2015年01月17日

ゴミ情報の海から宝石を見つけ出す2




とっても気になるタイトルだったので、ちょっと読んでみたのが本書。

 これからのソーシャルメディア航海術

やっぱり読んでみてよかったなぁ、ということでちょっとご紹介。

一番感じ入ったのは、「ファクトとオピニオンのバランスを 8:2 にする」というところ。

実は知人から私のブログを見ての感想で、「あんたの意見が多いよね」「自分の意見を全面に出し過ぎると良くないよ」とコメントを受けてました。
※でも、ちっとも変わらないので、きっとその知人は諦めたのだと…。所詮は趣味の落書き…。

やっぱり、多くの人に受け入れられるためには、「事実」をきちんと書いて、それに「意見を添える」くらいがいいのかなと思うのですが、どうしても出発点が「自分の思い入れのあること」なので、どうしてもオピニオンを書いて、それに添えるために事実を書くというスタイルが定着してしまって…。

ということで、今日はなるべく坦々と。

本日は、キーポイントをお送りします。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

■書籍紹介

――――――――――――――――――――――――――――――

 書籍名称  ゴミ情報の海から宝石を見つけ出す これからのソーシャルメディア航海術
 著者    <<津田大介>>
 出版社   PHP研究所

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

■キーポイント

――――――――――――――――――――――――――――――
★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●コミュニケーションとコンテンツ
テレビゲームにしてもCDにしても、ケータイが普及して、みんながメールをするようになったころから売れなくなってきたわけです。つまり「コンテンツがコミュニケーションに巻き取られる」という現象が起きているのです。
――――――――――――――――――――――――――――★


★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●ネット選挙は政治の何を変えたのか
ネット選挙が解禁され、議員がミナツイッターやフェイスブックのアカウントをもちました。選挙が終わったらばったり使わなくなった人もたくさんいますが、ほんとうは選挙が終わったあとこそが重要なのです。

この先、数年間、ソーシャルネットワークをいわばヴァーチャルな後援会として、有権者とつながる日常的な政治活動のツールとして活用していけるか。そこで有権者の信頼を勝ち得た人には次の選挙で票が入るでしょうし、選挙が終わったらほったらかしの人は、ここで大きく差をつけられることになります。
――――――――――――――――――――――――――――★


★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●「マスゴミ」
なぜマスコミが「マスゴミ」と揶揄されるのか。
正確な情報を報道する一方で、「報道しない」情報もあるからです。

それは広告主への配慮かもしれないし、宗教がらみのややこしい問題を避けるためかもしれない。とにかく、ある種の「タブー」もしくは過激な配慮による「自主規制」は確実にある。ところがネットには、そうしたしがらみがない。
 :
情報の真偽はさておき、マスコミが扱いにくい問題を取り上げることができる。この点だけを見て「ネットには真実がある」と思い込んでしまう人が出てくるのでしょう。
――――――――――――――――――――――――――――★



★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●有料メルマガはコンサルティングツール
メルマガは読み物であると同時に「マイクロコンサル」――ちょっとしたコンサルティングを受けるためのツールと考えてみてはいかがでしょうか。ぼくのメルマガなら週に1回150円、堀江貴文さんのメルマガでも、1回200円ほどでQ&Aコーナーに質問できる。つまり、メルマガを購読すれば、著者に個人的な相談をする権利が得られるということです。何か知りたいことや悩んでいることがあるとき、アイデアが必要なときに質問してくだされば、僕なりに真剣に考えて答えます。
――――――――――――――――――――――――――――★



★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●ツイッターでフォロワーを増やす方法
・まず自分自身がツイッターでフォローを増やす。
・有用な情報を発信することによってフォロワーに貢献する。
・自分の日常の様子やアイデアを書いて自分自身についても興味をもってもらう。
・それをくりかえす。
――――――――――――――――――――――――――――★


★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●価値あるニュースの探し方
こんなふうに、興味があったり仕事でかかわっている業界のニュースをクリッピングしてコメントをつけ、ツイッターやフェイスブックのようなソーシャルメディアで流す。これから何かを書きたいと考えている人は、このやり方を試してみてください。ニュースはつねに新しく入ってくるし、「グーグルニュース」などでは、あらかじめ気になるキーワードを登録しておけば、自動的に関連するニュースを収集してくれます。ある程度の知識さえあれば、それに対してコメントをつけくわえて発信することで、継続的なアウトプットが可能になります。
 :
 :
ブログを始めるときには、毎日更新するということ、とにかくニュースをどんどん集めてきて、クリッピングして読むことを自分に課しました。そうすることで、そのジャンルによりくわしくなることができましたし、読者も増えていきました。
――――――――――――――――――――――――――――★


★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
・ファクトとオピニオンのバランスは 8:2
評論やルポタージュを書くときに個人的に気をつけているのは、「ファクト」(事実)と「オピニオン」(意見)のバランスですね。基本は7〜8割をファクトで埋める。そのうえでオピニオンは2〜3割にする。
――――――――――――――――――――――――――――★


★〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
●情報を整理する
情報化が進展すれば、社会にはじつにさまざまな情報が流通していく。情報のなかには、価値のあるものもあれば、真偽の不確かな信頼に値しない情報もある。そうなると、一般の人間は、そうした情報の洪水のなかから、いったい何を取り入れればいいのかという問題が起こってくる。そこで必要とされるのが、情報に対してその価値を判断し、取捨選択する目安を示してくれる存在である。かつての大学教授のように多くの情報を所有し、それを独占するのではなく、情報を整理したかたちで示してくれる人物が求められるようになったのである。
――――――――――――――――――――――――――――★



◆このテーマのおすすめ図書



はじめて投票するあなたへ、どうしても伝えておきたいことがあります。

最強の働き方;世界中の上司に怒られ、凄すぎる部下・同僚に学んだ77の教訓

メディアの仕組み

「仕事ができるやつ」になる最短の道

ウェブで政治を動かす!

明日、会社に行くのが楽しみになるお仕事のコツ事典



■関連する記事

ゴミ情報の海から宝石を見つけ出す1

とっても気になるタイトルだったので、ちょっと読んでみたのが本書。これからのソーシャルメディア航海術やっぱり読んでみてよかったなぁ、ということでちょっとご紹介。一番感じ入ったのは、「ファクトとオピニオンのバランスを 8:2 にする」というところ。実は知人から私のブログを見ての感想で、「あんたの意見が多いよね」「自分の意見を全面に出し過ぎると良くないよ」とコメントを受けてました。※でも、ちっとも変わらないので、きっとその知人は諦めたのだと…。..

ゴミ情報の海から宝石を見つけ出す2

とっても気になるタイトルだったので、ちょっと読んでみたのが本書。これからのソーシャルメディア航海術やっぱり読んでみてよかったなぁ、ということでちょっとご紹介。一番感じ入ったのは、「ファクトとオピニオンのバランスを 8:2 にする」というところ。実は知人から私のブログを見ての感想で、「あんたの意見が多いよね」「自分の意見を全面に出し過ぎると良くないよ」とコメントを受けてました。※でも、ちっとも変わらないので、きっとその知人は諦めたのだと…。所詮は趣味の落書き…。やっぱ..

すり減らない働き方2

本日は、時間術に関して、著名な本を批評した時間術の本の批評部分のご紹介。昨日も紹介しましたが、この本に書いてあった内容です。「すり減らない」働き方 (青春新書INTELLIGENCE)簡単にまとめましたので、筆者の言いたかったことが一部欠けているかもしれません。その可能性がありますので、筆者がどのように考えて、これらの本の批評を書いているかについては、実際に本をあたってみてください。「残業ゼロ」の仕事力「残業ゼロ」の仕事力吉越浩一郎本の内容は、胸を打っもので..

サラリーマンの人生設計の3つのコアプロセス

サラリーマンの人生設計は3つのコアプロセスを検討すると、今持っているパフォーマンスの選択と集中ができるようになります。3つのコアプロセスとは、こういうものです。コアプロセスとスキルの結合力組織の中で結合力を発揮する組織で結合力を発揮するうえで、参考になる本があります。アメリカで CEO や経営幹部のアドバイザーとして絶大な信頼を寄せられているラム・チャランとハネウエル・インターナショ..

面倒くさいけどワクワクすること

巨人たちのお言葉シリーズをお送りします。本日の巨人:面倒くさいと思えば幸せになれない。冒険だと思えば幸せになれる本日のお言葉:ロバート・アラン・フェルドマンお言葉の出典:『フェルドマン式知的生産術』面倒くさいと思うか、冒険と思うか私はこの 40 年間、外国語(私の場合、日本語)と毎日戦ってきました。その経験から外国語上達のヒントをいくつか紹介したいと思います。私から見ていちばん..



■同じテーマの記事

摩擦を恐れなさい(和をもって貴しとなす)

聖徳太子が作った十七条憲法の最初、第1条は皆さんご存知和を以て貴しと為し、忤(さか)ふること無きを宗とせよ十七条憲法Wikipediaですね。なんだか、これが日本の精神みたいに言われる時もありますが…。逆に電通「鬼十則」にこんな一節があります。摩擦..

すり減らない働き方1

本日は、時間術に関して、著名な本を批評した時間術の本のご紹介。「すり減らない」働き方 (青春新書INTELLIGENCE)━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━コメント忙しい毎日に疲れていたり、それについていけない自分を責めたり、極端な会社批判に走ったり……。現代社会で、働くということは、物理的にも精神的にも忙しいものになっています。気づけば、誰もが身も心もすり減る働き方をしているので..

ラッキーをつかみ取る技術

あなたは自分を「運がいい」と思ってますか?もしかして、「運が悪い」と思っていたり、もっと運を良くしたいと思っているなら、読んでみて損はない本をご紹介します。書籍名:ラッキーをつかみとる技術著者:小杉 俊哉本書では、ラッキーな人の行動特性を示し、ラッキーに備えるラッキーを呼び込むラッキーを見つけるラッキーを取りにいくラッキーをモノにするという構成でまとめています。いろいろな発見があったのですが、確かに運に恵まれているという人は本書に書かれてい..

電通鬼十則

電通鬼十則1.仕事は自ら創るべきで、与えられるべきではない。 2.仕事とは、先手先手と働きか掛けていくことで、受け身でやるものではない。 3.大きな仕事と取組め!小さな仕事は己を小さくする。 4.難しい仕事を狙え!そして成し遂げるところに進歩がある。 5.取組んだら放すな!殺されても放すな!目的を完遂するまでは... 6.周囲を引きずり回せ!引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地の開きができる。 7.計..





posted by 管理人 at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。