2016年04月26日

オウム返し法で話の方向性を決める




「傾聴」のトレーニングセミナーなどに行くと、まず最初に覚えさせられるのが、頷き方。セミナーなどで聞いてみると、単に頷くという動作だけで、結構いろいろな種類があって奥が深いです。

次に教えられるのが、オウム返し法

相手に「聞いてますよ」というメッセージを発することと、「ペーシング」のために、相手の入った言葉の一部を言う方法です。

 相手:この前の社内ゴルフ大会、優勝出来たんだよ!
 私 :優勝ですか!

こんなやつですね。多分、よくご存知かと。

■オウム返しのポイントを間違えると…


私はゴルフは知りません。だから、間違ってもこんな反応はしません。

 相手:この前の社内ゴルフ大会優勝出来たんだよ!
 私 :ゴルフですかぁ

こういうオウム返しをすると、次にはゴルフの話になります。ところが私はゴルフは全く興味なし。有名人として、「石川ナントカくん」や、「松山カントカ」、「タイガーなんちゃら」くらいの名前(苗字?)は知ってますが、それ以上のことは全く…。

こうなると、次の展開は

 私 :ゴルフですかぁ
 相手:そうそう。僕はハンディ10でね。持ってるクラブが○○の○○なんだけど…
 私 :????????

話が途切れること請け合い。

■オウム返しで話題を誘導する


もうここまで読めばわかったと思いますが、どこにオウム返しするかで次の話の展開が決まります。

何でもかんでもオウム返しすればいいってもんじゃぁありません。そのあとの話の展開を読んで、「ここに誘導しよう」という意志を持って返さないといけないのです。

 相手:この前の社内ゴルフ大会優勝出来たんだよ!

この例文では、ご紹介したように幾つかの「オウム返しポイント」があります。単純に名詞を拾うだけでいいのですが、

 ・社内ゴルフ大会
 ・ゴルフ
 ・社内
 ・大会
 ・優勝

当然、相手はそう切り出してきたということは、優勝に力点がありますので、優勝をオウム返しすれば、相手が一番望んだところです。一方で、自分としてはたとえば、相手の社内事情を聞き出したいという欲求があれば、あえて、

 「御社では社内ゴルフ大会があるんですか! いいですね!」
 ※「社内ゴルフ大会」を、「社内ゴルフ大会」と言い換えていることにも注意。
 ※主語も強調して「御社では」をつけてる。芸が細かいですね(自画自賛)。

と返す方法もあります。そう返されれば、相手は会社の話にならざるをえません。こう切り返されておきながら、それでも、

 相手:優勝なんて初めての経験でね〜

とまで自分の好き勝手に話を展開できる人には無力ですが。

「オウム返し」みたいな単純な方法にも、戦略があると、よりうまく使えますよ、というおはなし。

posted by 管理人 at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 心理技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ 上司の指示に従うだけの毎日から抜け出したいなら、 「7つの習慣」で学ぶ事をオススメします。 コヴィー博士追悼企画として今なら、初回DVD50%オフ+コヴィー博士最後の著書プレゼント付き! http://123direct.info/tracking/af/620699/Fg9QE9Jf/ 現代ビジネス界の金字塔、7つの習慣DVD講座