<れる市場の存在をじかに検証しなければならない。従来の調査方法に頼っても、第3者の研究を証拠てして採用してもいけない。
――――――――――――――――――――――――――★


と書かれています。
つまり、そのアイディアに賛同して、その活動に参加してくれる(労力を割いてくれる)人がどれだけいるかということです。

一人だけではどんなプロジェクトも成り立ちませんし、「成功」といえる状態にはなりません。

■顧客の妥当性


★――――――――――――――――――――――――――
このゲートでは、問題の解決法を生み出せるかどうか評価を行なう。顧客の前に何かを差し出してみよう。最終製品の実物大の模型でも、ビデオでもサンプルでもよい。顧客が見たり触れたりして、アイデアを体験できるものを準備する。
見込み客は、あなたのアイデアにすすんでお金を払うだろうか。収益やマージンは、ビジネスモデル全体に見合うものだろうか。アイデアは顔客のニーズを満たしているか、そして実行に値する収益やマージンが確保されるかを、理解するために欠かせないゲートである。
――――――――――――――――――――――――――★


その次に検討しなければならないのが、そのアイディアを実現することによるメリットです。

もともと、なぜこのアイディアが必要なのか、その問題はこのアイディアによって解決するのか、その投資対効果は十分なのかを検討します。

■つづく


長くなってしまったので、続きは次回


■参考図書


◆アマゾン



キラー・クエスチョン 常識の壁を超え、イノベーションを生み出す質問のシステム


◆楽天


キラー・クエスチョン

キラー・クエスチョン
著者:フィル・マッキニー
価格:1,890円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る





■関連する記事

提案の拒否

部下や後輩から「こんな風にしたらどうでしょう?」と提案が上がってくる場合がありますよね。で、聞く限り「全然ダメだわ、こりゃ〜」みたいな提案も少なからずあります。まぁ、視野が狭いので、しかたがないのですが、あたまから、「だめ。不採用」といってしまうと、部下や後輩のモチベーションを削いでしまう場合があるので、結構気を使います。そんな時の、便利な返し方を条件付き承認一定の条件がクリアできたら採用する、という承認の仕方を「条件付き承認」と呼んでます。つまり..

ゲートファインディングモデル2

前回のおさらいよくアイディアを考える方法というのは本で見かけます(いわゆる「発想法」のジャンルの本)、たくさん出したアイディアから、ほんとうに使えるアイディアを選り分ける方法というのはあまり紹介されていないようですので、ビジネスの世界で「ゲートファインディングモデル」と言われるアイディアの選抜方法について紹介します。この方法は、以下の本で紹介されていました。キラー・クエスチョン 常識の壁を超え、イノベーションを生み出す質問のシステム「ゲートファインディン..

説得術:無言で相手を誘導する方法

相手を説得するというのは、かなり骨の折れる作業です。しかし、仕事であれば、かならず一緒にやる人なり、結果を渡す人なりいますから、協力を得るためには「説得」という行為は避けて通れません。過去記事で、いろいろな説得術をご紹介してきましたが、本日は聞くことで相手を自分の望む方向の結論に導く方法、いわゆる「傾聴」に関してご紹介します。うまくいくとは限らない他の説得技術に比べて、この方法は超高等テクニックです。かくいう私も成功事例はあま..

発想フレームワーク:四則演算

「フレームワーク」とは、直接的に日本語にすると枠組みのことを言います。いろいろな考えを整理するために頻繁に使用される汎用的な機能・法則・思想などを一般的な構造にしてパターンを示したものです。よく言われる「マーケティングの4P」ですとか、戦略における「SWOT分析」などなどすごくたくさんあります。アイディア発想法にもたくさんのフレームワークがあります。有名なところではオズボーンのチェックリストとか。本日は発想法における四則演算フレームワークの紹介。..

ゲートファインディングモデル1

よくアイディアを考える方法というのは本で見かけます(いわゆる「発想法」のジャンルの本)、たくさん出したアイディアから、ほんとうに使えるアイディアを選り分ける方法というのはあまり紹介されていないようですね。よく言われるのは、・コスト効果・問題点の解決効果・実行しやすさ(初期投資の少なさ)などですね。でも結局、メリット・デメリットを勘案するとよくわからないので、メリット・デメリット列挙して、点数付けして合計するみたいな答えになってしまいがちです。しかし、実際点数付..

発想法:オズボーンの「ださく似たおち」

これ、ご存知ですよね?オズボーンのチェックリストじゃあ、このチェックリスト、頭に入ってますか?何かを応用するのに、アタマに入っていないものは使えません。それを調べるところから始まるのでは、使える道具にはなってません。でも、7つもあるチェックリスト、さらに細かい項目まで、覚えておくのは結構大変。でも覚えておかないと、そのチェックリストを読んでいるのか、課題に対して発想を広げているのかわからなくなっちゃいます。「ださ..



■同じテーマの記事

社長は君のどこを見て評価を決めているのか2

本日は昨日のの紹介の続き。過去記事でも幾つかネタにしたものがありまして、実際経験としてこういったテクニックは役に立ちます。おそらくサラリーマン経験が長くなると、皮膚感覚としてわかるのでしょうが、なかなか文章にするのは難しいですし、それをこれだけ体系的に取りまとめるのも難しいので、今後会社の中であるレベル以上を目指そうとする方には、若いうちに知っておいて欲しい内容です。さすがに筆者が実際にコンサルタントをして得た会社社..






posted by 管理人 at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 発想法・アイディア術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。