2018年10月29日

フォルダの同期・バックアップ方法1:xcopyを使う





最近の Windows ではあまりなくなりましたが、以前の Windows では、突然ファイルが破損して、何日もかけて作ってきたファイルが一瞬にしてパア、なんてことがよくありました。また、Windows のせいだけではなく、誤操作や誤判断でファイルを消してしまう、なんてことも時々あります。

 人間だからミスはするさ…、フッ………

などと言ってみても、内心は呆然。

という時のために、バックアップを作るようにしてます。

ただ、手動でバックアップをすると、手間でもあるし、つい忘れてしまうので、タスクスケジューラに登録して、勝手にバックアップがされるように設定しておくのがよいかと。




このシリーズでは、バックアップの方法に特化して、いくつかのツールとその使い方をご紹介します。

本日は、その第1回 xcopy を使う方法。

■xcopy


xcopyコマンドは、ファイルやフォルダをツリー状態のままコピーするコマンドで、すべての Windows に標準で装備されています。

このコマンドとWindows OSのタスク・スケジュール機能を組み合わせることにより、簡単なファイルのバックアップ・システムにすることができます。
例えば、以下のようなバッチ・ファイルを作成しておいて、1日に何回か動作するようにしておけばよいだろう。




★――――――――――――――――――――――――――
if not exist z:\. net use z: \\server\usrbackup

set logfile=c:\log\copyall.log
echo %DATE% %TIME% >> %logfile%
xcopy c:\usr z:\usr\ /D /S /E /H /C /Y /R >> %logfile%
――――――――――――――――――――――――――★


最初に、コピー先のドライブを z: ドライブにマップします。
べつに、マップしなくても直接 UNC で指定しても問題ありませんが、複数のフォルダをコピーさせる場合はこの方が便利です。

コピー元(c:\usr)の内容を、すべて \\server\usrbackup というフォルダにコピーさせています。

さらにxcopyコマンドの実行結果をc:\log\copyall.logというファイルに実行時刻とともに記録していますが、これは、後でいつ実行したかが分かるようにするためで、必要なければ省いてしまっても問題ありません。

xcopyにはさまざまなオプションがあるが、ここでは「/D /S /E /H /C /Y /R」を指定している。
 ・/D   新しいファイルだけをコピーする
 ・/S /E (空のものも含めて)サブフォルダもコピーする
 ・/H   隠しファイルもコピーする
 ・/C   エラーを無視してコピーする
 ・/Y   無条件上書きコピーする
 ・/R   読み取り専用ファイルもコピーする

というオプションです。
※xcopyのオプションの詳細については、Webで検索すると出てきます
※私は、マイクロソフトの技術サイト
※  https://technet.microsoft.com/
※を愛用しています。xcopy については以下に書いてあります。
※  https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc771254(v=ws.10).aspx

■コピーしたくないファイル(除外ファイル)を指定する


ところで、こういうバッチファイルで実行していると、(上記の例で言えば、usr の下にある)コピーしたくないファイルが出てきます。
たとえば、テンポラリで作成ている巨大な bmp ファイルとか、MS-Office が作成している中間ファイル($で始まるファイル)など。

こういうのは邪魔だし、あとで参照することもありえないので除外するようにしています。
xcopy では、コピーの対象から除外するファイルの一覧リストを作ることができますので、これを利用します。

★――――――――――――――――――――――――――
if not exist z:\. net use z: \\server\usrbackup

set logfile=c:\log\copyall.log
echo %DATE% %TIME% >> %logfile%
xcopy c:\usr z:\usr\ /EXCLUDE:C:\BAT\xcopy-excludelist.txt /D /S /E /H /C /Y /R >> %logfile%
――――――――――――――――――――――――――★


この "/EXCLUDE:C:\BAT\xcopy-excludelist.txt" というのが除外ファイル。

除外の対称となるのは、拡張しだけを指定したり、ファイル名に含まれる一部の文字を指定することができます。
このファイルは、テキストエディタなどで編集します。
こんなファイル

★C:\BAT\xcopy-excludelist.txt――――――――――――――――――――――――――
$~
.tmp
outlook.pst
.bmp
@work
――――――――――――――――――――――――――★


こちらも詳細はマイクロソフトのサイトで御覧ください。

■ネットワーク上のファイルのバックアップ


私は仕事上、海外にあるサーバのデータをよくアクセスします。

これは社内LANに接続された環境と比べると非常に遅いです(当たり前ですが)。
ですので、こういったファイルは一旦社内のサーバに移動してきて、それを参照するようにすると便利です。

ただ、海外(特にインターネット環境の不安定な国)とやりとりしていると、途中で接続が切れてしまう場合があります。
これを自動的に復旧措置してくれるオプションが xcopy にはあります。

 /z 再起動可能モードで、ネットワークを介してコピー

というオプションです。

これを使うと、一時的にネットワークが不通になっても、復旧後続きから実行してくれるので、ネットワークの不安定な環境でもバックアップを気にせずに取ることができるようになります。

無線LANを使っている時も、構内を移動していると切れる時があるので、そういう意味で、常に /z オプションを付けて xcopy を使ってます。

■ファイルは削除しない


ここでご紹介した xcopy によるファイルのバックアップは、同名ファイルだと上書きされてしまいますが、オリジナルのフォルダでファイルを削除してしまってもバックアップフォルダにはファイルが残り続けます。

このおかげで、間違って削除してしまっても、バックアップにはからなず最新ファイルが残っているので、安心して削除ができます。
私はオリジナル(普段仕事で使う)フォルダのファイルは、もうアクセスしなくなったらどんどん削除してしまいます。

もし、「やっぱり必要」になったら、バックアップを探しに行けば残ってますので。
普段使うフォルダは、なるべくファイルを少なくしておけば、探すのに手間取りませんので、作業効率が上がりますよ。



■関連する記事

エクスプローラーの並び順

Windowsをお使いの方ならエクスプローラーはよく使いますよね。エクスプローラーを素早く起動するためのショートカットはWindows+Eこれを覚えておくと、すごく便利です。ファイルを探す何かのファイルを探そうとした時、エクスプローラーを立ち上げて、該当のフォルダへ移動して、上からファイルを順番にマウスでなぞりながら…って探してません?よくプレゼンをしている時に、「あのファイルちょっと開いて…」みたいな話になると、こうやってフォルダ内を探しまわっ..

10分会議をする

会議の時間って、だいたい、13:00〜14:00みたいに、ちょうどの時間から、次のちょうどの時間までっていうものが多いですね。なぜなんだろう?過去記事でもご紹介しましたが、私は中途半端な時間から始めるのが結構好きです。「13:27〜13:43」なんてスケジュールを入れます。当然会議としては「お?」と思うので、印象に残って皆さんちゃんと出席してくれます。会議ばかりで自分の仕事をする時間がない、と問題意識を持ちながら、ち..

部下からの不平不満は上司の勲章

『課長のルール』という書籍から。部下に嫌われることを恐れるな誰だって人から嫌われたくはありません。部下とも末長く仲良くやっていきたいものなのですが、最近の若い世代は少々事情が許さなくなってきているようです。::(中略):おそらく部下に気を遣って気が引ける場面も多いことでしよう。しかし、部下に遠慮するのは絶対に禁物です(変に高圧的になってもだめですが)。さらにちよ..

Excelで入力ミスを減らして効率化する方法

Excelでデータを入力するというのはよくやる仕事。一つひとつのセルに、細かなデータを大量に入力するのは手間が掛かるしミスも起きます。入力方法をひと工夫すれば、仕事が早く終わること請け合い。本日はそんなちょっとした工夫のご紹介。入力を始めるのではなくフォーマットを作るたいていの人は、Excel でいくつも乗せるにデータを入力するとき、データの打ち込みか始めます。で、数字を入力しようとしたら日本語入力が ON になっていた、日本語入力をしようとしたら直接入..

会議のテーマ

「会議が多すぎて仕事が進まない」古今東西、サラリーマンの悩みのひとつなのかもしれません。今日は効率的に会議に出るためのヒント。スケジュールを2段に分ける手帳に時間ごとに会議の計画やタスクを書き出して見える方も多いと思います。私の場合は、会社ではアウトルックをスケジュール管理システムとして使っているので、朝出勤したら、アウトルックで今日1日の計画を印刷して持ち歩いてます。スケジュール帳でもそうですが大体の場合は右側に時間が30分〜1時間単位で書いてあって..

シグネチャは切り替えて使う

メールを見ていて時々思うのですが、メールの最後に自分のメールアドレスやら会社住所やらを書いているかがた見えますね。「シグネチャ」っていうらしいのですが、あれはいるのかな?と疑問になるときがあります。疑問というか、はっきり言って邪魔。元メールを引用する最近は、元になったメールを自分のメールの下に全文そのままつけて送るのが普通になりました。昔はダイアルアップでネットに繋ぐのが普通だったので1バイトあたりの通信費という概念が結構あって、「引用は最小限に抑える..



■同じテーマの記事

フォルダの同期・バックアップ方法3:zcopyを使う

最近の Windows ではあまりなくなりましたが、以前の Windows では、突然ファイルが破損して、何日もかけて作ってきたファイルが一瞬にしてパア、なんてことがよくありました。また、Windows のせいだけではなく、誤操作や誤判断でファイルを消してしまう、なんてことも時々あります。人間だからミスはするさ…、フッ………などと言ってみても、内心は呆然。という時のために、バックアップを作るようにしてます。ただ、手動でバックアップをすると、手間でもあるし、つい忘れて..






posted by 管理人 at 04:09| Comment(0) | TrackBack(0) | PCアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。