2015年08月10日

Cドライブの空き容量を確保する1:不要なファイルを削除する1




Cドライブの空き容量ってどのくらいありますか?

私は、デスクトップPCはだいたい70%強、ノートPCは30%弱が現在の状況。




WindowsはCドライブに頻繁にアクセスするので、この空き容量が減ってくると動作が遅くなります(SDメモリをCドライブに使っているものは別です)。

システムの管理をしていると、割とそういうことに敏感になります。
会社のサーバ類の目安は空き容量はすべてのドライブで30%以上に設定していて、それを下回ると不要なファイルを削除したり、ドライブの追加購入などを検討するルールを作ってます。

ただ、個人で使用するPCでは、30%というのは結構厳しいので、厳守ラインとして5分の1(=20%)を目安にしてます。これに近づいてきたら、残り容量が30%になるまで、ファイルの削減をするようにしています。





■容量確保のコツ


容量確保のコツは3つあります。

 ・不要なファイルを削除する
 ・空き容量の大きなドライブに移動する
 ・オンラインストレージを利用する

の3パターン。

本日から何回かに分けて、この3つの方法についてご紹介します。
本日は、不要なファイルを削除するためのコツをご紹介。

■ゴミ箱をクリアする


これは多分、多くの人がまずやる方法ではないでしょうかね。

Windowsはファイルを削除してもその実態を削除せず、一旦ゴミ箱に放り込みます。
これはこれですごく便利な仕組みなのですが、放置するとゴミ箱の容量が半端無く広がります。

これは、「空き容量がなくなった時」ではなく、「定期的に」削除するのがいいです。
私の場合は、毎週金曜日の帰宅前の定例作業のひとつとしてやってます。
ただし、1週間以上前のファイル限定。

今週削除したファイルは、もしかして来週必要になるかもしれないので残してます。

詳しくはファイルは削除する をご参照ください。

■ディスククリーンアップツール


Windowsに標準で添付されているツールとして使えるのが「ディスククリーンアップ」。
これは、エクスプローラで「ドライブのプロパティ」を開いてやると、右下にボタンが出てきますので、それで起動できます。コマンドで起動するときには、

 Win+R
 cleanmgr.exe

で起動します。

対象は

 ・ダウンロードされたプログラムファイル
 ・インターネット一時ファイル
 ・ユーザによってア〜ア生部されたエラー報告ファイル
 ・一時ファイル
 ・縮小表示

になってます。

ただし、理屈はわかりませんが、ディスククリーンアップツールは削除しないファイルが結構有ります。上記のそれぞれのフォルダの在処を調べられるなら、それを探しだして削除したほうが効果があります。

フリーソフトだと、

 MooOHDD掃除機

がちょっと便利です。

■ダウンロードフォルダ


よくウェブブラウザを使う人は、多分「ダウンロードフォルダ」にいっぱいデータが入ってます。
これは、エクスプローラを開くと「ダウンロード」が「お気に入り」に表示されるので、そこを開いて不要なファイルを削除します

フォルダを確認して、「とっておきたい」と思うファイルがあれば、ちゃんと分類して自分の保存フォルダに移動しておきましょう。
「もしかして必要かな?」と思うファイルは大抵使わないので、「これは絶対必要」と思えるファイルだけにしましょう。

今まで忘れていたのだから、多分必要ないですよ。
必要ならまたネットでググりますよ。きっと。

 ブラウザのダウンロード先を知る

にやり方が詳しく書いてあります。

■次回に続く


ちょっと長くなったので、次回に続く。




■関連する記事

forfilesの使い方

もう使わなくなったバックアップファイルは、削除しておくとハードディスクの容量にも、精神衛生にもちょっと良いかも。ただし、使う可能性のあるファイルを削除はしたくないので、一定期間以上編集しなかった、という条件で削除すると便利かと。これを実現するコマンドが forfiles。本日は、この forfiles の説明。パラメータ一覧FORFILES [/P パス名] [/M 検索マスク] [/S] [/C..

待ち時間で整理整頓清掃清潔

ちょっとしたスキマ時間に、すぐに始められて短時間で終わる作業を持っておくといい、とはよく言われます。じゃあ、「今から3分あります」と突然言われて、3分で終わることができる仕事ってどのくらいありますか?私はよくメール処理をするのですが、たまたま読んだメールが考えないといけないようなものだったりすると、3分が10分でも終わらないことがあります。3分と最初は思ったけど、実際に空き時間は2分になったり10分になったり変動するものです。そ..

Excel でハイパーリンクを挿入する簡単ワザ

インターネットで、ある単語や画像、アイコンをクリックすると、別の Web が開いて、それについてより詳しい情報が表示されたりします。これをハイパーリンクというのですが、御存知の通り、この機能は Web だけの話ではなくて、Excel や Word, PowerPoint でも使えます。ハイパーリンクExcel のあるセルにハイパーリンクの機能を持たせるには、対象のセルを右クリックし、「ハイパーリンク(I)」というメニューをクリックします。これを一発でやる方法がありま..

移動時間の30%マージン

以前の記事で改善は30%Cドライブの空き容量を確保する1:不要なファイルを削除する1Cドライブの空き容量を確保する2:不要なファイルを削除する2リスクの時間などでよく使う数字に30%があります。私にとっては30%はマジックナンバー。移動時間の30%マージン最近は地図アプリや乗換案内サービスなどが充実してきて、かなり正確に到着時間が見積もれるようになりました。以前は、移動時間の単位は1時間、30分、10分みたいな大雑把なものでしたが、「渋滞も考慮して57分後に..

WIN+Rを多用する

Windowsを使っていると、マウスはどうしても必要。でも以前の記事で書いたように、キーボード主体で操作できるようになると、格段にPCの操作速度が上がります。ただし、自分の知っている人でも、多くの人がトライして挫折するのは、キーボード主体にした時に一時的に操作の速度が落ちて、イラッとすることです。ここで諦めてしまうと、操作速度は上がりません。それでも、我慢して使っていると、あるひ目にも留まらぬスピードで使えるようになっていて、同僚から「スムーズだね」とか「はやっ」って..

Cドライブの空き容量を確保する5:オンラインストレージを利用する

Cドライブの空き容量ってどのくらいありますか?私は、デスクトップPCはだいたい70%強、ノートPCは30%弱が現在の状況。WindowsはCドライブに頻繁にアクセスするので、この空き容量が減ってくると動作が遅くなります(SDメモリをCドライブに使っているものは別です)。システムの管理をしていると、割とそういうことに敏感になります。会社のサーバ類の目安は空き容量はすべてのドライブで30%以上に設定していて、それを下回ると不要なファイルを削除したり、ドライブの追加購入など..



■同じテーマの記事

中華タブレットでマルチタスクシステムを構築する

過去記事で何度か書きましたが、現在運用しているPCは7台あります。そのうち2台ほどが、いわゆる「中華タブレット」です。何をさせているかというと、このブログのメルマガの送信やら、記事の更新、ネットから必要な情報のダウンロードなどをさせてます。あとの幾つかの古い PC はちょっと大きなデータの解析用とデータサーバ。マルチタスクシステム以前の記事PCは複数台運用をすると効率が上がるマルチウィンドウで書いたように、1台の高性能 PC よりも、2〜3台の低性能 PC のほ..




posted by 管理人 at 08:37| Comment(0) | TrackBack(0) | PCアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座