2015年07月03日

PC操作を早くする5:タブキーを使う




本日は、素早くPCを操作するコツの第5回。

アプリケーション内で操作したい対象のウインドウ(小ウインドウとか呼びます)を操作するときに必須なのが TAB キーです。

タブキーにはいくつかのパターンがあります。

 ・TAB
 ・CTRL+TAB
 ・SHIFT+TAB
 ・ALT+TAB
 ・WIN+TAB

これも結構アプリ共通でも使えるキー操作なので、繰り返し使って体に覚えさせましょう。




■ALT+TAB


これは複数のアプリケーションを切り替えるのに使います。
すべてのWindowsで有効なので是非覚えてください。

ALTキーは左手親指で、TABキーは左手小指で押します。

ALT+TABを押して、タブキーだけを話すと、現在起動しているアプリケーションの一覧が表示されます。
そこで繰り返しタブキーを押すと、アクティブなアプリケーションを切り替えることができます。

いちいちマウスをタスクバーに持って行って、アプリケーションを切り替えて…、などとやる必要はありません。

■CTRL+TAB


これは、タブブラウザなどタブがあるアプリケーションでタブの切替をします。
ただし、右側にしか行きませんので、すぐ左のタブを選択する場合には、マウスのほうが早いかもしれません。





■WIN+TAB


残念ながら、Windows8から機能がなくなってしまいましたが、アプリケーションをグラフィカルにページをめくるように切り替えることができます。

私としてはアプリケーションが多い時には、何が表示されているのかわかりやすかったので、割と愛用していたのですが。
残念。

■TAB,SHIFT+TAB


これは、現在フォーカスされているオブジェクト(操作対象)を順繰りに送ったり、戻ったりできる機能です。

これを使うと、操作対象が順番に切り替えることができ、操作対象が目的のところに行ったら、入力を始めるかスペースバー、リターンで操作することができます。
ただし、次のフォーカスの移動先はアプリケーションによってまちまちなので、一概にはわかりません。

私は、この TAB キーを使って移動したり、マウスを使ったりして半々くらいの利用率。



■関連する記事

捨てるって気持ちいい

過去記事で、整理整頓については何度か書いていますし、仕事のポイントを書いた記事や書籍でも重要だと書かれています。本日ご紹介する『めんどくさがりでもうまくいく時間術』でも書かれていますが、すごくわかり易い文章だったのでちょっとご紹介。"めんどくさがり"と "整理できない" のシンクロ率はものすごい高さです。おおざっばで雑な人は、自分の部屋、会社のデスク、 PC のデスクトップもモノ..

マウスに触らずに右クリックする方法

マウスの右クリックって、意外とよく使います。左クリックは、それを選択したり、それにむつ美付けられているアクションをするのですが、あるひとつの動作しかできません。これに対して右クリックは基本的に、その対象に対してできる操作を全てリストにして表示してくれるので、普段と違うことをしようとするとどうしても右クリックを多用することになります。マウスに触るな過去記事でも何度か書いてますが、私はマウス操作が嫌いです。理由は、キーボードに手をおいた状態でマウスを持とうとすると当然キ..

CTRL+ALTキーを定義する

だいたい、仕事で使うアプリって決まってますよね。私の場合・Microsoft Excel, PowerPoint・マインドマップ・テキストエディタ・Webブラウザ(Internet Explorer か Google Chrome)さらに、これらで開くファイルも、よく使うものがあります。ワンタッチで開けるようにするWindows では、CTRL+ALT+どれかのキーWin+数字キーっていうのはユーザが定義できるように開放されてます。固定のものもありますが..

PCが遅い時の対処方法2:原因を探して対策する

「どうも最近、PCの動きが遅い」Linux や Mac だとないのかもしれませんが(それほど使い込んでませんので知りません)、Windowsというのは、使っているうちにだんだん遅くなるというのは有名な話。買った時には、サクサク動いて感動だったのに、使っているうちに慣れてきたせいなのか、PCが遅くなったのかは分からないですが、感動はすっかりなくなり、PCのもっさり感に「ええいっ!とっとと動け!人間様をまたせるとは何事だ!」などと、キーボードにあたっても、実際何の効果も..

UWSCで切り替わったアプリを強調する方法

過去記事PC操作を早くする4:ウインドウをキーボードで操作するアプリの瞬間起動で、紹介しましたが、ウインドウはキーボードで切り替えたほうが素早く切り替えられます。しかし、ここでひとつ問題が。どのウインドウがアクティブかわかりにくいWindows10でちょっと改善しましたが、現在アクティブ(キーボード入力を受け付ける)なのかがわかりにくいんです。できたらアクティブウィンドウはウインドウの枠の色が派手になるとかになってほしいのですが、Windows は VISTA あた..

WIN+Rを多用する

Windowsを使っていると、マウスはどうしても必要。でも以前の記事で書いたように、キーボード主体で操作できるようになると、格段にPCの操作速度が上がります。ただし、自分の知っている人でも、多くの人がトライして挫折するのは、キーボード主体にした時に一時的に操作の速度が落ちて、イラッとすることです。ここで諦めてしまうと、操作速度は上がりません。それでも、我慢して使っていると、あるひ目にも留まらぬスピードで使えるようになっていて、同僚から「スムーズだね」とか「はやっ」って..



■同じテーマの記事

スマホのデータを整理整頓する方法

スマホやPCのデータって、放っておくとどんどん増えていって、そのうち何がどこにあるのかわからなくなっちゃいます。私は基本的には、1箇所に集めて検索ツールを使うという方法で管理していますが、それでもアプリが勝手に自分ごのみのフォルダに放り込んでくれたりして、気がついたら勝手にバカ食いしてくれてたとかいうことが時々。データ整理の時間を作る毎日ではありませんが、通勤時にちょっとだけ手持ち無沙汰な瞬間があります。データの整理整頓はこの..






posted by 管理人 at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ハック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。