2016年03月15日

できてあたりまえ!?パソコンクイック操作法




ふとほかの人のパソコン操作を目にすると、「あ〜。もっと素早くできるのに…」と思うような操作をしている人がいます。

たとえば、

 ・エクスプローラに表示されたファイルを複数個選択するとき、一つづつドラッグ&ドロップでコピーする
 ・Excelの画面からはみ出した行まで含めて選択するとき、クリックしたままマウスを下に持って行き、目的の最後の行が表示されるまでスクロールさせる

みたいな操作をしている時。

数個なら作業完了までの時間は大差ありませんが、対象が二桁、三桁とかになると…

たとえば、300行のExcelデータを、1行づつクリックで選択しますか?
私なら気が遠くなります。

自分のやり方や、自分の周りの人のやり方を思い出してみてください。

■SHIFTキーを使えば一気に選択できる


そんな時は、一番上の行を選択して、ページスクロールや検索、行ジャンプを使って一番下の行を表示させて SHIFT キーを押しながらクリックしてやれば、まとめて選択できます。

で、その後

 CTRL+C
 ALT+TAB   ←対象のアプリ切替操作
 CTRL+V

でコピーは完了。

だいぶ早そうでしょう?

CTRL,TAB,C,Vなどのキーは右利き(マウスが右手)の人なら、左手はキーボードに置かれているでしょうから、ホームポジションからは手が離れません。両手で作業ができます。

■対象と対象でないものの比率が逆転するとき


Windowsでは、全部を選択するために CTRL+A というショートカットがあります。

たとえば、8割のファイルを選択するより、全部選択しておいて2割を選択解除したほうが、作業は早いですよね。

つまり、

 CTRL+Aを押して全部選択
 CTRL キーを押しながらクリックで対象で無いファイルを選択解除

とやれば、1個づつ選択していくよりも選択は早くできるということです。

つまり、選択対象が多い時には、全部選択してから対象でないものを外していくほうが早くできる、と。

このテクニックは、『たった3秒のパソコン術』に書いてありました。

本書『たった3秒のパソコン術』では、「こうすればパソコンは素早く操作できる」という方法がたくさん載ってます。

ただこういうのは普段やってないと、さっとできません。
最初のうちは意識しないと指が動いてくれないので、安易で時間のかかる方法に流れてしまいます。

意識してやるようにしていると、他の人が「どう操作したのか全く見えなかった」みたいなPC操作ができるようになりますよ。

ちょっと目次の一部をご紹介。

●『たった3秒のパソコン術』第1章
 ・一瞬で画面の情報を「すべて選択」する法
 ・「すべて選択」でなく、サッと「 8 割ほど選択」したい
 ・コピー&ペーストは「 x 」「 c 」「 v 」を使うと便利
 ・「同じような表を大量につくる」最速の法
 ・マウスに触らずに「メニューバー」を使う
 ・組織図・チャート図・・ … 作図の「すごいワザ」
 ・「入力フオームの記入」がこれで 10 倍速くなる!
 ・「箇条書きをきれいに見せる」瞬間ワザ
 ・「半角/全角」「日本語/英数」…3 秒の切り替えワザ
 ・日本語入力のままで「英語を入力する法」
 ・「カタカナの誤変換」を簡単にゼ口にする法
 ・今より格段に速く「範囲指定する」法
 ・時間短縮!キーボードで「クリックする法」
 ・「大量のフアイル」「特定のフアイル」を一気に選択!
 ・不要フアイルを「もっとも効率よく削除する」ワザ
 ・「フアイル形式を変える」一番簡単な方法
 ・「新規作成文書」「古い文書」をサッと開くワザ

私は7割位は使ってました。



■参考図書 『たった3秒のパソコン術


仕事ができる人ほど、「マウスを使わない」!
あの大ベストセラーが、ウィンドウズ7&8対応の
最新版としてさらにバージョンアップ!
など、たった3秒であなたの仕事がガラリと変わる
選りすぐりの「瞬間ワザ」満載!

◆アマゾンで見る



書名 :たった3秒のパソコン術
著者 :中山真敬

◆楽天で見る


 
たった3秒のパソコン術

たった3秒のパソコン術
著者:中山真敬
価格:648円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



posted by 管理人 at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ハック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック