2021年06月21日

Cドライブの空き容量を確保する5:オンラインストレージを利用する





Cドライブの空き容量ってどのくらいありますか?

私は、デスクトップPCはだいたい70%強、ノートPCは30%弱が現在の状況。




WindowsはCドライブに頻繁にアクセスするので、この空き容量が減ってくると動作が遅くなります(SDメモリをCドライブに使っているものは別です)。

システムの管理をしていると、割とそういうことに敏感になります。
会社のサーバ類の目安は空き容量はすべてのドライブで30%以上に設定していて、それを下回ると不要なファイルを削除したり、ドライブの追加購入などを検討するルールを作ってます。

ただ、個人で使用するPCでは、30%というのは結構厳しいので、厳守ラインとして5分の1(=20%)を目安にしてます。これに近づいてきたら、残り容量が30%になるまで、ファイルの削減をするようにしています。


前回まで、主にデスクトップPCなどで別のドライブが利用できるときに、そのドライブに大きなファイルを退避する方法をご紹介しました。

もちろん、ノートPCでも、USB接続で外部ドライブを利用すれば同様のことは可能ですが、それではノートPCの機動性が失われてしまいます。
※私の場合は、ノートをあちこちに持ち歩いて仕事をしてますので、ノートPCには、マウスと外部モニタくらいしかつないでません(最近はキーボードもつないでることも)。普段はACアダプタもつないでないことが多いです。
※私のノートPCの選定基準は、第1にバッテリの持続時間ですので、実際1日の殆どの作業はバッテリを繋がずにやってます。バッテリをつなぐのは、ちょっと重い作業をしている時かバッテリ残量が気になる時、就寝時くらいです。

だからといってノートPCのハードディスク容量だけで事足りるかというと、実際そんなことはなく、過去のメールやら過去に作成したファイル、日誌などが巨大な容量を占めてます。
※一つづつはわずかですが、20年近くの過去データだと思えば巨大さは…

そこで、ネットワーク経由でアクセスできるオンラインストレージを使ってます。




■共有ドライブ


デスクトップのPCはすべて同じログイン名・パスワードで読み書き可能に設定しています。
こうしておくことで、いちいちパスワードを聞かれることなくそのドライブのファイルにアクセス可能です。基本ノートPCからは無線LANでつなぐのであまり早くないですが、何ギガもあるようなファイルのランダムアクセスをするなんてい言うことはほとんどありませんので、特に不便してません。

さらにおまけ的に、こうして共有ドライブ上にアクセスしてファイルをやりとりしておくと、常に1つのファイルに対して更新を書けることになるので、最新のファイルは一つだけになります。

■ファイルサーバ


共有ドライブをもうちょっと進めると、NASという製品に行き着きます。

これは、簡単なイメージで言うと、ハードディスク単体でネットワークにつながっているようなものです。いちいちPCを立ち上げることなく、同一のネットワークからアクセスが可能です。

普通のPCをファイルサーバとして使っても同じことができますが、多くのNASはディスクを2重化しているので、ハードディスクが故障した時にでも、ファイルを完全に失わずにすみますし、故障したハードディスクだけを交換すれば簡単に復旧します。

もちろん、サーバを立てて、そこにハードディスクをつないでも同じことができますが、これはある程度専門的な知識が必要です。それに比べると NAS はハードルが低いので、PCやネットワークにあまり詳しくない人でも簡単に構築ができてしまいます。

もちろん、サーバを建てることができれば、いろんな複雑なデータ保護措置がとれますので、オススメなのですが、普通の知識では運用上問題を起こした時に対応しきれません。
※私は会社では一応システム部門なので、そっちのが得意だったりします。

■オンラインストレージサービス


そして、最終的に行き着くのは、だったらクラウドにあるオンラインストレージサービスを利用してしまえば、保守は専門家に任せておけるので楽ちんです。

私は、OneDrive, GoogleDrive, DropBox などなどを利用してます。
この記事を書くために、ちょっと数えてみたら、8つ…。すでにアクセスしなくなって、ず〜っと放置したままのものも…。

この問題は、無料版で使おうとすると容量制限があること。どうしても数十メガあたりが限界です。もちろん、お金を払えばほぼ無制限に使うことができますが、どうもケチなので、ただで使えるものにお金を払いたくない。

そこで、ファイルの種別ごとにオンラインストレージを使い分けてます。

 仕事関係―OneDrive
 プライベート―GoogleDrive
 書籍関係―OneDrive, DropBox, BOX, Yahoo …
 音楽―GoogleDrive
 写真関係―GoogleDrive

みたいな感じ。

注意したいのは、自動的に更新してくれるツールを導入しないこと。
OneDriveならOneDriveというアプリを組み込めば、特定のフォルダにアクセスすれば、そこのファイルを自由に編集しても勝手にオンラインストレージのファイルが更新されます。

しかしこれは実態は、ローカルにファイルがあって、そのファイルを一定時間後に同期するようになっているだけで、ハードディスクの容量削減には逆効果です。

したがって、私はユーザ登録だけしておいて、ブラウザでアクセスするようにしてます。
そのファイルを編集したいときには、一旦ダウンロードして、へ私誌週誌て、もう一度アップロードという面倒な手続きが必要ですが、これは背に腹は代えられない。

さらにオンラインストレージサービスは、いつでもどこでも最新ファイルにアクセスできるというメリットを優先しているので、こうしています。

■複数のオンラインストレージサービスを一つにまとめる


こうしてあっちこっちに分散しているデータは、探そうとすると、「あれ? どこに入れたっけ?」と探しまわることになるという不便さがあります。

これをまとめてくれているソフトがありましたので、ちょっとだけご紹介。

 Gladinet Cloud Desktop:窓の杜

使い方に関しては、

 複数のオンラインストレージを合体して便利に使うITMedia:

がわりと詳しくてわかりやすかったです。



■関連する記事

圧縮解凍をバッチで実行する

インターネットなどでデータを取り込むと圧縮ファイルになっていることが多いですね。たくさんのファイルを取り込むとひとつづつ特定のフォルダに解凍するのが結構手間です。面倒くさい作業は自動化してしまうのが一番です。自動化するには自動的に必要なファイルを抽出するにはバッチスクリプトで自動化するか、Windowsのオートパイロットソフトを使います。バッチを使って圧縮ファイルを操作するためには、そのツールにコマンドラインからコマンドオプション対象ファイル..

全力疾走しろ

努力の証随分以前に24時間働けますか?ビジネスマ〜ン、ビジネスマ〜ン!ジャバニィ〜ズッ、ビジネスマ〜ン!!というCMが流行った(私だけかも)事がありました。栄養ドリンクの「リイン」のCMでした。※案外これよく効くので、いまでも愛用してます。というのは置いといて…今の時代「がむしゃらに頑張ってます」みたいなアピールはなかなか通用シないかもしれませんが、私が先輩から教わった、失敗した時の印象の回復法。楽天の三木谷社長のエピソード何かの本で読ん..

デスクトップの3ゾーンを利用してタスクを処理する

仕事を効率的に進めようと思ったら、タスクの一覧を管理することはとても効果があります。私の場合、タスクリストはアウトルックで管理していますが、今日やるべきタスクは一旦付箋(ポストイット)に書き出すようにしています。まあ、朝の儀式みたいなもんです。書き出した付箋を、未確認・未処理・処理中・処理済がひと目で分かるようにするためには、貼り付ける場所に一定のルール(工夫)をもたせるのが良いです。タスクは左から右に流れる以前のタスク管理ツール(タスクリストではありま..

forfilesの使い方

もう使わなくなったバックアップファイルは、削除しておくとハードディスクの容量にも、精神衛生にもちょっと良いかも。ただし、使う可能性のあるファイルを削除はしたくないので、一定期間以上編集しなかった、という条件で削除すると便利かと。これを実現するコマンドが forfiles。本日は、この forfiles の説明。パラメータ一覧FORFILES [/P パス名] [/M 検索マスク] [/S] [/C..

Excel でハイパーリンクを挿入する簡単ワザ

インターネットで、ある単語や画像、アイコンをクリックすると、別の Web が開いて、それについてより詳しい情報が表示されたりします。これをハイパーリンクというのですが、御存知の通り、この機能は Web だけの話ではなくて、Excel や Word, PowerPoint でも使えます。ハイパーリンクExcel のあるセルにハイパーリンクの機能を持たせるには、対象のセルを右クリックし、「ハイパーリンク(I)」というメニューをクリックします。これを一発でやる方法がありま..

移動時間の30%マージン

以前の記事で改善は30%Cドライブの空き容量を確保する1:不要なファイルを削除する1Cドライブの空き容量を確保する2:不要なファイルを削除する2リスクの時間などでよく使う数字に30%があります。私にとっては30%はマジックナンバー。移動時間の30%マージン最近は地図アプリや乗換案内サービスなどが充実してきて、かなり正確に到着時間が見積もれるようになりました。以前は、移動時間の単位は1時間、30分、10分みたいな大雑把なものでしたが、「渋滞も考慮して57分後に..



■同じテーマの記事

タスクの名前

タスクリストの制約事項タスクリスト(ToDoリストと呼ぶ場合も)を何らかのソフトを使って管理されている方も多いと思います。まぁ、どんなソフトをつかっても、上から下にやるべき仕事がずら〜っと並ぶことになります。これで結構不満なのが、タスクが2次元以上の管理ができないこと。つまり、企画書を提出するというタスクをするために、企画案を可能な限り考える企画案に沿ったデータを集める企画案のプレゼン資料を作るという詳細タスクにわかれます。さらにやり始めてみたら..






posted by 管理人 at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | PCアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。