2016年03月24日

細切れ仕事の活用法1




本日は前回の記事で紹介した『「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則―集中力を最高にする時間管理のテクニック』の中にあった、「コマ切れ時間の活用法」という部分のご紹介。

★P39〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●「コマ切れ時間」を活かす方法
管理的な仕事には一つとして同じものはない。しかし、ほとんどのマネジャーの仕事は、比較的短期間の課題が多い。マネジャーは、一つのことにたくさんの時間をかけないかわりに、種々雑多な活動にたずさわっている。

平均的なマネジャーは、一日じゅう約9分ごとに何者か何ごとかに仕事の邪魔をされている。

一週間の平均労働時間が約 55 時間で、9 分ごとに仕事の邪魔がはいるとすると、平均的なマネジャーは一日のうちに約 73 事項の仕事の邪魔をされることになる。

しかも、それらの事項は必ずしも相互につながりがない。マネジャーの毎日にはおびただしい仕事の中断があり、扱う事項には、マネジャー自身が達成しようとしている目標と関係のあるものもあれば、まったくないものもある。

メリル・E・ダグラス(著) 『「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則―集中力を最高にする時間管理のテクニック
――――――――――――――――――――――――――――★


ほ〜。ということで、一応自分もマネージャの端くれなので、測定してみました。

ひとつの仕事をしている時間なのですが、1週間ほど実測してみたところ、

  約20分

でした。ただし、大きくばらついていて、2時間以上同じテーマについて検討している時(会議)もあれば、数分で部下から相談を受けて、何かを話始めたりで、結構ばらついてますね。

すごく単純に算術平均すると、約20分という数字。本書とはちょっと違いますね。

一般的なマネージャよりも仕事が少ないんだろうか?

まあ、私の事情はさておき、本書の『「コマ切れ時間」を活かす方法』はと読み進めてみると、

★P40〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

要するに、その毎日はどうみても断片的で、「偶然」の連続である。1日が小さく刻まれてばらばらになっているのである。

毎朝、机の上に誰かがジグソーパズルの小片をドサッと置いて、その日の終わりまでに完成するようにと言っているようなものだ。

効果的な時間の管理によって、ほかからの妨害を最小にしたり、コントロールしたりすることはできるが、それを完全になくすことは不可能である。
 :
 :
ほとんどのマ不ジャーは行動志向型である。坐りこんだり考えこんだりすることは好まず、行動するほうを好む。加えて、ペーパーワークを非常に嫌う。

一切のペーパーワークを口頭による報告に代えられるものなら喜んでそうしようという人間がほとんどである。

読んだり書いたりするよりも、しやべるほうが好きなのである。

こうした行動志向と、ばらばらの仕事という条件を与えられた場合、ほとんどのマネジャーは「事前に考え、計画し、それから行動を開始する」のではなく、「目前の事項にその日いっばいかかりきりになる」はずである。

考えたり計画したりする時間はごくわずかしかない。マネジャーは日々の課題ととりくむにあたって、どうしても「表面的」になりがちである。

やる必要がありそうな物事を残らずやるだけの時間が充分にはないからである。

自分の納得のいくまで、あるいは必要とされる程度にまで、じっくりとことにとりくむだけの時間が充分にない。われわれはみな、このような状態で毎日を送っている。

メリル・E・ダグラス(著) 『「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則―集中力を最高にする時間管理のテクニック
――――――――――――――――――――――――――――★


と、これでこの節は終わり。け、結論の「活用法」は…?

表題を見て、この記事にたどり着いた方、すみません。この節の結論は、本書『「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則―集中力を最高にする時間管理のテクニック』の次節以降に書いてあるのですが、長すぎて引用できません。

長くなってしまったので、次回に、要約を書いておきます。





■参考図書 『「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則―集中力を最高にする時間管理のテクニック


「ハイ」と返事をしてもやらない、「その場しのぎ」の仕事をする、優先順位がメチャクチャ…なぜ仕事ができない人は「習慣的」に時間をムダにするのか?1980年の刊行以来、時間管理と仕事の進め方のコツを伝授する名著としてアメリカで読み継がれてきた超ロングセラーが登場。

◆アマゾンで見る



書名 :「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則―集中力を最高にする時間管理のテクニック
著者 :メリル・E・ダグラス

◆楽天で見る


 




posted by 管理人 at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 時間術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。