2020年10月19日

メールは一往復半で完了する







■スレッドが伸び続けるメール


ちょっとした質問のつもりだったのに、だんだん関係者が増え、色んな意見が出始めてやたら長いスレッドになる、なんてことが会社でよくあります。

こうなると収集がつかなくなります。

どこかで打ち切って、関係者を集めてミーティングにしたいのだけど、どんどんスレッドが伸びていると打ち切りにくいですし、あとちょっとで終わりそうなのにミーティング開催も面倒……とずるずる伸びていきます。

■メールの打ち切り時


メールでは拉致があかないからフェイス・トゥ・フェイスでと判断する契機は何でしょうか?

以下の本『もう必要以上に仕事しない! 時短シンプル仕事術』には、一往復半と書かれていました。

★P104〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

●メールのやり取りを切り上げる
メールのやりとりが続くと、いつ終わらせたらいいのか迷うことがあります。

とくに札手が目上の人やお客様の場合は、「返信しないと失礼に当たるかもしれない」と不安が頭をよぎるかもしれません。

でも、新しい用件もなく「ありがとうございます」「今後ともよろしくお願いします」だけのようなメールを頻繁に返すと、しつこく感じたり、うんさりしたりする人も出てきます。

メールのやりとりは、基本的に 1 往復で終わらせて構いません。ただし、例外として目上の人やお客様には「お礼」や「受領」の返信をして 1 往復半にすると、相手に安心感と好印象を与えることができます。

原則として社内メールの場合は、効率化ありきです。そのため、「たしかにメールを受け取りました」という受領の返信を省く企業もあります。

1 通につき、たった数分であっても送受信する時間を減らしてみる。塵も積もれば山となる効果で、時間を創出できるようになります。

鈴木真理子(著) 『もう必要以上に仕事しない! 時短シンプル仕事術
――――――――――――――――――――――――――――★


一往復半というと、

 発信者(教えて?)→返信者(××だよ)→発信者(○○ですね。ありがとう)

ですね。

さすがにここまでシンプルになればいいですが、なかなかそうは行かないので、私は

 三往復しても解決しない問題はミーティングに切り替える

にしています。つまり、

 発信者(教えて)
 ↓
 返信者(××だよ)
 ↓
 発信者(××なら○○は?)
 ↓
 返信者(おなじ。××でいいよ)
 ↓
 発信者(結局、××なのね?)
 ↓
 返信者(うん。あってる)
 ↓
 発信者(了解。ありがとう)

という形で、やり取りとしては

 質問→回答→お礼

の三回までということです。

これを超えるようなら、たとえば、発信者(結局、××なのね?) に対して、「いいえ」と返ってきた時点で、三回では終わらないことが確定なので、「じゃ、悪いけど一度打ち合わせさせてください」と返信して、共有のスケジュールに打ち合わせの案内を入れます。関係者(発言する可能性のある人)も同時に入れます。

そしてミーティングが終わったら、議事録やまとめを今までの受信者宛に投稿すれば完璧。

三往復してもそのままやり取りを続けると、打ち切りのタイミングを逸して、ずるずる長くなる可能性が高いようです。




■長文は電話で


もうひとつ、メールのスレッドが長くなる原因に、

 ・複数の質問
 ・理由とか背景の質問

があります。

「なんで?」みたいな質問は、簡潔に答えるのは案外難しいですし、長文になると入力する手間だけでも大変なので、電話で質問します。

質問する側は簡潔なのでいいですが、回答する側に負担になるんです。

もちろん相手の負担を考慮するというマナーレベルの話でもありますが、私は自分のためにこうするようにしています。

つまり、相手に「たくさん書く」負担があるような質問を投げると、相手は面倒なので、作業を端折ります。作業を端折ると正しく伝わらず、後々の誤解や失敗の可能性があるので、自分の聞きたいところをきちんと聞ける口頭のほうが、より確実だからです。

マナーの話でもあるので、他の人にも知ってほしいときには、質問者が確認の意味も含めて要約してメールで発信するべきで、回答してくれる人に負担をかけないようにしたほうがいいです。

★――――――――――――――――――――――――――
本件、先ほど○○さんにお電話しまして、以下の様な理由でした(○○さん、私の理解が違っていたらコメントください)。
――――――――――――――――――――――――――★


みたいなメールを一本入れておくと、後々困らなくて済みます。

これが、「説明が長すぎ。もうちょっと要約して」とかをメールで返されると、「オマエ、何様よ?」と思っちゃいますね。




■参考図書 『もう必要以上に仕事しない! 時短シンプル仕事術





立ち読みできます立ち読み可
残業せずに仕事を速くこなして成果を上げる。
これは今、すべてのビジネスパーソンに求められる働き方です。
本書は、それを叶えるための時短仕事術をテーマにしています。

本当は業務上「やらなくてもいい仕事」や「手間をかけなくてもいい仕事」に、
時間がとられてしまい、毎日残業をしてしまうというようなビジネスマンは多いでしょう。
本当にやらなければいけない仕事に集中するためには、仕事のプロセス上の余計な作業をやめる、
仕事自体を簡易的な形式にかえるなどが必要です。
仕事を効率的にやりながらも、結果をきちんと出す方法を77項目で解説しました。
各項目にはすべて図版が載っているので、とても分かりやすく学べます。

残業が続いて疲れている人、もっとテキパキ仕事を片づけたい人、
仕事にやりがいを感じたい人、私生活も充実させたい人、必読。





◆アマゾンで見る◆◆楽天で見る◆◆DMMで見る◆

もう必要以上に仕事しない! 時短シンプル仕事術
著者 :鈴木真理子

もう必要以上に仕事しない! 時短シンプル仕事術
検索 :最安値検索

もう必要以上に仕事しない! 時短シンプル仕事術
検索 :商品検索する



●本書を引用した記事
 待ち時間で整理整頓清掃清潔
 添付ファイルのパスワードをメールに書いてはいけない
 標準時間を持つ
 メールは一往復半で完了する
 メールに「お疲れ様」は不要?
 上司だって仲間に入れてほしい

●このテーマの関連図書


やり直し・間違いゼロ絶対にミスをしない人の仕事のワザ…

絶対に片づく整理術

結果を出して定時に帰る時短仕事術

仕事のミスが激減する「手帳」「メモ」「ノート」術(アス…

絶対に残業しない人の時短(しごと)のワザ(アスカビジネス)

デスクと気持ちの片づけで見違える、わたしの仕事時間(正しく…





■同じテーマの記事

ステップファイル

バーバラ・ヘンフィルこの本に面白いことが書いてありました。すべては「単純に!」でうまくいくちょっと引用すると「ステップファイル」のススメ前にも言いましたが、「書類は、一度手にしたらすぐに処理する」と言われても、実際問題として、なかなかできるものではなりませんね。:ではここで、へンフィルの考えた「ステッブファイル」を紹介しましょう。まず、「打ち合わせをする」「電話をする」「資料室に..

中華タブレットでマルチタスクシステムを構築する

過去記事で何度か書きましたが、現在運用しているPCは7台あります。そのうち2台ほどが、いわゆる「中華タブレット」です。何をさせているかというと、このブログのメルマガの送信やら、記事の更新、ネットから必要な情報のダウンロードなどをさせてます。あとの幾つかの古い PC はちょっと大きなデータの解析用とデータサーバ。マルチタスクシステム以前の記事PCは複数台運用をすると効率が上がるマルチウィンドウで書いたように、1台の高性能 PC よりも、2〜3台の低性能..

タスクの多重管理

仕事は多次元あなたは仕事の管理をどうやってやっているでしょうか?GTD(Getting Things Done)などの「仕事」や「やるべきこと」の管理ルールはあるものの、実際にタスクを作ってみると「管理するのはは難しい」と感じてました。ちょっと用語が難しいので、以下、GTDの規則に従って複数の活動をまとめたもの=プロジェクト1回の作業で終わるもの=タスクと呼ぶことにします。例えば、新規事業を起こすというプロジェクトがあったとします。こ..

お礼を言う

このところどうも気になるのが、ちょっとした声掛けができない人が多いこと。・朝会社に来て、黙って席についておもむろにパソコンを立ち上げる・帰りにパソコンを閉じて黙って帰る・上司から指示や指導を聞いて、「はい。」とだけ返事をするまぁ、「時代なので仕方がない面もあるだろうし、しかたがないのかな」とも思うのですが、コミュニケーション術のビジネス書や若い人向けのビジネス関連入門書などにはきちんと・挨拶をする・お礼を言う・復唱するということが書いてあるので、私の感覚だけが時..

朝メールを見るという悪い習慣

たしか以前の記事にも似たようなことを書いた気がするのですが、本書を見て思いを新たにしたので、ちょっとご紹介。朝の最初の仕事はメールを見ること私の知る限り、結構な数の人が、出社して最初にやる仕事はメールを見ることになっています。もうすこし、時間管理を学んだ人だとタスクリストをみるかもしれません。もちろん、人によりいろいろなレベルがありますし、このやり方が絶対というつもりはありませんが、メールを見るのだけはやめたほうが..

原因を追求してはいけない

よく会社でプロジェクトの振り返りとして、そこで発生した問題点をだして次に生かそう、という活動がされています。そういったときにリーダーや管理職として、よく失敗したのが原因追求をしてしまったことです。よくビジネス書やプロジェクトマネジメントの教本などでは、原因を究明して再発防止をすることと書かれてますし、改善手法にも「なぜなぜを5回繰り返せ」と教えられます。以前は、「その通りだよな」とおもってやっていたのですが、これが失敗の元。原因究明は批判になる物理的..




posted by 管理人 at 04:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 時間術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック