2018年12月31日

問題に着目しない





私は小学校の頃、跳び箱が不得意でした。
まぁ、運動自体が余り得意ではなかったので、その中の一つでもあったのですが、特に跳び箱の時間はイヤでした。

跳び箱の方に走って行くと、跳び箱にぶつかりそうな恐怖(おおげさですが)で足がすくんで、手前の踏み台で立ち止まってしまいます。
高学年になってから、先生に跳び箱の飛び方というのを教えてもらいました。曰く、

 「跳び箱の天面を両手を上から下に振り下ろして、思い切りたたけ」

というものでした。

そしたら飛べるようになったんですよ。あっさり。





■問題に集中してはいけない


最近、仕事で色々な人を指導したり、一緒にプロジェクトに取り組んだりするときに、気がついたことがあります。

問題があって、その解決策をうまく見いだせずに、右往左往する人は

 問題を何とかしようとしている

という傾向があるみたいです。


つまり、あるプロジェクトを完遂するためには、○○をやる必要があった時に、それをやるためには、今ある××という問題を解決しないといけないというシチュエーションがあると、なかなかうまく解決できない人は、「××という問題」を解決しようとしちゃうんですね。

そうすると、「××という問題の解決策」にたいして、それをやることで△△という不都合が生じる。△△という不都合があっても、この解決策を実施するためには、△△という不都合に手を打っておかないといけない。そのためには▲▲をやる必要がある。みたいに、対応策がどんどん複雑化しちゃうんですね。

でも実は、そのプロジェクトを完成させるための方法は1つではない。
いろんなやり方があります。

つまり、その最初の問題を起こさないようなやり方がある場合があります。

解決するのが大変な問題に出くわしたら、その問題が起きない別の活動をすればもしかしたらそっちが楽なのかもしれません。




■跳び箱を見ると飛べない


跳び箱のこちらに見えている面に集中してしまうと、壁に見えますが、飛び越す天板を見ると単なる板にしか見えません。もともと飛び越えることを目的にしているのだから、無関係の跳び箱の側面はどうでもいいわけです。

ただ、実際に問題にぶつかると、その問題を解決することに一生懸命になって、当初の目的を忘れてしまうわけです。目的に焦点を合わせていると、そのやり方は別にいまの問題を引き起こしているやり方でなくとも可能なわけです。

perlというプログラム言語を作成したラリー・ウォールという人が、プログラミング・Perlという本の中で、すごい一言を書いてます。

 There's More Than One Way To Do It(やり方はいくらでもある)

これを読んだ時に、「これだ!」と思いましたね。
実際 perl というプログラミング言語は、同じ命令でも全然違う書き方が出来るんですね。たとえば、文字を置換するのに

   tr/x/y/
   s/x/y/

など、それこそ何通りも記述方法があります。

実際の仕事の進め方でも、前提から考えれば、やり方は無限大にあります。コスト効果を別にすれば。
少なくとも、今起きている問題は、解決する必要がないやりかたもいくらでもあるわけです。

最近起きたトラブルなどを思い出してみてください。その時には、「この方法しか」と思えるかもしれませんが、冷静になってみると、他の手段はあったのではないでしょうか。

あるプロジェクトをするときにも、目的は1つでも、「やり方はいくらでもある」わけです。
そこに意識を持っていけるかというのが、プロジェクトリーダーの力量かもしれません。




■同じテーマの記事

提案の拒否

部下や後輩から「こんな風にしたらどうでしょう?」と提案が上がってくる場合がありますよね。で、聞く限り「全然ダメだわ、こりゃ〜」みたいな提案も少なからずあります。まぁ、視野が狭いので、しかたがないのですが、あたまから、「だめ。不採用」といってしまうと、部下や後輩のモチベーションを削いでしまう場合があるので、結構気を使います。そんな時の、便利な返し方を条件付き承認一定の条件がクリアできたら採用する、という承認の仕方を「条件付き承認」と呼んでます。つまり..

1年後を想像する

毎日、サラリーマンをしていると、いろいろな問題に悩まされます。これが積み重なると、ストレスでダウンしてしまうなんてことに。これはどのくらいの問題だろうか私は過去、ストレスと過重労働でダウンしたことがあることは、過去記事でも何度かふれましたが、一番大きかったのは、「すぐに解決できそうもない問題」が心理的に大きかったと思ってます。そこで、おやすみしている間にいろんな本を漁って勉強をしたのですが(もちろん、ある程度体調が..

予定ない予定

サラリーマンをしていると、私事としていろいろやりたかったことややりたいことなどが溜まっているので、週末に「あれをやろう」「これをやろう」と考えがちです。特に連休などがあると、「3日あるのだから、××ととと…」などとつい考えてしまいます。ところが、休み中というのは、家族の都合や、「まぁ、明日もあるし…」などと案外いろいろあって、やろうと思っていたことができないことも少なくありません。そうすると、明日から仕事という日の夜になって、「××をやるはずだったのに…」とち..

面接不合格の意味

あっ、これから面接を受けるのに「縁起でもない!!」と思った方、ごめんなさい。でも閉じないで読んでくださいきっと役に立ちますから面接不合格なかなか就職氷河期から抜けなくて、ウチの会社でも中途採用も面接はするものの、合格までは行かない場合が多くあります。本日は、面接不合格になった時にあなたに次は受かる方法の一部をご紹介します。不合格の意味面接で、「不合格」を出すときにはいくつかの意味があります。1.採用基準を大きく下回る2.採用基準にはほぼ達してい..

ファイルにコメントを付ける

以前の記事「整理しないで検索する」で紹介しましたように、ファイルをフォルダに分けて検索するのは、・分類の手間・検索の手間と2重の手間が必要で、仕事の効率化にはなりません。しかし、ファイル名がいい加減だと検索も結構手間なので、ファイルの保管(JGrepperと「超」整理法)で書いたように、Jgreperなどを使って本文内キーワード検索をするようにしてます。それでも画像ファイルや実行ファイル、テキストファイルなどは、ちょっと加工しておかないと、うまくキーワ..

昇進・昇格面接:共有しました

面接などで、過去の経歴・実績を述べるときに「問題点を関係者で共有して、一丸となって取り組みました」みたいに発言する人がいます。共有した?なるべく面接の時にこういう問題点に突っ込まないようにしてますが、どうしても抽象論しか言えない人にはツッコミを入れる場合があります。「『共有した』って言われたけど、それは何をどうしたの?」で、大体の人は「ミーティングで『こういう問題点がある』と話しました」「問題点についてレポートを書いて関係者に送付しました」的な答..




posted by 管理人 at 04:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座