2016年01月01日

面倒くさかったら目標を作りなさい




以前の記事でも何度か書いてますが、私はとっても「面倒くさがり」です。

自分で「やりたい」と言ってもらった仕事も、ちょっとやり始めると面倒くさくなる。「もうどうでもいいや」になってしまって放り出した仕事が死屍累々。自慢にはなりませんが。

■旅行に出かけられるか


ちょっと、例で考えてみます。

会社で9連休がもらえた、とします。
ちょっと、たまには家族サービスもしないといけないよな、ということで家族旅行に行く事にしました。奥さん(旦那さん?)に「連休に旅行に連れて行ってやるから計画立てとけよ」などと言ったら、少なくとも私の翌日のお弁当はありません…。

■目標を作らないと面倒くさくなる


ここで、「旅行先」とか、「日程計画」みたいなものが、先に言った「目標」です。
目標も持たずに、なんの準備もせずいきなり車に乗り込むと、大概はそれを決める以上に面倒くさくなりますよね。

走りだしたら、いきなりガス欠とか。
適当に観光地で止まってみたら、観光客がいっぱいで長蛇の列、とか。

観光スポットや混雑状況、地元の名物料理、タイムスケジュール。

そういったものがないととっても面倒なことになるのです。

今、それを調べて計画を立てる面倒くささと、現場に行ってから経験する面倒くささを比較してみると、いまやっちゃったほうが面倒くさくない

結果、目標や計画を立てるという仕事をしたほうがいいので、旅行先を決め、交通手段やタイムスケジュールを決めて旅行に出かけるわけです。

■仕事で目標を決めてますか?


ところが、時々見かけるのは、この旅行先や交通手段、タイムスケジュールがないまま、仕事を始めちゃう人がいます。

まあ、大抵は後になって面倒くさい事になってますね。

何を準備しておけば面倒くさいことに巻き込まれずに済むかというと、以前の記事

 ピクニックに行く

に書きましたのでこちらをご参照ください。

まあ、単に「今、ちょっと面倒くさい」がいいか、「後ですごく面倒くさい」がいいかの比較の問題ですので、すごく面倒くさいのが好きな人は、無理には勧めませんが。

どうも、管理職は「すごく面倒くさい」が好きな人が多いような気がするのは、私の周囲の問題だけなのか、世の中一般に言えるのか、単に私の観察眼がないからなのかわかりません。あなたの上司はいかがでしょう?

私は、「なるべく面倒が最小になるといいなぁ」と思ってたりします。
もし、同意してもらえるのなら、最小の面倒くささぐらいは我慢しません?

「どこへ行くのか」「どういうルートを通って行くのか」くらいは、あとでトラブってその処理をするよりは面倒くさくないですよ。


posted by 管理人 at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック