2021年08月30日

「自分も賛成です」で終わらせない





「この人、できる」と思わせるコツのひとつに、「知識があると思わせる」「鋭い指摘をする」という方法があります。

これに使う知識や見識は別記事で時々書いているように、読書や上司の視点で考えるなどのトレーニングで身についていきますが、どんなにトレーニングをしようとそれを使わなければあるかどうかはわからないんですね。使わなければ、「無能だ」と思われてしまいます。




社会人になると、学生時代の実力試験のような評価するための確認がなくなるので、「知識がある」とか「知識がない」という評価は、どれだけ自分が知識をアピールできるかによって決まってきます。

したがって、たとえどれほどの知識を有していても、機会があるたびに、そうした知識をひけらかしてしていかないと、「あいつは知識がない」と見なされてしまいます。

そしていったん無能と評価されると、その評価はをひっくり返すのは並大抵の努力では叶いません。




■会議で「私も賛成です」で終わらせない


たとえば、会議において自分の意見を求められたとき、「僕も賛成です」とか「異議なし」などと答えているだけでは、せっかくのチャンスを棒にふってしまうことになります。

たとえ賛成であっても、うまく知識をおりまぜておくのがコツのひとつです。
たしかに「賛成です」の一言ですむのかもしれませんが、あえて知識を開陳(かいちん)しましょう。


 「私も○○さんがおっしゃったことが正しいと思いますし、賛成なのですが、一点、○○については、△△△〜だと考えます」

のようにちょっとだけ補足意見を追加するのです。
あるいは、今回の課題だけでなくもう少し広い視点で見た時の影響について質問するのもいい視点を投げかけることができます。

※注記:
※賛成するときに、「その意見は正しい」という言い方をすると、ちょっとだけ権威を持っているかのような印象をあたえることができます。

ただし、その意見があまりにも「重箱の隅」のような指摘だと逆効果なので、指摘や意見は次のことに注意して考えてください。

■追加指摘の視点


追加指摘や質問をするときには、次のことに着目するといい指摘ができます。

 ●課題を含むより大きな視点でその課題の位置づけを確認・指摘する
  たとえば、
   ・問題を起こしてしまった再発防止を話し合っているのであれば、その再発防止策と部門や会社のルールとの整合性を発言する
   ・技術的な共有会の時には、社会一般におけるその技術の利用のされ方や、ちょっと本に書いてあったような応用方法や波及効果について述べる
  のようなことです。
 ●時系列で考えた時に賛成した案が銅のような位置づけであるのかを確認・指摘する
  たとえば
   ・いままでこの問題が見つからなかった理由から将来この問題がまた水面下に潜る可能性とその対策について発言する
   ・賛成する案が持っている将来的な波及効果について考えるように促す
 ●言葉の定義について説明を加える
  本記事でも度々書いてますが、多くの人は人は言葉の意味を深く考えて発言してません。
  たとえば、「生産性の向上」というテーマについて話し合っている時に、
   「生産性」とはなにか
   「生産性」をどのように測定するのか
  はすごく曖昧に考えている人が多いです。それを、「あなたの言う生産性とは○○の意味ですよね。でも△△さんの言う生産性とは違う意味で使ってませんか」みたいな指摘をすることです。

■守ってばかりでは勝てない


野球やサッカーでもそうですが、「守備力」というのは、勝率の安定のためには絶対に必要です。
しかし、安定性を上げるために勝率自体が悪くては意味がありません。

バットを振らないと、シュートを打たないと勝てないんですよ。

機会を作って(待っててもダメです。作らないと)、得点をしていきましょう。




■同じテーマの記事

使いまわし議事録:議事録は使いまわししなさい

会議をするとほぼ間違いなくくっついてくるのが、議事録です。公式の会議になると、発言者:………発言内容…………発言者:………発言内容…………発言者:………発言内容…………などというほとんど「録音しておけばいいのに」みたいなレベルの内容が書かれていて、最後に1行だけ。結論:を承認するみたいな。議事録の構成そこまでではなくとも、議論の経緯、決定の経緯、宿題事項などはあとで「なぜに決まったのか?」「宿題のってどんなことをすればよか..

思考フレームワーク

ビジネスマンとして、思考力を鍛えたいと思う方は多いみたいですが、何をどのように鍛えればビジネスマンとして思考力がついたといえるのでしょうか?Yahoo質問箱なども時々見てますが、やっぱりこういったことを考える人は結構みえるみたいですね。そこで、本日は何かのハックではあなく、ビジネス思考力について考えてみたいと思います。思考の6段階教育学者でベンジャミン・ブルームという学者さんが思考の6段階モデルというのを提唱したそうです。..

「とりあえず」は忌み言葉

どんな言語でもそうですが、その言葉が表している語感というのがあります。無意識に使ってしまいますが、その言葉が自分自身のモチベーションを下げてしまったり、相手に悪感情を持たせてしまったりする言葉があります。これを忌み言葉と読んでます。過去記事でもいくつかの忌み言葉を紹介しましたが、本日はとりあえずについて。「とりあえずします」上司:はやく報告書を作れよ。部下:とりあえず作ってみました。上司:××をやってく..

反対せずに異論を言う方法

会議の場で、A,Bの2案があるようなときに、自分だけがB案に賛成するような場合、真っ向からA案を否定すると、「お前は状況がわかってない」とか「空気を読めよ」とか言われて袋叩きにあう危険性があります。とくに、上司がその場にいて、上司の意見にも反対を唱えるような場面があれば、上司にはメンツがあるので、B案をクソミソにけなすというような状況になったりします。最後には、B案の賛成者自身に攻撃が及ぶ。反対意見は人格否定?こういう場面に目立つ人の嗜好的には・後先考..

出張・旅行でおみやげを買ってくる

この返報性の原理に関してデニス・リーガンという人が行った有名な実験があります。まず、実験参加者は見ず知らずのジョーという人から思いがけずちょっとした贈り物、この場合はコーラを一缶もらいます。次にジョーが自分がもっている福引の券を何枚か買ってほしいと頼むと、ジョーからコーラをもらった人たちは何ももらわなかった人たちと比べて、2倍も多く福引券を買ってあげたのです。贈り..

図解トレーニングで反射神経が鍛えられる

ちょっと想像してみてください。あなたの会社の社長が、今年度の経営計画について説明をしています。「社会環境が〜〜」「会社の業績が〜〜」「競合他社の動向が〜〜」::(中略):「だから、我々はをしなくてはいけないんだ!頑張ろう!」たぶん、毎年繰り返される光景ですよね。でも、たいてい覚えてません。唯一、覚えているのは、社長が「をするぞ!」と言ったという部分だけ。※下手をす..






posted by 管理人 at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。