2020年11月30日

CapsLockキーを活用する





Windows PCを操作する上で、マウスは欠かせないものですが、私は作業効率が落ちるので、極力マウスは使わない方針でいます。

たとえば、メールソフトは、メールのフォルダ、メール一覧、メールの内容と最低でも3つのウインドウ(ペイン)が存在していて、これらを行き来するのに、マウスを使うということは全くありません。TABキーで移動します。

このような作業をしていると多用するのは

 ALTキー
 Winキー
 CTRLキー

の3つ。そうなると、押しやすさというのは重要な要素です。




■ファンクションキーは enthumble で


ファンクションキー(ENTER,矢印、ページスクロールなどのキー)は、以前ご紹介した

 enthumble

を使ってます。

これらのファンクションキーはキーボードによって場所が微妙に異なります。その上右隅に固まっていて、これが押しづらい。それを解消してくれるのが enthumble です。

■CTRLキーが使いにくい


ところで、キーボードをよく見てみると(見なくても分かるかもしれませんが)、CTRLキーって、だいたい左下隅(右下隅にもあるものも)にありますね。これが遠いので、小指で押すときには、ちょっと手首をひねらないと押せません。

一方で、Aキーの隣に CapsLock キーがあります。
これは非常に押しやすいですね。

そこで昔からある CTRL と CapsLock を入れ替えてしまうというのが、まぁ一般的に見たいです。




■キーを入れ替える


こうしたキーの入れ替えは enthumble ではできないので、別のソフトを使うのが一般的みたいですが、私のようにメモリ貧乏には、ちょっとでもソフトを少なくしたいので、いろいろ方法を調べてました。

結局行き着いたのが、レジストリをいじる方法。
これは Windows7/8 共通で使えるみたい。

まぁ、細かい説明は、Web等でググれば出てきますので、省略。

以下のページが参考になります。

 CtrlとCapsを入れ替え! Windowsのキー配列をカスタマイズ
 http://ascii.jp/elem/000/000/927/927191/

レジストリ設定は、以下のページのものを頂戴してやった所、あっさり成功

 「Caps」と「Ctrl」の入れ替え
 http://uguisu.skr.jp/Windows/winCaps.html





■同じテーマの記事

PC操作を早くする3:修飾キーを操作する

過去記事で、キーボードショートカットなどについて時々触れてきましたが、本日はその基本中の基本。キーボード操作について、ご紹介したいと思います。修飾キーを憶える修飾キーというのは、他のキーと組み合わせて使うものです。コントロールキーALTキー(「アルト」ではなく「オルト」ね)SHIFTキーWindowsキー前回ご紹介したキーボードの練習ソフト(Webサイト)では、SHIFTキーの使い方は練習できますが、その他のキーの併用は練習できませんので、キーの..

NexusFilerの使い方(コマンドライン起動編)

2画面ファイラー NexusFile の便利な機能をご紹介。以前の記事ファイラーNexusFileNexusFileその1(設定編)NexusFileその1(設定)NexusFileその2(ショートカット)NexusFileその3(便利機能)の続きです。コマンドライン機能を使うコマンドライン機能というのは、ディフォルト設定では "/" キーで起動できる、1行だけのダイアログボックスです。これは何をするものかというと、現在のフォルダで特定のプロ..

マウスを外してPCを使うと操作が早くなる

どのPCにも1台1個、マウスがついてますよね。私のPCにはダブルマウスで紹介したように2個ついてますが…。PCの操作を早くするためにはトレーニングがいる以前の記事で何度かブラインドタッチのトレーニングをすることをおすすめしましたが、もしブラインドタッチがある程度できるようになったら、今度はマウスを使わないトレーニングをしてみるとPCの操作が劇的に早くなります。ただし、これは操作の慣れが必要で最初は効率が落ちます。ただそこで挫けてしまうと改善はできませんの..

enthumble再び

以前の記事でenthumbleというソフトを紹介しました。このソフトは、常駐して「無変換」キーとアルファベットキーを同時に押すことで、別のキーにすり替えてくれるソフトです。素の状態では、カーソルキーしか定義されていないのですが、定義ファイルで好き勝手にキーの変更ができます。これの改定をしましたので、ちょっと紹介します。Appキーキーボードを見るとわかるのですが、右クリックメニュー(コンテキストメニュー)を出す「カタカナ/ひらがな」キーの横にあるキーです。..

CapsLockキーを活用する

Windows PCを操作する上で、マウスは欠かせないものですが、私は作業効率が落ちるので、極力マウスは使わない方針でいます。たとえば、メールソフトは、メールのフォルダ、メール一覧、メールの内容と最低でも3つのウインドウ(ペイン)が存在していて、これらを行き来するのに、マウスを使うということは全くありません。TABキーで移動します。このような作業をしていると多用するのはALTキーWinキーCTRLキーの3つ。そうなると、押しやすさというのは重要な要素です。..

IMEのオン・オフを同じキーに割り当てないと操作が早くなる

私は日本語入力システムとして "Google 日本語入力" を愛用してます。こちらのほうが入力効率がいいので。過去に調べたときには、1ヶ月のキーボードのタイプ数が MS-IME より 5〜7% くらい改善しました。理由はおそらく予測変換の精度。さすがに Google はいろんなパターンでどのような単語が多くなるのかよく知っているみたいですね。IME を ON/OFF して使うただ、エクスプローラや愛用のファイラ NexusFile を使うときには、IME..






posted by 管理人 at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | PCアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。