2020年11月16日

あるがまま読むと速読できる




以前、英語文化圏の人とコミュニケーションするようになって、結構困るのが語順が違うというところ。




★P263〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●返り読み
日本人の読みかたでおもしろいのは、同じところを住復するくせである。漢文は返り点をつけて読む。

 学而時習之。不亦説乎。 有朋自遠方来、不亦楽乎
 学びて時に之を習う、亦説しからずや。朋有り、遠方より来る。亦楽しからずや

上がうたり下がったりして読む。読みかたとしては異常であるが、昔からやってきたことだから、さほどおかしいとも思わなくなってしまっている。
この漢文が長いあいだ、日本人の思想的支柱であっただけに、その返り点読みがわれわれの読みかたに強い影響を及ぼしている。
  :
きすがに、英文には返り点をつけ切れなくて、、「白文」で読むことにはなったが、返り点に代わる方法が案出された。英文解釈法である。これは返り点こそつけないけれども、関係代名詞や接続詞があると、あとの方から、うなぎ登りよろしく前の方へ逆行して訳す。それによって英文を日本語に近づけようとしでいるれけだが、、正常な理解方式でないのははっぎりしている。漢文があったからこそ生まれた読解法である。
漢文にしても英文にしても、裏にすぐれた文化を背負っている。語順をひっくり返しても、何とかしてわかる必要がある。同じ行を往ったり来たりして考えるのは、読むというよりも解読しているというのが当たるであろう。
英語や漢文ではなくとも、こみいった内容を表現している文章を読むとき、われわれは知らず知らずのうちに、つい後ろ向きの読み方になってしまう。流れのない読書になりやすい。

モーティマー・J.アドラー(著) 『本を読む本
――――――――――――――――――――――――――――★





■日本語での返り読み


英語や中国語以外でも、実はこれ読書でもやってます。

本を読む時、ちょっとこのことを気をつけていると、意外とやっていることに気が付きます。

 一度読んだところをもう一度読む

実際、こうやって行ったり来たりすると、読み戻る場所を探してそこを読み、再度さっきまで読んだところを探すという行為をしてます。

たとえば、

 ○○とは×××××ということである…………
   :
   :
 ところで○○は〜〜〜

というような文章があると、「あれ?○○ってなんだったっけ?」と最初の○○の定義のところに戻って、「あぁ、そういうことか!」と納得して、もう一度、「さて、どこまで読んだっけ?」とまたさっきの位置を探してます。これがページ内だとまだ良いのですが、下手をすると数ページ戻ったりして、結構時間を食ってます。

私などは「トリ頭」なので、○○の定義を探そうとして、ページを戻していると、何について探しているかを忘れて、面白かったところをもう一度読んでしまったり、どこまで読んだかが思い出せなくて、○○の定義のところからもう一度全部読み直したり、行きつ戻りつです。

■わからなければ無視する


もちろん、初めて読むジャンルなどは、この「返り読み」というのは、理解のために必要だと思っていますし、何度読んでも面白い本というのは、それ自体が楽しいので、「まぁ、それはそれでヨシ」なのですが、目的が情報収集のように、速読をしようと思っているところでこれをやると、いらぬところで時間を食ってしまいます。

たとえば、以前「アナログマーキング」という言葉をご紹介をしたことがありますが、「ん? なんだってっけ? 犬のおしっこか?」とか思わずに、「あぁ、アナログマーキングね」とそのまま読み進むのが、早く読むコツ。

そうすると、アナログマーキングという単語を使っていろんな説明が出てきますので、何となくこんなイメージかなとイメージができればオッケーです。
それを定義にいちいち戻って、「これはこういう意味だから、この文章の前後関係から、この文章は○○の意図で使っているのか」などと判断していては、全体像を見落としますし、読むのも遅くなってしまいます。

まずは全体のイメージがつかめればオッケーにしましょう。

■速読の教科書


人それぞれだと思いますが、私は以下の本で速読を勉強しました。

 『世界一わかりやすい「速読」の教科書

本書では、上記で説明したことをトレーニングします。

ある言葉を読んだら、そのことばのイメージがポンポン頭に浮かんでくるようにガイドしてくれるので、私にはすごくわかりやすかったです。

1日だけどこかの講習に出かけてもできるようにはなりませんでしたが、1日15分(私の場合は10分くらいでしたが)を2週間続けたら、びっくりするくらい本を読むのが早くなりました(10倍はちょっといい過ぎかもしれませんが)。これだけの理由ではありませんが、ビジネスよ年間200冊読破を達成できた一つの要因だったと思ってます。

もちろん、人により効果がない人や、全然変わらない人もいるとは思いますので、自分にあったやり方を探すまでが大変ですが。
もしよろしければ、ご参考にどうぞ。





■参考図書 『世界一わかりやすい「速読」の教科書




本書は、だれでも楽しみながら、いつの間にか「速読」を身につけていただけるように、世界一簡単で効果のある速読術を、世界一わかりやすくご紹介する本です。
本書の前半部分で紹介する「速読耳トレーニング」は、「速く読む」ことはもちろん、脳を10倍活性化して今までの10倍“速く”、10倍“深く”「脳に文章の内容や要点がしみこむ」画期的なトレーニングメニューです。

また、本書の後半部分では、「速読耳トレーニング」で身についた「速読力」を最大限に生かし、最小の時間で最大の情報を得る“読書テクニック”をご紹介します。
付録CD-ROMを使った1日15分のトレーニングで読む早さが10倍になる!!






◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

世界一わかりやすい「速読」の教科書
著者 :斉藤英治
楽天では見つかりませんでした
世界一わかりやすい「速読」の教科書
検索 :商品検索する



●関連 Web
 速読術 - Wikipedia
 1冊10分を3日でマスター! ビジネス速読研究所

●本書を引用した記事
 仕事にも趣味にも効く「ハイスピードツィート」のテクニックで知識と頭の反応速度を鍛える
 あるがまま読むと速読できる
 メトロノームとインターバルタイマ


●関連図書
 世界一たのしい「超!速読」勉強法
 超一流の人がやっているフォトリーディング速読勉強法
 本を読む本
●このテーマの関連図書


世界一たのしい「超!速読」勉強法

王様の速読術:本は優秀な「家来」。だが、謁見時間は30分じゃ!(知的生きかた文庫)

世界一上達が速い「英語耳」勉強法

聞くだけで速読ができるCDブック

<目と脳がフル回転!>即効マスターらくらく速読ナビ

頭の回転が3倍速になる!「超速脳」養成CDブック(1日5分聴くだけ!特殊音源CD付き)






■参考図書 『本を読む本




本書は、1940年米国で刊行されて以来、世界各国で翻訳され読みつがれてきた。読むに値する良書とは何か、読書の本来の意味とは何かを考え、知的かつ実際的な読書の技術をわかりやすく解説している。初級読書に始まり、点検読書や分析読書をへて、最終レベルにいたるまでの具体的な方法を示し、読者を積極的な読書へと導く。単なる読書技術にとどまることなく、自らを高めるための最高の手引書。






◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

本を読む本
著者 :モーティマー・J.アドラー

本を読む本
検索 :最安値検索

本を読む本
検索 :商品検索する



●関連 Web
 上から目線の「本を読む本」を10倍楽しく読む方法
 Wikipedia:モーティマー・アドラー

●本書を引用した記事
 本と読みながら用語を調べてはいけない
 図読(図解読書)する
 仕事にも趣味にも効く「ハイスピードツィート」のテクニックで知識と頭の反応速度を鍛える
 注釈本の使い方
 あるがまま読むと速読できる
 メトロノームとインターバルタイマ
 「読まない」という読書術
 英会話ができるようになる?「英語モードスイッチ」

●このテーマの関連図書


知的複眼思考法誰でも持っている創造力のスイッチ(講談社 α文庫)

読書術(岩波現代文庫)

読書について他二篇(岩波文庫)

本はどう読むか(講談社現代新書)

思考の整理学(ちくま文庫)

読書の技法誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門





■同じテーマの記事

Ginger

正直、英語は得意ではないです。もちろん、必要最低限はなんとかしてますが、できることなら外国語を使わなくていい環境がありがたいとは思ってます。でもいまどき英文メールもかけない(交渉事は難しいですが、単なる連絡事項程度)ではちょっと色々不都合が…。というわけで、ちょっと強引な前振りでしたが本日は私がこっそり愛用している英文作成のツールをご紹介。私のやることなので、当然「無料」が前提です。Ginger(ジンジャー)本日の紹介は以下のサイト

耳で読む読書術:オーディオブックを活用する

今まで知らなかったのですが、「こんな方法がある」ということでご紹介。すばらしい音読の例としては、新潮社から発売されている朗読 CD がおすすめです。幸田弘子さんが朗読する樋口一葉の 『たけくらべ』 や、寺田農さんが朗読する谷崎潤一郎の 『春琴抄』 などを聞いていると、頭の中に意味がすっと入ってきます。そうした正しい読み方を学ぶことが、精読にはとても大事なこ..

一息吸ってくる

私のアイディアではありませんが、ちょっと本に書いてあったアンチ・ストレス技術をご紹介。逆に言うと、場所を変えればそれだけブレイクしやすくなります。物理的な距離を取ることで客観的かっ冷静になれますし、深呼吸をして状態を整えれば、「上司に怒られた」「仕事で失敗した」という外部要因に対して、ネガティブな反応が出にくくなります。「一服してくる」ならぬ「一息吸ってく..

7つの仕事力_後編

長文なので、2回に分けてお送りします。今日はその後編。現場力とは、自分の職場や職務における活動を通じて、成果を引き出す能力のことです。これのためには、大別して7つの力が必要です。1.見える力2.探る力3.試す力4.動かす力5.学ぶ力6.伸ばす力7.出る力学ぶ力学ぶ力には2つあります。・他人の経験から学ぶ・自分の経験から学ぶの2つです。恐らく、部門や自身の問題点は人類1万年の歴史の中では、誰かが経験しています。そしてそれを乗り越えています..

言葉を手に入れなさい

「自動車」って何のことか、多分日本人ならわからな人はいないことでしょう。Wikipediaによると、角川の1989年の国語辞典には、「発動機の動力で軌道なしに走る四輪車」と書かれているそうです。もし、この「自動車」という単語を知らなかったらどうなるでしょうか。たとえば、「我が家では自動車を近距離の買い物にしか使わないので、小型の自動車にして、旅行の時には大型の自動車をレンタルすることにしよう」という事を考えた時、自動車という単..

文章のコツ4:「である」調と「ですます」調

どうも日本語というのは、母国語で話し慣れているので、あまり意識しなくてもそれなりの文章が話せたり、書けたりします。ところがちゃんと勉強してみると、以外に知らないことが少なくありません。ちょっとだけわかりやすい文章を書くためのコツのひとつに、文体を揃えるという事があります。ネットで辞書を引いてみると、文体1 文章の様式。口語体・文語体・和文体・漢文体・書簡体・論文体など。2 その作者にみられる特有な文章..






posted by 管理人 at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。