2016年10月17日

オートシェイプのコツ:SHIFTを使うときれいに拡大できる



Excel や PowerPoint で "まんまる" を書く方法を知ってますか?




■Shiftキーを使うときれいな図が書ける


オートシェイプを書くときに、縁のグリッドをマウスで移動させます。

ところがマウスって大雑把な位置を指定するのは得意ですが、正確な位置を指定しようとすると結構難しいです。

たとえば、こういうテキストでも、ある文字列を選択しようとしてドラッグすると1文字ずれたり、1文字足らなかったりして思わず舌打ちしたりします。

これがもっと自由なオートシェイプなら言わずもがな。

丸のオートシェイプを拡大しようとしたら、なんだか楕円になってしまって、プロパティで大きさを数字で入力し直すこともしょっちゅう。

そこで出番が Shift キー

■Shift + ドラッグで均等に拡大・縮小する


丸や四角のオートシェイプのカドを摘んで拡大縮小するときに、Shift キーを押していると、かならず

 丸 ⇒真円になるように拡大・縮小する
 四角⇒正方形になるように拡大・縮小する

ように作用します。

あと、縦横比を一定にしたまま拡大するコツ



★P54〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●拡大・縮小の悩みも Shift で解決
マウスでドラッグして、拡大・縮小を行う場合にも、同様の問題が先生します。

1 節でも触れたことですが、縦横の比率が変わりてしまい、同じ形にするのが難しいからです。

ここでも、役に立つのが Shift。

Shift を押しながら、図形のハンドルをドラッグすると、縦横比率を保ったまま、拡大・縮小ができるのです。

このワザが特に役にかつのが、写真やイラストをパワポに貼り刊ける場合。

これらは、縦横比率が変わりてしまうと本当に困りてしまいますが、Shift を押しながらドラッグすれば、やはり縦横比率は一定。知りていると、大いに役立ちます。

中山真敬(著) 『基本図形の使い方で劇的に変わる! 図解力を10倍高める本
―――――――――――――――――――――★


■正確な水平線を引く


線のオートシェイプに対して、Shift キー を押しながら引っ張ると、線が必ず真横か垂直に拡大・縮小されます。

■均等に拡大する


これは自分も知らなかったのですが、やってみると確かにできる、複数のオートシェイプを均等に拡大するコツ。

複数のオートシェイプを選んでおいて、カドにあるハンドルをドラッグすると、縦横比や位置関係を維持したまま拡大・縮小ができます。たとえば、複数のオートシェイプで描いた図形を拡大・縮小すると位置関係が崩れてしまって妙な絵になりますが、この方法なら位置関係が崩れません

■複数のオートシェイプを同時に選択する


★P54〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●図形の同時選択をうまく行うワザ
あれこれ作図では、図形を配置する場所を移動する場合など、複数の図形を同時選択することがよくあります。ここでも Shift が役立ちます。

Shift を押しながら、図形をクリックすると、同時選択を行うことができるからです。

ただ、図形の選択は意外にやっかいです。パワポの図形には重ね順があるため、背面に回りてしまりた図形は、いくらクリックしても選択できないからです。

マイクロソフトのサイトを見ると、こんなときのために、次のような方法を紹介しています。

その方法とは、リボンの「選択」ボタン

これをクリックすると、表示されるメニューの一番ドに、「選択する図形と表示」があります。これを選ぶと、そのスライドで使りているすべての図形が一覧表示されます。

確かに、次から次へと図形を選択する場合は、便利なので、覚えておいて損はないでしょう。

ただ、たくさんの図形を使っていて、ズラリと一覧に表示される場合など、面倒に感じられることも少なくありません。そこで役立つのが、マウスをクリックしたまま動かして、範囲を指定する方法。

すると、その指定した範囲に含まれる図形を・気に同時選択することができる

この方法を実際に使っている人は多いのではないでしょうか。

ただ、この方法にも弱点があります。

「含まれる」というところがそうで、テキストボックスの余白部分など、範囲指定した中に完全に収まっていない図形は選択できません。

そこで、再び Shift の出番。

Shift には、選択中の図形をもう一度クリックすると、選択をやめるという機能があります。

つまり、同時選択した図形の中から、余分なものを排除することができるのです。

マウスで範囲指定するとき、関係ないものが含まれてもかまわない、という意識で余裕をもって広く同時選択を行い、後から関係ない図形を Shift を押しながらクリックして外す、という方法のほうが素早くできる、という場合が少なくありません。

中山真敬(著) 『基本図形の使い方で劇的に変わる! 図解力を10倍高める本
―――――――――――――――――――――★


オマケですが、そのページの全てを選択するには、

 CTRL+A

が便利です。AllのAと覚えておくと便利。




■参考図書 『基本図形の使い方で劇的に変わる! 図解力を10倍高める本





立ち読みできます立ち読み可
コツさえわかれば、絵心がなくても大丈夫!
図解化の基本からオフィスソフト(PowerPoint、Word、Excel)の作図テクニック、
そして、全312アイテムの描き方を紹介。

あなたの企画書の説得力を10倍アップする究極の実践書! !

あなたはいくつ、描き方をイメージできますか?

□老若男女の描き分け
□人物をビジネスマンと分からせる方法
□建物を学校とわからせる方法
□公共サービス(電気・水道・ガス)の描き方
□現在・過去・未来の時間の描き分け

答えはすべて、本書にあります!





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

基本図形の使い方で劇的に変わる! 図解力を10倍高める本
著者 :中山真敬

基本図形の使い方で劇的に変わる! 図解力を10倍高める本
検索 :最安値検索

基本図形の使い方で劇的に変わる! 図解力を10倍高める本
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 パワポで同じような図形を並べるときは、「配置」で揃える
 図解のコツ5:配置を試行錯誤する
 図解のコツ3:キーワードを抽出する
 図解のコツ4:配置を決める
 図解のコツ2:単語を抜き出す
 図解のコツ1:カタマリを作る
 図解とは位置・配置に情報を盛り込むこと
 かっこいいグラフを作れるテンプレートChartChooser
 図やチャートをきれいに整列させなさい
 図形編集の究極技:頂点の編集

●このテーマの関連図書


デザイン仕事に必ず役立つ図解力アップドリル

図解力の基本ちょっとしたコツだけど、だれも教えてくれない88のテクニック

手描きで考え、伝える図解表現使いこなしブック

伝わるイラスト思考(アスカビジネス)

誰でもデキる人に見える図解de仕事術(アスカビジネス)

[動く]図解力アップドリル





■関連する記事

図解のコツ3:キーワードを抽出する

前回の記事で、図解のための単語の抜き出しの練習方法をご紹介しました。単語を読む新聞の社説でも、自分の仕事に関係ある Web 記事や本いいので、500〜1000文字くらいの文章を選んでください。そして、付箋にそこに出てくる名詞をメモ帳に一件一葉で抜書きしてください。名詞以外は無視していいです。これを毎日、1ヶ月続けてみてください。私はこれを「単語を読む」と呼んでます。文意を把握するたぶん、これをやり続けていると、ちょっ..

図解のコツ4:配置を決める

前回の記事で、カタマリを作るトレーニング方法についてご紹介しました。本日は、図解をするためにもうひとつ必要な作業、配置するについて。カタマリをどこに置くかカタマリを作ることができても、図解はできるようにはなりません。図解とは、「位置/配置」に情報を盛り込むこと例えば、有名な情報整理術に、「KJ 法」というものがあります。考案者である文化人類学者・川喜田二郎氏のイニシャル..

図解のコツ2:単語を抜き出す

前回の記事で、「図解のはカタマリを作ること」と書きました。図解の最初のステップはカタマリを作ること図解とは、「位置/配置」に情報を盛り込むこと例えば、有名な情報整理術に、「KJ 法」というものがあります。考案者である文化人類学者・川喜田二郎氏のイニシャルをとってこう呼ばれています。ここでは詳しくは説明しませんが、キーワードを書いたカード、新聞や雑誌の切り抜きといったもの..

図解のコツ1:カタマリを作る

ホワイトボードに説明を書いてもらったときや、パワーポイントなどにまとめたときなどに「説明が上手いなあ」と思う人と、なにを書いているのかさっぱりわからない人がいます。文章を書くにしても図解をするにしても、こういうのがうまくできるようなコツがあります。過去記事でも何度か触れてますので、ちょっとご参考までに。過去に紹介した図解のコツ3つの習慣part1A4で議論する図解活用のメリットコミュニケーションよりコンバージョ..

図解とは位置・配置に情報を盛り込むこと

よく「図解」という言葉が使われますが、どうもこの意味を誤解していて、きれいなピクトグラムや挿絵を使って、ひと目で意図がわかるようなものを想像される方が多いようなのですが、こういう定義を「図解」に与えてしまうと、私のようなイメージ貧困なボンクラにはハードルが非常に高くなってしまいます。過去記事でも、「文字とマル、線と矢印だけで十分図解だ」などと書いてましたが、実際、絵を描くことと図解そのものには乖離があります。図..

できるかどうか試してみる

このサラヒン〜サラリーマンの仕事のヒントを始めてから早いもので5年が経ちました。途中、若干の紆余曲折がありましたが、かれこれ1200超の記事を書きました。やってみれば大したことはない最初は、ブログにしてもメルマガにしても、「まあ1ヶ月も続かないだろ」と思ってました。それほど、仕事のコツなんてたくさん思いついたわけでもなかったですし。ところが書き始めてみると、仕事を早くするのコツみたいなものにいろいろ気が付きました。記事にするという目標もあって、かなりの本を読めました..



■同じテーマの記事

AutoHotKeyでアウトルックの操作を簡単にする

会社の標準のメールソフトはアウトルックです。このアウトルック、個人業務をする上ではオールインワンなので、メールだけでなく、タスクの管理やアドレス帳の管理までシームレスにできるというメリットは有るのですが、どうもキー操作が使いにくい…ショートカットキーを覚えようとしたのですが、コンビネーションキーが多くて面倒くさいです。で、AutoHotKey の練習も兼ねて、シングルキーでアウトルックの操作ができるようにしてみました。AutoHotKey最初に Auto..






posted by 管理人 at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | PCアプリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。