2015年10月30日

面接官の質問の真意―リーダーシップを問う




 「あなたのリーダーシップはどのくらいありますか?」

こんな直球な質問はしませんが、採用面接や昇進・昇格面接で面接官が聞きたいことの大きなポイントが、「リーダーシップ」です。

これに対して、候補者はいろんな実績を説明して、「この人は採用(昇進・昇格)に値するリーダーシップがある」と判断してもらいたいのですが、これがなかなか難しいです。




■リーダーの経験がいないとリーダーシップの実績にはならない?


特に、派遣の仕事をしていて、正社員採用試験に臨むような方は、もとの派遣という仕事の都合上、派遣先で何らかのリーダーのような責任あるポジションを任されることはまれです。

それなのにリーダーの経験を問われても、答えようがありません。

最近、私が面接をした方は、このパターンの方で、とても苦労して説明をされてました。

しかしながら、「リーダーシップの能力の多寡」と「リーダーの経験」は比例関係にはありますが、経験ゼロでも、「私にはできる」といえるのですよ。

それは定義の問題なのですが、

 リーダーシップとリーダー経験は別物

だからです。

リーダーになれるのは、何かのプロジェクトで言えば一人だけです。全員がリーダーになれるわけではありません。つまり、10人のチームがあれば、確率としては1/10です(確率の問題ではありませんが)。

管理職としても、やったことがない人に、いきなりリーダー抜擢なんて怖くてできません。

つまり、リーダーの経験ができない人は、リーダーの経験がある人より多くなります。

その中で、「リーダーシップを語る」ために「リーダーの経験」を語ろうとするから苦労するんです。




■リーダーシップを経験しなさい


理屈的な、リーダーシップについては、<<コンパス>>に譲ります。
簡単にいえば、

★P116〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●リーダーがなすべき4つのタスク
リーダーとは、成果を達成する人だと書いてきましたが、では成果を出すためには具体的に何をする必要があるのでしょう。実はリーダーがなすべきことは極めてシンプルで、突き詰めれば次の4つの行為に収束します。

 1.目標を掲げる
 2.先頭を走る
 3.決める
 4.伝える

伊賀泰代(著) 『採用基準
――――――――――――――――――――――――――――★


です。
※私個人的には、これに「人を巻き込む」というものを追加して考えてます。

詳しく知りたい方は、<<リーダーシップ―面接質問の真意**>>をご参照ください。

この記事に書いたように、「リーダーシップ」自体は、リーダーでなくとも発揮できます。それを発揮したことの経験を面接で語ればいいわけ。

そのためには、やることは大して多くありません。

 ・課題の解決策を考える
 ・考えた解決策をほかの人に話して「一緒にやってみない?」と誘う
 ・いろんな人と一緒にやる

これだけで十分です。

あなたやあなたの部門はいろんな問題を抱えてます。自分が感じている不満、それで結構です。
それが動やったら解決(軽減でも十分)できるのかを考えて、その賛同者を探してみてください。

それがリーダーシップを発揮した経験です。

なぜそうなるのかは、記事<<リーダーシップ―面接質問の真意**>>を参照してください。
まず、やるのが大事。失敗しても元に戻るだけで、悪くなることはありませんから大丈夫。
失敗したら、やり方を変えてもう一度やればいいだけですし、「こうすれば失敗する」という実験結果がわかっただけです。





■参考図書 『採用基準





立ち読みできます立ち読み可
マッキンゼーの採用マネジャーを12年務めた著者が語る!

マッキンゼーと言えば、ずば抜けて優秀な学生の就職先として思い浮かぶだろう。
そこでは学歴のみならず、地頭のよさが問われると思われがちで、応募する学生は論理的思考やフェルミ推定など学んで試験に挑もうとする。
しかしマッキンゼーの人事採用マネジャーを10年以上務めた著者は、このような見方に対して勘違いだという。
実はマッキンゼーが求める人材は、いまの日本が必要としている人材とまったく同じなのだ。
だからこそ、マッキンゼーは「最強」と言われる人材の宝庫の源泉であり、多くのOBが社会で活躍しているのだ。
本書では、延べ数千人の学生と面接してきた著者が、本当に優秀な人材の条件を説くとともに、日本社会にいまこそ必要な人材像を明らかにする。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

採用基準
著者 :伊賀泰代

採用基準
検索 :最安値検索

採用基準
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 面接官の質問の真意―リーダーシップを問う
 面接不合格の意味
 やりたいこと前編
 キャリアアップって?(キャリアアップのバカヤロー)
 面接質問の真意(リーダーシップ)8:面接官はリーダーシップのレベルをはかりたい
 面接質問の真意(リーダーシップ)7:伝える
 面接質問の真意(リーダーシップ)6:決める2
 面接質問の真意(リーダーシップ)5:決める
 面接質問の真意(リーダーシップ)4:先頭を走る2
 面接質問の真意(リーダーシップ)3:先頭を走る

●このテーマの関連図書


生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの

イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」

HIGHOUTPUTMANAGEMENT(ハイアウトプットマネジメント)…

超採用力

「使える人材」を見抜く採用面接

この1冊でさらにわかるコンサルティングの基本ベストプラクティス集





■同じテーマの記事

時間を無駄に浪費している習慣を塗り替える

「この悪い習慣をやめたい」と思ってもやめられません。それは意志の力がないからではなく、上書きすべき良い習慣がないだけかもしれません。以前の記事「しない」はできないでも書きましたが、人間は基本的に否定文を理解できるようにはできてないみたいです。たとえば、「コップの水をこぼさないように」といわれるとこぼす確率があがるのだそうな。悪い習慣を上書きする「悪い習慣」というのは大抵の人が意識しています。ただ、それを「やめよう..

F1キーでイラッとしない方法(AutoHotKeyスクリプト)

キーボードの ESC や 半角/全角 キーを打とうとして、間違えて F1 キーを押してしまい、ヘルプが表示されたり、ネット検索に行ったりして、「イラッ」としたことありません?何かのメッセージがちょっと表示されるだけならいいですが、Excel や Word、PowerPoint だとインターネットに接続に行って、しばらく待たされた上に役にも立たないようなヘルプが表示されると、「ええいっクソッ!!」怒り爆発。F1キーなんていらないどうも私だけではないようで、..

爆速で目的のフォルダを開くショートカットフォルダを作る

仕事の資料を作ったり参照したりするとき、エクスプローラを使いますよね。私の場合はファイラーですが。そのフォルダにどうやってたどり着きますか?そのドライブのルートや今開いているフォルダから、フォルダを順番に辿って行って、目的のフォルダにたどり着くような操作をしているなら、高速化の余地がいっぱいあります。ショートカットWindows を使っている方ならショートカット(ショートカットキーではなく、ファイルやフォルダへのショートカット)をご存知ですよね。まあ、同..

新規テキストファイルをバッチで作成する

Windows で新しいファイルを作成する方法って、マウスでエクスプローラのなにもないところを右クリックして新規作成を選んでファイルのタイプを選択する以外に方法がないみたいです。おそらく Word / Excel なんかのアプリに新規作成を実行させるためにそうなっているんでしょうけど、ちょっとしたメモを作りたいだけのような場合には結構不便です。たとえば、多くのファイルがあるようなフォルダだと、まず何もないところの面積が少ない。そのために、表示を広げた..

スマホ読書:ページめくりは右手・左手両対応にする

Android スマホで自炊したりネットで拾ってきた書類を読むのに、私は Perfect Viewer と ComittoNいうソフトを使っています。この2つが気に入っている機能のひとつにタップしたときの動作が決められることがあります。他の画像閲覧ソフトにも、設定が変えられるものが多いですが、左右のどちらをタップしても次のページへ進むという設定ができるのは、私が試した中ではこれだけでした。右手で持つか左手で持つかスマホやタブレットを持つときに、どちら..

たった1秒で相手の好感を得るボールペン操作術

会議や簡単な打ち合わせなどを初めてとして、誰かと話をするときに最初に何をしますか?自分の机で人と話をするときも含めて、私はまず、メモ帳(ポストイットですが)の近くにボールペンを出して、芯を出した状態で近くに置きます(手に持ったままということもよくありますが)。話を聞くときの姿勢ちょっと気になるときがあるのですが、打ち合わせ場所に入ってきて、PC やノートを置き(広げるわけではなく閉じたまま)座って、そのまま腕組みをして、開始の合図を待つ人がいます。ツワモ..




posted by 管理人 at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 面接技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック